さんたろう日記

 90歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

枯れ葉のようなチョウを見て

2017-06-19 | 日記
ワクワクするほど嬉しかったんです。
堤の土手のアザミの花の蜜を吸ってる枯れ葉のような地味な蝶を見つけたんです。



 
そしたら早速私のトンボやチョウや野の花のお師匠さんの会津マッチャンさんからのご教示を頂きました。枯れ葉かな?・・と思っていたチョウは、「キタテハ(新鮮な夏型)で、どこにもあるカナムグラが食草です。」と教えて頂きました。 羽を広げるとこんな綺麗なチョウなんだそうです。


羽を広げたチョウの写真はネットの図鑑からお借りしました。


嬉しかったんです。感激しました。だって枯れ葉と思って見た久方ぶりのチョウの名前が分かったこと、そして羽を広げるとこんなに綺麗なチョウだったことが分かったからなんです。いいお師匠さんを持ってる私は幸せです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君の好きなアザミの花が綺麗... | トップ | 滝谷川渓谷の緑が綺麗でした »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (七器)
2017-06-20 00:56:30
このパチリ
いいわぁ~
マクロ
ばっちり!

枯れ葉にみえますね
それが
羽を広げれば
お~何と美しいことよ
ビックリポン!!!
七器さん (さんたろう)
2017-06-20 10:06:41
コメントありがとうございました。

閉じた羽のチョウが枯葉そっくりに見えるのは外敵から身を守るカモフラージュでしょうし、広げた羽が輝くのは美しい恋のシグナルなんだと思います。

小さなチョウの世界って不思議で神秘的ですよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む