大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

北方領土に日本人観光客訪問か=政府は渡航自粛要請

2017年06月14日 09時34分02秒 | 北方領土問題 日露平和条約の締結を急げ
ロシア極東サハリンのメディア「サハリン・インフォ」は11日、日本人を含む外国人観光客のグループが最近、北方領土の択捉島を訪問したと報じた。
日本政府はロシアの管轄権を認めることになるため、日本国民に対し、北方四島へ入域しないよう要請している。
報道によると、外国人観光客は約40人で、日本人のほかは英国やオーストラリア、スイス、オランダ、ニュージーランドからの旅行者。ロシア人も含めると約50人のグループで、択捉島のほか、カムチャツカ半島などを訪れた。
外国人観光客はロシアの査証(ビザ)を取得して訪問したとみられる。択捉島の滞在時間は約6時間で温泉などを訪れた。 

@政府の宣伝が行きとどいていないからだよ。それと、国家の主権の意味が分からずと言う自己中ヤシ。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「共謀罪」週内成立へ 参院... | トップ | 北朝鮮ミサイル受け「PAC3」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

北方領土問題 日露平和条約の締結を急げ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。