さんたろう日記

 90歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

冷たい春の雨降る散歩道

2017-03-21 | 日記
ポンプ小屋跡の桜の見えるいつもの散歩道です




雄国(おぐに)山系は雪でしょうか集落の遠くに霞んでいます。



冷たい雨の圃場に6羽の白鳥がただづんでいました。



私のミラーレスの標準レンズは18mm-50mmです。遠い白鳥を撮るのはこれが精一杯なんです。中望遠レンズのの50mm-200mmをもってこなかったのを悔やみました。白鳥はきれいに群れて飛んで行きました。

早春の冷たい雨の散歩でしたけどひたすら歩きました。
7800歩✕0.65m=約5km



惑いも、怒りも、ゆうべ見た悲しい夢も、一歩一歩消えて静かな心にかえる散歩道なんですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪消えの堤に萌える蕗の薹 | トップ |  雪の消え間に春一番に咲く青... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蕗の薹に元気戴く (sasanoha7920)
2017-03-22 18:53:26
何と無く気分が優れない時は、只ひたすら歩きます。天気の悪い方が、又他人と出会わない方が良い、歩いていると気が晴れて来るのです。周りに他人が居ないのを幸いに独り言「畜生、ダメだ、如何しよう、如何にかなるさ・・」その内気分が落ち着いて、家に近づくにつれ、又明るく生きたいと思う自分に戻ります。只今~・・昨日の蕗の薹、写真で充分楽しみました、綺麗だし可愛いし食べるのが勿体ない気もします。尤もこちらでは手に入りませんがね。
sasanaha 7920さん (さんたろう)
2017-03-23 16:49:57
他の人と出会わないほうが良い
ほんとほんとそんな日がありますよね。

 「秘めやかな幸せあって今日の散歩道」
そして老いの身にもふとそんな日もあるんですよね人生です。生きているんですから・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む