大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

ロシア抑止に東欧で1万5000人規模の軍事演習Sabre Strike 2017進行中

2017年06月15日 14時03分50秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢


米軍とNATO加盟国が、ロシアの侵攻を抑止するため東欧で大規模な軍事演習を始めた。
NATO諸国から参加する4000人の部隊と東欧13カ国から参加する1万人の部隊が、ロシアと国境を接するバルト3国(ラトビア、リトアニア、エストニア)やポーランドに展開する軍事演習を開始した。
ロシアがクリミアを併合した2014年のウクライナ危機以降、両国近くで行われるこの合同演習の重要性は飛躍的に増大している。
先週金曜に始まったバルト三国の演習と連動して、米軍はドイツから400台の武装車両を率いてチェコから東欧に入り、6月までにポーランド、リトアニア、ラトビア、最後にエストニアまで移動する。
演習の目的は東欧の同盟国が共同でどこまで軍事行動を行えるかを試すことだ。演習内容も実弾演習、指揮所演習、サイバー戦など実戦に近くなっている。多国籍軍による演習の間、米軍航空機が近くで哨戒を行い、米軍部隊はドイツからエストニアまで2200キロにおよぶ行進を行う。
7月にポーランドで開かれるNATOサミットへ向け、厳しい演習は続く。サミットの目標は、2年以内にNATOの同盟国を1つにし、互いに戦略を調整し合うことだ。

@井の中の蛙と言うか、メディアも含め近視感的なアホばかりの野党(シナの手先だけどね)にもいい加減うんざりするが、それすら見抜けない平和ボケのアホ国民には手の打ちようもない。いっそのこと、ジョンウンがそいつらの頭の上に、ミサイルを数発撃ち込んでくれれば幸いだ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米共和党の議員、撃たれる ... | トップ | シリア戦場ライブ ラッカ ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。