大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ロシア 備蓄化学兵器の95パーセントを廃棄

2016年09月19日 15時37分36秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
ロシア連邦は、備蓄している戦闘用有毒物質の95パーセントを廃棄した。ロシア連邦化学兵器安全保管・廃棄局の責任者ワレーリイ・カパシン大将が発表した。カパシン氏は、「化学兵器の開発、生産、貯蔵及び使用の禁止並びに廃棄に関する条約上の義務を履行し、ロシア連邦は備蓄している戦闘用有毒物質の95パーセントを廃棄した。
実質的な表現では、3万7950トン以上だ」と述べた。 またカパシン氏は、残りの有毒物質の完全廃棄は、関連する連邦特別プログラムで規定されているよりも短い期間で行われる可能性があると指摘した。 先に、スプートニクの独占インタビューで国連のバシャール・アル・ジャアファリシリア常駐代表は、国連安全保障理事会はシリアにおける化学兵器使用の調査を妨害している、と述べた。

@なにが怖いって、これだよね。





『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「駆けつけ警護」など 南ス... | トップ | 豊洲市場たまった水問題 猪... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。