大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

パラワン ボホール 比観光地でイスラム過激派が外国人誘拐企て 米大使館が注意呼び掛け

2017年05月11日 08時17分35秒 | 南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事
在フィリピンの米大使館は9日、南西部に位置する観光客らに人気のパラワン(Palawan)島で、テロリストが外国人の誘拐を企てているとして注意を呼び掛けた。同じく人気観光地の比中部ボホール(Bohol)島では先月、イスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」とみられる武装グループによる誘拐未遂事件が起きている。
米国の在マニラ(Manila)大使館は米国人に対する勧告で、「米国大使館は、テログループが外国人を狙った誘拐計画を実行しようとしている可能性があるとの信用できる情報を得ている」とし、パラワンへの渡航は「慎重に検討するよう」呼び掛け、世界遺産(World Heritage)に登録されている地下河川が特に懸念されると警告している。
米大使館は他に、地下河川に近いパラワンの州都プエルトプリンセサ(Puerto Princesa)も標的とされている地域として挙げている。
またフィリピン軍は10日、声明を発表し、米政府と「同じ懸念を共有している」とし、パラワン島の複数の観光地で警備を強化していることを明らかにした。

@トランプ率いる騎兵隊も一気になりを潜めてしまいましたが、在韓米軍の家族が未だに退去していない事を見れば納得のいく話です。
アジアでは弱小イスラム過激派組織が組織の存続をかけて単発で爆弾闘争を引き起こしたり、誘拐を繰り返し枯渇した資金確保の為に更に過激にうってでてくる可能性が高いです。
それにしてもトランプの肩透かしには、びっくりします。





『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋又しても地震1発 | トップ | 米オハイオ級弾道ミサイル原... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

南/東シナ海・豪・アジア各国の出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。