大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

研究チームが西之島へ出発 噴火後初の上陸へ

2016年10月17日 08時46分31秒 | 竹島・対馬・沖/南鳥島・西・沖縄島嶼問題
3年前から始まった噴火で島が拡大した小笠原諸島の西之島で、噴火後に初めて上陸して調査を行うため、研究チームが出発しました。
2013年11月から噴火活動が続いていた西之島では去年11月以降、新たな溶岩の流出は確認されていません。横須賀港を出発した東京大学を中心とした専門家チームは噴火後に初めて上陸し、噴出物や海鳥の生態などを調べるほか、地震計も設置します。
 チームリーダー・武尾実東大教授:「西之島がどうして2年間も噴火を続けたのか、今後の活動がどうなるのか、きちんとモニターできるような形のものをつくっていきたい」
噴火で新しくできた島での調査は国際的にも珍しく、注目されています。

@いいですね。気を付けて研究を進めてください。応援しています。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北方領土でロシアとの共同統... | トップ | 新潟県知事選 再稼働に慎重... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。