大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

TPP首脳会議 各国が早期発効に向け方針を確認

2016年11月20日 08時44分45秒 | トランプ政権と現実対応の日米同盟
TPP(環太平洋経済連携協定)の参加12カ国による首脳会議がペルーで開かれました。TPPの早期発効に向けて、それぞれの国が国内手続きを加速させていく方針を確認しました。
約1時間の会議で参加国は、TPPが戦略的・経済的に重要であることや、早期発効に向けてそれぞれの国が手続きを加速させることを確認しました。しかし、アメリカではトランプ次期大統領がTPP離脱を掲げ、オバマ政権中の議会での承認手続きが困難になっています。安倍総理大臣は「現状にひるんで国内手続きをやめればTPPは死んでしまう」と訴えました。また、オバマ大統領は「国内での理解を求めるために力を尽くしていく」と述べました。この後、開幕したAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議でも、TPPなど自由貿易の重要性について議論し、自分の国を優先する保護主義への対抗姿勢を打ち出します。

@保護主義を排することこそが、世界的規模での閉塞感から解放される道。そうしなければ、エゴとエゴがぶつかり合ってまた戦争が始まるぞ。私的には、それでも全然いいけどね!
逆に、臨むところだよ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シナ、トランプに対決姿勢 ... | トップ | 経済・領土問題で前進めざし... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トランプ政権と現実対応の日米同盟」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。