大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

“平和条約”早期締結を 3年8カ月ぶり日ロ戦略対話

2016年10月14日 12時49分40秒 | 北方領土問題 日露平和条約の締結を急げ
日本とロシアの外務次官が3年8カ月ぶりとなる「戦略対話」を行い、プーチン大統領の訪日に向け、平和条約などを巡る協議を進めることを確認しました。
外務省・杉山晋輔事務次官:「2国間関係について忌憚(きたん)のない実りある議論ができたように思います」
13日、モスクワで約3時間半にわたって行われた協議では、日本側が「平和条約が結ばれていないのは異常事態だ」として、早期の締結を求めました。これに対し、ロシア側も理解を示したということです。また、この戦略対話を今後は年に1回のペースで行い、次回は日本で開催することで合意しました。

@安倍政権が推し進める外交方針に、間違いはない。断固支持します。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大型ハリケーンマシューを避... | トップ | 政府“TPP法案”審議入り 承認... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。