大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

米、北に軍事力誇示…迎撃ミサイルSM-3ブロック2A発射実験へ Aegis Ashoreの配備を急げ!

2017年04月20日 05時51分02秒 | トランプ政権と現実対応の日米同盟
トランプ米政権が核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、軍事力を誇示して圧力を強めている。
今月末から米原子力空母「カール・ビンソン」が率いる艦隊を朝鮮半島周辺海域に約1か月とどまらせるほか、5月には北朝鮮の中・長距離弾道ミサイルに対抗可能な次世代型迎撃ミサイルなどの発射実験を行う見通しだ。
米CNNテレビは18日、米国防総省が次世代型迎撃ミサイル「スタンダード・ミサイル(SM)3ブロック2A」と、アラスカ・カリフォルニア両州に配備した地上配備型迎撃ミサイルの発射実験を5月中に行う方針だと伝えた。
SM3ブロック2Aはイージス艦から発射され、大気圏外で弾道ミサイルを迎撃する。現行型より破壊力や射程、標的の識別・追尾能力などを向上させた。日米両政府が北朝鮮の中距離弾道ミサイルを想定し、共同開発を進めている。

@我が国も、早急にロフテッド軌道でも対応できるTHAADかイージス・アショア(イージス艦の地上型で、ルーマニアで運用が開始された)の導入を始めるべき。やられてからでは遅い。アシュアの運用ミサイルは現在SM-3ブロック1Bですので、ブロック2Aで配備するのは当然です。

Aegis Combat System  ASHORE


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシア黒海艦隊 ミサイルフ... | トップ | シリアでサリン使用「疑問の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北極熊)
2017-04-20 13:59:13
自衛隊のイージス艦はまだだとして、米軍のカールビンソンと一緒に行動しているイージス艦などは、迎撃能力はアップグレードされているんでしょうかね? 
北極熊さん、おはようございます! (@sekisei)
2017-04-21 06:04:04
まだされていないと思います。ほとんどがブロック1Aです。
イージス艦を沢山持つ米国では、南シナ海辺りで展開しているイージス艦は未だにSM-2が配備されているものもあります。
結局、多弾頭対応で開発されていたSM-3ブロック2Bは、
オバマによって、緊急性が低いと言う事で、ロケットシステムに手を加えただけで、開発自体が止まっていたようです。
現在はトランプになってはっぱがかかり、全く別物になって世に出てくると思われます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。