大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ペンス副大統領、原子力空母R・レーガン艦上で演説 横須賀基地 憲法改正を急務とせよ!

2017年04月19日 21時09分00秒 | トランプ政権と現実対応の日米同盟
来日中のマイク・ペンス(Mike Pence)米副大統領は19日、米海軍横須賀基地に停泊中の原子力空母「ロナルド・レーガン(USS Ronald Reagan)」の艦上で米兵や自衛隊員らを前に演説し、北朝鮮からのいかなる攻撃にも「圧倒的かつ効果的」に対抗措置を取ると述べた。
ペンス副大統領は「アジア太平洋地域の平和と安全にとって、北朝鮮は最も危険で差し迫った脅威だ」と強調。
その上で、「われわれはいかなる攻撃をも打ち負かし、通常兵器や核兵器が使用された際にも米国は圧倒的かつ効果的に対応する」と述べた。

@まあ、ある意味核武装という点ではクソのような朝鮮に先を越された感はあるが、我が国も真の独立国として、独立国にふさわしい国防体制の充実を図りたいものだ。
安保にしても、今のような片務的な日米安保ではなく、運命共同体として互角の安保を目指すべきだ。その為にも、憲法改正を急ごう。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シリア戦場ライブ TOW ... | トップ | 旅券返納命令は適法 カメラ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。