さんたろう日記

 90歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

飯豊連峰の春輝いて

2017-05-05 | 日記
右が飯豊(いいで)本山(2105m)、左が大日岳(2128m)です。



圃場では肥育牛農家の方がトラクターで堆肥を散布して田植え準備の耕耘をしています。春ですね。


飯豊山は会津.越後.山形にまたがる信仰のの山です。古い時代から修験の山であり、豊穣を祈る山でもあるんです。昔会津地方の若者は16歳前後になるとみな集落の鎮守にお籠もりし近くの川の流れで潔斎して先達に導かれ登拝して集落の一人前の成員となったと言われています。

私と子どもたちの思い出の山でもあるんです。子どもが中学2年生と小学校6年生のとき飯豊連峰に登山し山小屋に二泊して飯豊本山から大日岳の縦走を楽しみました。懐かしい思い出の山でもあるんです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「爺ちゃん雉がいるよ!」と... | トップ | 西洋タンポポの花春いっぱい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オオイワカガミ・・・さんたろうさん ( 会津マッチャン)
2017-05-05 20:34:16
オオイワカガミの情報有り難うございます。
ちょっと早いようですね。
そのうち、ウラジロヨウラクも一緒に撮りに行きたいと思っています。
有り難うございます。
さんたろうさんの腕は勿論でしょうが、カメラもレンズも・・・。
いや失礼しました。
いつもきれいな写真で感心しています。
一番良い季節ですね。一日庭で過ごしましたが、小さな自然にいろいろ教えられています。
会津マッチャンさん (さんたろう)
2017-05-06 10:56:34
腕? カメラ・レンズ?

そんなこと言っていただいて恥ずかしいやら嬉しいやら・・ありがとうございます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事