大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ハァ? 空自F-15の前輪が脱輪 那覇空港で滑走路閉鎖 

2017年01月30日 15時24分24秒 | 我が国の安全保障問題



正常なF-15の前輪 艦載機ではないので非常に細い。


支柱は見えるが、前輪が外れているようだ。


30日午後1時19分、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機が那覇空港から離陸しようとしたところ、前輪タイヤが脱輪した。滑走路は閉鎖され、ヘリ以外の離着陸ができない状態が続いている。那覇空港事務所は午後2時20分現在で、「再開のめどは立っていない」とコメントしている。
同空港事務所によると、F15戦闘機は4機編隊の訓練で離陸しようとしたところ、最後の1機が滑走路南側で脱輪したと那覇基地から報告があった。
空自は、燃料を一部抜き取り、機体を持ち上げた上で、代替タイヤなどを設置して移動する予定。
離着陸ができないため、那覇空港着の航空機は上空で待機中。同空港事務所は「今後は目的地変更の便も出てくる可能性もある」と話している。

@どんな整備をしているのか、左翼が潜り込んでいるのか、徹底的に調査して二度とこのような不祥事がないようにお願いしたいものです。

実戦だったら、全滅だよ。いずれにしても、滑走路が一本しかないとか、辺野古の建設にも反対するとか、すべての責任は翁長雄志にある。
先ほど再開しました。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カナダ モスクで乱射、6人... | トップ | “イスラム教徒の入国禁止”ト... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

我が国の安全保障問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。