大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

北朝鮮ミサイル受け「PAC3」訓練実施へ 稲田大臣

2017年06月14日 11時43分41秒 | 我が国の安全保障問題
稲田防衛大臣は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイルの発射を受け、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」の展開訓練を全国の4カ所で実施すると発表しました。
稲田防衛大臣:「弾道ミサイル対処にかかる戦術技量の向上を図ることは、極めて重要であると認識をしております」
この訓練は15日に愛知県の小牧基地で実施されるほか、福岡駐屯地や北熊本駐屯地など全国4カ所で順次、行われます。訓練ではPAC3を運用する航空自衛隊の部隊が近郊の自衛隊の基地に、迎撃ミサイルの発射機やレーダー装置などを運び込んで組み立て、問題なく作動するかを確認します。実際の迎撃ミサイルの発射は行いません。こうした訓練は通常は公表せずに実施されていて、2013年に公開されて以来、4年ぶりです。防衛省は「北朝鮮の弾道ミサイルの迎撃に万全の態勢を取っていることを示し、国民の不安を払拭したい」と説明しています。

@だそうだ。小牧には必ず飛んでくるだろうから、宜しくね。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北方領土に日本人観光客訪問... | トップ | 共謀罪 今夜成立図る 委員... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。