大日本赤誠会愛知県本部ブログ版”一撃必中”

  
  いにしへも 今つ世生きる くにたみも 踏みしめあゆめ  神ながらの道  (好)

イエメン フーシ(Ansar Allah)に狙い撃ちされるサウジアラビア軍

2017年10月12日 22時07分20秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢
@サンダル履いて、TOWを撃ちまくるのがフ-シです。撃ちまくった後には、「神は偉大なり。アメリカに死を。イスラエルに死を。ユダヤ教徒に呪いを。イスラムに勝利を」と唱えます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発所長「しっかり取り組む」=柏崎刈羽、規制委「適合」で―新潟

2017年10月12日 20時03分50秒 | 問答無用 全原発を即刻再稼働せよ!!


東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の設楽親所長は12日の定例記者会見で、原子力規制委員会が同原発6、7号機を新規制基準に適合すると認め、事実上の合格証に当たる審査書案を了承したことについて「(今後の審査に)継続してしっかり取り組む」と述べた。
設楽所長は申請から4年余りを経た審査を振り返り、「やるべき基本設計を固めることができた」と述べた。審査はヤマ場を越え、今後は運転管理の基本的事項を定めた保安規定などが議論される。 

@東電の原発が再稼働すれば、全原発稼働に弾みがつきます。いつまでも原発ゼロとか寝ぼけた事を言ってないで、ばんばん稼働すればよい。3.11以前は、誰も文句を言っていなかっただろ。希望なんて、もっとも不安定な再生エネで30%を叩きだせなんてふざけた事を言っているが、今の異常気象下で太陽が出なかったり風が吹かなかったらどうやって発電するんだよ。まして、そんな不安定電源でどうやって繊細な日本のハイテク製造業を支えていくのかな。何もわかっちゃいないネ。それと、70%は化石燃料でCO2をもっともっと撒き散らすのか?
兎に角、無知な大衆に迎合するポピュリズムにこそNOを突きつけ、環境に優しく、最も効率の良い原発稼働でクリーンな地球にしていこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岐阜の恥さらし、野田聖子、暗に安倍首相を批判=他党批判より自分たちの反省 ハァ? そんなことより、お前は立憲民主に行けよ!

2017年10月12日 18時01分25秒 | 死ぬきで憲法改正を目指せ自民党
自民党の野田聖子総務相は12日、同党の衆院選公認候補を応援するため茨城県八千代町を訪れ、「(自民党は)他党の批判より、自分たちの反省からスタートしなければならない」と述べた。
野田が距離を置いてきた安倍晋三首相(自民党総裁)や菅義偉官房長官らが、小池百合子東京都知事が代表を務める希望の党を批判してきたことが念頭にあるとみられる。
野田は、相次いだ自民党若手議員らの不祥事にも言及し、「前回選挙は民主党(現民進党)よりはましだと、勝たせてくれた。皆さんに甘えていた」とも語った。

@何が反省だよ。元やくざで朝鮮人の旦那は、元気か? 旦那やガキとは、ハングルでしゃべってんのか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米空軍力 ジョンウン、あたま刈り上げたり、チョウパンが強いのはいいけど、こう言う世界がある事にそろそろ気づきなさい!

2017年10月12日 11時54分02秒 | 米ユニラテラリズム(良い意味での)

SA-5地対空ミサイル

@一応、北は、MiG-29(30機)、Mig-23(50機)、Su-25(20機)を保有しているらしいけど、まともに飛べる戦闘機が何機あるかは全く不明。
北朝鮮は元山(ウォンサン)地域にSA-5地対空ミサイルと探知レーダーを設置している。しかし、これは冷戦時代にソ連が米国のSR-71偵察機に向けて何発も発射しているが一発も命中していないし、リビアでも米軍機に向けて5発発射したが、1発も命中しなかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーチン 65歳の誕生日にトルクメニスタンの大統領から、アラバイの子犬を贈られる!

2017年10月12日 11時23分16秒 | 中東・EU・ロシア・アフリカ・北南米情勢

昨年12月に日本のメディアのインタビューに態々連れてきた。大きく成長したゆめ。日本のメディアに吠えまくる!



ロシアのプーチン大統領は11日、トルクメニスタンの大統領と会談した際、誕生日のプレゼントとして中央アジア原産の子犬を贈られた。
プーチン大統領との会談の冒頭、トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領が取り出したのは、トルクメニスタンのシンボルにもなっている「アラバイ」の子犬。7日に65歳の誕生日を迎えたプーチン大統領へのプレゼントとして贈られた。ほほえみながら子犬を抱きかかえそっとキスをするプーチン大統領。子犬はロシア語で「誠実、忠実な」という意味の「ヴェールヌイ」と名付けられた。

@領土問題に進展が見られない中、ゆめのパートナーは断ったが、さすが犬好きだ。




おまけ。プーチン=彼女は警備犬になっている・・・まさに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シナ 空母艦載機の射出テストの写真公開 チャンコロ空母2番艦は電磁式か蒸気式か!

2017年10月12日 10時16分32秒 | 暴戻支那の膺懲
インターネット上にこのほど、中国空母の艦載機が試験飛行を行う写真が出回った。写真には射出装置の射出部分が写っており、J-15艦載機の前輪が改装され射出離艦テストを実施したとみられる。中国初の空母は遼寧艦と同じ離艦方式を採用しており、離艦時の油量と射出力が足りず、作戦半径が縮小されたため、固定翼早期警戒機や輸送機などの離艦が難しい。中国の空母が射出装置を使用するのは大勢の赴くところであり、十分な検証とテストを行う必要がある。

@ロシアでも開発出来ないものが、そう簡単に開発できる訳がない。米国の新型原子力空母「ジェラルド・R・フォード」には「電磁カタパルト」が搭載されている。

参考:中国は国内に複数のカタパルト実験施設を保有している。そのうち、遼寧省西部にある施設では2016年末から射出実験の回数が増えたとされる。中国では軍の公式発表ではない装備の開発情報がインターネットなどで出回ることが珍しくない。軍側が何らかの意図で情報を故意にリークさせていると考えるのが自然だ。 遼寧省の施設ではすでに、中国の艦上戦闘機であるJ−15を射出する実験が繰り返されているとされる。また、写真には蒸気カタパルト特有の「白い湯気」が写っていないとして、電磁カタパルトの実験との見方が出ている。 これまでのところ、中国が最初に採用する空母用カタパルトは蒸気式との見方が強かった。しかし記事は、船舶動力と電気技術の専門家である馬偉明海軍少将のやや異なる発言を紹介。馬少将は6月28日の講演で「電磁カタパルトと蒸気カタパルトは現在、真正面からの競争をしている。海軍は2隻目の国産空母建設を遅らせたが、これ(カタパルト開発競争の見極め)が理由と言ってもよいぐらいだ」と述べたという。
馬少将の発言は、電磁カタパルトの開発が急ピッチで進んでおり、中国が次に就役させる空母に搭載される可能性も出てきたことを意味する。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加