大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

米、増派でモスル奪還目指す=IS抵抗で攻略難航

2016年10月17日 17時11分02秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
過激派組織「イスラム国」(IS)のイラクでの最大拠点、北部モスルの奪還作戦が始まった。オバマ米大統領は4月以降、イラクへの3度の増派を承認。来年1月の任期満了までにモスル奪還の道筋を示し、2年以上続くIS掃討作戦の成果を示したい意向だ。ただ、ISの抵抗が激しく、作戦は難航が予想される。
米国は有志連合を主導し、IS拠点への空爆、イラク治安部隊やクルド人治安部隊「ペシュメルガ」への助言や情報提供、訓練などの後方支援を行ってきた。モスル奪還に向け、9月下旬には今年3度目となる約600人のイラク増派を発表し、駐留米兵は5200人規模に膨らんだ。
増派部隊はモスル周辺の空軍基地に展開。米紙ニューヨーク・タイムズによると、有志連合が過去数週間にわたり、モスルのIS幹部宅への空爆を強化するなどモスル攻略の準備が進んでいた。
イラクのアバディ首相は、年内のモスル奪還を目標に掲げてきたが、作戦は容易ではない。米軍高官は「作戦は数週間、あるいはもっと長く続くだろう」と指摘する。ISは仕掛け爆弾を設置したり、自爆攻撃で応戦したりして徹底抗戦するとみられている。モスルに残る市民約150万人を「人間の盾」に使う恐れもある。

@今年の3月に打ち上げてからファルージャを攻略し、7ヶ月でやっとモスル奪還まで来た。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャンコロ 有人宇宙船打ち... | トップ | ドゥテルテ、南シナ海をシナ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。