大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

シナ ガス田開発 新たに2カ所で兆候を確認・・・抗議だけでなく、如何に国益を守っていくか、具体的な行動で示すべき!

2016年10月13日 11時52分18秒 | 暴戻支那の膺懲

東シナ海 シナのガス田。万里の長城作戦。

中国が東シナ海のガス田の開発をさらに進めていて、日本政府は、新たに2つの施設で天然ガス生産の兆候とみられる炎を確認したと発表しました。
日本政府はこれまでに、日中の中間線付近で16基のガス田開発のための構造物を確認しています。このうちの2基で今月、新たに炎を確認したとして、外務省はホームページで写真を公開しました。
菅官房長官:「一方的な開発をすることは極めて遺憾で、直ちに外交ルートを通じて中国側に抗議した」
日中両政府は先月の首脳会談で、ガス田の共同開発に向けた協議を再開することで一致していましたが、中国側がこの流れに逆行した形です。

@抗議したってすべて無視されている状況をどうやって打開するか、シナはそうした行動をすべて既成事実化しています。我が国政府の、先進国としての紳士的な立場は十分理解できますが、それではいつまで経っても埒が明きません。
国益が失われていく状況を、ただ他人事のように静観しているだけでは国益は守りきれません。このままでは、それこそシナの属国です。
主権国家としての立場を、軍事力をも含んで明確に示していくべきです。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシア 最新の21631型... | トップ | “東京大停電”火災の原因は ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。