さんたろう日記

 90歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

君の好きなアザミの花が綺麗に咲いてるよ

2017-06-17 | 日記
堤の道で私は亡き友に独り静かに語りかけました。



遠い日に堤の散歩道で友になった君でしたけど優しい心の友でした。あなたと分かれて20年近くなるんですけど、大事な大事な思い出の友でした。

町の水道工事会社の社長さんでしたけど、君はいつも大型のジーゼル車をあざやかに運転していましたけど、いつも誇らしげに「おれは家庭からでる食用油の廃油で走っているんだよ。」と言っていました。

思い出すと当時は「地球の化石燃料はやがて掘り尽くされて必ず枯れてなくなります。大事に使いましょう。」「家庭から出る食用油の廃油は捨てると圃場の用水をよごします。それぞれの家庭からでる食用油の廃油はそれぞれの地区の決められた場所に置かれた容器に入れましょう。町でその廃油を綺麗にして精製してジーゼルカーの燃料にします。」

また「牛乳パックは優れた紙パルプで作られています。集めて再生し紙パルプにします。シベリアの森林やアマゾンの豊かな森は切り開かれて自然が破壊されています。豊かな自然を守るために牛乳パックは捨てないで集めましょう。地球の大事な資源を大事にしましょう」町の広報誌は各家庭にそう呼びま懸けていました。

今考えれば家庭から出る食用油の廃油など車社会で消費されるガソリンや軽油の量に比べればほんとに微々たるもので廃油の精製費用から考えても経済的には成り立つはずはないだろうし、牛乳パックを再生して紙パルプを作るのも同じだと思います。ですから今はそんなことは行われていません。自然の成り行きだと思います。

でも私たち当時の庶民は真面目に食用油の廃油や牛乳の紙パックをきめられた場所の容器に運んで地球の資源保護に役立てることが出来たと真面目に思っていました。いい時代でした。誇らしげに精製され再生された食用油で大型のジーゼル車を走らせている会社社長などがいる20年前の日本は平和でした。

また友は会社の広い二階を剣道の道場にして村の子どもを集めて指導していました。当時の集落にはたくさんの子どもたちがいて友は優しいけど厳しい尊敬される先生でした。

ある日のこと二人で堤の道を散歩していると友はぽつんと「俺の好きな薊の花がすっかり堤の土手から消えてしまって淋しい。キャタビラのついた大型の草刈り車がすごいスピードで土手の草を一斉に刈り飛ばしているからなんだ」と淋しそうにいうんです。
無粋な私など気づきませんでしたけどそう言われて見ると広い土手からアザミの花はすっかり消えていました。

私にも友にも数十年昔の堤の土手の思いがあったんです。当時はそれぞれの農家では皆大事な家族としての農耕馬が飼育されていました。堤の土手は馬の大事な飼料としての草刈り場で集落で協同で大事に管理されておりました。ですから堤の土手の草は馬の飼料になる草がしげり、アザミの花やヤブカンゾウの花やオドリコソウの花や萩の花の一株などの花々をなども見ることが出来たのです。

「堤の土手からアザミの花が消えて淋しい」そうつぶやいた友はそれから間もなく事故で亡くなりました。そしてもう20年近くが過ぎました。

今日堤の土手の道の散歩で見事なアザミの花の一株を見つけました。そして懐かしい友のことが思い浮かびました。

「アザミの花が咲いてるよ」
「こんなに綺麗なアザミの花が咲いてるよ」


私は懐かしい友に語りかけながらシャッターを切りました。うっすら目がうるむ私独りの散歩道でした。アザミの花が綺麗でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雲も花も輝いて | トップ | 枯れ葉のようなチョウを見て »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アザミの花 (会津マッチャン)
2017-06-18 17:12:39
このブログを読ませて頂き、目頭が熱くなりました。
さんたろうさんの思いにです。
また、刈られてしまった美しい花も切ないものです。
オニアザミに次いで、里山にノアザミが咲き始めました。
アザミはチョウやいろいろな虫たちが頼りのレストランです。
少なくなりましたが、小さな虫たちもかわいそうです。
数日前、美しく水路に咲いていたカキツバタもすっかりなくなってしまいました。
かつて、天ぷら廃油から粉石鹸を製造するプラントを設計・建設し環境教育に打ち込んだころがありました。
いろいろ思い出し、時代の変遷を思っています。

(話題提供) 10年前に見つけたアザミ
http://blog.goo.ne.jp/tosimatu_1946/e/429c7a780ef4da0a318ac1603f1bc9e5
クラキチさん退院です (M・H(小立岩))
2017-06-19 06:47:57
さんたろうさんがいつもお話くださっているクラキチさんが退院されたと聞きました。7月1日にはお会いしてきます。
クルミの小枝で作る笛は知りませんでした。記憶に残っていないだけかもしれません。
会津マッチャンさん (さんたろう)
2017-06-19 12:49:08
コメントありがとうございました。

昨日の散歩では昨年まではよく見られたベニシジミ蝶が一頭も見られませんでした。いつもですと幼虫にたべられて枯れたようになっていたギシギシの葉がが幼虫にたっべれらずにみんな青々として綺麗でした、なんかとってもさみしかったです。

ただアザミの花に小さな枯葉がついているのでよく見たらチョウでした。しばらくぶりに見たチョウでした。くすんだ色のチョウで綺麗ではありませんでしたけど嬉しかったです。 http://art21.photozou.jp/pub/545/2472545/photo/248710278_624.v1497836972.jpg

2006年頃は野の花も昆虫も豊かだったんですね。ブログを拝見して懐かしくなりまた。初秋に私の家の狭い庭で鳴くコオロギを楽しんだことなど遠い思い出になりました。昨年までは野ばらの花の周りに飛ぶマルハナバチの姿が見られましたが今年は見ていません。蝶もトンボも蜂もいない自然が侘びしいです。

堤の土手には風媒花の草々が茂っていて昆虫に花粉を運んでもらう花々が少ないように思うのは私の気のせいなんでしょうか。
M.Hさん (さんたろう)
2017-06-19 13:02:19
クラキチ君の退院のお知らせありがとうございました。とても嬉しいです。クラキチきち君は80数年も昔のことですからたぶん私のことなど忘れていると思いますけど、帰省されたおりクラッキチ君にお会いできたらそれとなくお話してみてください。茅葺と小学校の教員住居に暮らしていた(こういち)といいます。

クラキチ君・トクオ君・スミ子さんの消息はわかって嬉しいです。でも大桃のトミエさんイセコさんの消息は分かりません。トミエさんは勉強が一番できる女も子、イセコさんは明るい笑顔の可愛い女の子、小学校5年まで机を並べていた憧れの女の子でした。帰省されたおりお元気かどうかお分かりでした教えていただければ嬉しいです。
キタテハ (Unknown)
2017-06-19 16:37:14
同感です。
草刈りのあり方を考えています。

写真のチョウはキタテハ(新鮮な夏型)です。
どこにもあるカナムグラが食草です。
会津マッチャンさん (さんたろう)
2017-06-19 19:49:58
早速のご教示ありがとうございました。

ネットの図鑑で調べて見たら羽をとじていると枯葉のように地味ですけど羽を広げるとこんな綺麗なチョウなんですね。嬉しくなりました。
http://art13.photozou.jp/pub/545/2472545/photo/248722401_org.v1497868864.jpg

早速襲えていただいたわたしの覚えに登録いたしました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事