大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

“二重国籍”国籍法違反の可能性も~法務省 蓮舫の母親は純粋な日本人か疑惑?

2016年09月15日 20時28分17秒 | くたばれ、民進、くたばれ、立憲民主党!
 
こんな写真まで出てきた。台湾ではなくシナで、母親と・・・・日本人か?

法務省は15日、民進党の蓮舫新代表のいわゆる“二重国籍”問題に関連して、一般論として日本国籍取得後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ国籍法違反に当たる可能性があるとの見解を明らかにした。
法務省は15日、「日本の国籍事務では台湾出身者に中国の法律は適用していない」との見解を公表した。これは中国の法律が「外国籍を取得した時点で自動的に中国籍を失う」と定めていることを念頭に、台湾出身の人が国籍を自動的に失うわけではないとの見解を示したもの。
一方で、日本の国籍法は二重国籍の人についてどちらかの国籍選択義務に加え、日本国籍を選んだ場合の外国籍離脱努力義務を定めていて、日本国籍を取得した後も台湾籍を残していた場合、二重国籍状態が生じ、国籍法違反に当たる可能性があるという。
法務省は「国籍法違反に当たるかどうかは個別・具体的な事案ごとの判断になるので一概には言えない」と強調しているが、蓮舫新代表のケースも国籍法違反に当たる可能性が出てきたことになる。

@代表になったからこそ、落しがいがあると言うもの。いずれにしても、とんでもないのを代表にしてしまったという事。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フーシー対サウジ軍 9月12日 | トップ | フィリピン ドゥテルテ、市... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

くたばれ、民進、くたばれ、立憲民主党!」カテゴリの最新記事