大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

土岐市 核融合科学研究所 「1億度」超えるプラズマ生成に成功 重水素実験で

2017年04月21日 17時09分10秒 | 我が国の安全保障問題
 
土岐市 核融合科学研究所 昨年10月に塾生の北川兄と見学させて頂きました。丁寧にご案内頂き誠に有難う存じます。皆様の健闘を祈ります。一億度を超えた高温プラズマ。

物質同士が融合する核融合反応で生じるエネルギーを利用した発電の実現を目指す自然科学研究機構核融合科学研究所(岐阜県土岐市)は21日、実用化に必要とされる1億2千万度に近づく、1億度を超える高温のプラズマを作り出すことに成功したと発表した。
プラズマは、原子を作る原子核と電子が超高温下でバラバラになって飛び回る状態。この状態で原子核同士が衝突し、別の重い原子核になる反応が核融合で、核融合発電はその際に出たエネルギーを利用する。
研究所は、大型ヘリカル装置(LHD)と呼ばれる高さ約9メートル、直径約13・5メートルの実験装置で水素などを加熱してプラズマを生成。2013年に軽水素を用いた実験で9400万度を達成した。今年3月からは、より高温状態を作り出せる重水素を用いた実験を始め、同15日に初めて1億度を超えたという。
研究所の森崎友宏・大型ヘリカル装置計画研究総主幹は「目標温度の達成に向けてステップアップできた。重水素実験の成果が着実に出ている」と話している。

@核と言うと融合も分裂も理解できずなんでも反対するアホ左翼によって、かなり開発に無駄な時間を費やしています。土岐で行われているプラズマ研究に於いても、ほんの少量の中性子とトリチウムが発生(そもそもそれが核融合)するとアホが反対して15年も開発が遅れていました。
それはそれとして、おめでとうございます。あと2000万度の壁はそんなに時間がかかる事はないと思いますので頑張ってください。健闘を祈っています。tks 北川。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今村復興相を激怒させた朝鮮... | トップ | 地面に伏せ、窓から離れて…政... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。