さんたろう日記

 90歳、会津坂下町に住む「山太郎」さんたろうです。コンデジ持って残りの日々を楽しもうと思っている爺いです。

間違って悲しいことしてしまいました

2017-07-31 | 日記
午前1時、私の寝室に突然小さな悪魔がやってきたと思ってしまったんです

私の寝室は二階の6畳ほどのトイレつきの小さな部屋です。そして隣にそれよりちょっと広いパソコンと読書の部屋が続いているんです。

午前1時過ぎ、いつものようにオシッコをもよおしてトイレのドアを開けました。そしたら恐ろしいことが突然起きたのです。いきなり6cmほどの黒い蛾か蝶のようなものが私の胸に飛んできてはりついたのです。ちょっと重量感があって蝶や蛾とは違った不気味な生き物でした。そしてすぐに胸を離れて畳の上に飛び降りると不気味な姿の黒い生き物が這いずり回りながらものすごいスピードでPC室のほうに逃げていってしまったのです。

私は一瞬寝ぼけた頭で「小さな悪魔のような生き物が胸に張り付いてPC室のほうに逃げていった」と思い不気味恐怖で恐ろしくなってドキドキしてしまいました。

私は這い回り逃げ回る黒い悪魔のような生き物を箒を持って追いました。疲れたんでしょうかやがて動きを止めました。私はその生き物を箒で押さえ込み足で力いっぱい押しつぶしました。箒をのけてみると踏み潰されて形を失った不気味な生物で蝶や蛾ではありません。私は怖くてまともにみることが出来ずその死骸をたくさんのテッシュにくるんで生き返らないようにとくずかごの奥に押し込みました。

朝起きてこわごわテッシュを広げてみるとなんとそれは小さなこうもりでした。惨めに踏み潰されてる姿に私はカメラを向けることは出来ませんでした。

こうもりが休む時は逆さになってぶらさっがっています。その姿から飛び立つことはできるけれども地上に降りてしまったこうもりは鳥のように飛び上がることは出来ないんでしょうね、私に追われて必死にはいずりまわって逃げたんでしょうね。コウモリは私を悪魔のように思って逃げ廻ったんでしょうね。

正直こうもりの顔は近くで見ると怖い悪魔のような顔をしています。こうもりの顔をこんな近くでみたの初めてでした。でもこうもりをこんな惨めな姿にしてしまった私は可愛そうで可愛そうでたまりませんでした。私はテッシュに包んだコウモリを庭の隅に葬って手を合わせてお詫びの祈りを捧げました。

私が子ども頃夕焼けの空が暮れて薄暗くなるとどこからやって来るのかたくさんのコウモリの群れがやってきて飛び回っていました。夕空に飛ぶ昆虫を補食していたんでしょうね。でもその姿が見られなくなって数十年私はもう近くではコウモリは絶滅していたんだと思って居ました。あるいは私の殺したこのコウモリは私の近くにいいた最後のコウモリだったかもしれない、そう思うととても心痛む出来事でした。 コウモリさん本当に本当にご免なさい。ほんとうにとんでもないことをしてしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あっ これ・・野の道を行く私に | トップ | 一筋の道歩み続けて今日の散歩道 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それはそれは! (みぃたん)
2017-07-31 13:47:09
びっくりなさいましたね。
びっくりして怖くて退治なさってしまったんですね。お察しします。

子どもの頃は夕暮れになると蝙蝠がたくさん飛び交って、私たちは小さく丸めた紙くずを放り投げては蝙蝠が騙されてすっと寄ってくるのを楽しみました。

たまに学校の教室に飛び込んでくることもあり、時々みんなで捕まえて手の平で包み込んで観察しましたが、小さくて柔らかくて暖かくて、牙が尖っていてネズミのような生き物でした。

お墓をおお作りになったんですね。マルちゃんの近くに眠っているんでしょうね。

みいたんさん (さんたろう)
2017-08-01 09:23:27
なんか、みいたんさんの夕暮れに跳び交う蝙蝠の情景に心救われました。

マルもエリーも亡くなった蝙蝠を温かく迎えてくれたとおもいます。そして爺いと一緒に詫びてくれたと思います。「ご免なさい、爺いはほんとは生き物に優しい人なんょ・・許してあげて一緒に眠ってください」マルもエリーも 優しく蝙蝠を迎えてくれたと思っています
Unknown (野営人)
2017-08-01 11:34:26
夜だし、いきなり現れたので驚いた結果ですので、仕方ないと思います。
あまり気を落とさずにお願いします。
ちゃんと埋めて手を合わせて供養したのですから、きっとコウモリ君はさんたろうさんのことを許してますよ。

ボクなんか家主の依頼(コウモリ駆除)で、瓦を剥がして全滅作戦を決行して供養も何もしてませんからね。
この際だから、コウモリ君のお許しをいただきたいと思いますので、こちらから手を合わせたいと思います。
野営人さん (さんたろう)
2017-08-01 16:20:52
温かいお言葉に心がやすまります。

いくら心ひくだいじな生物といっても屋根裏に蝙蝠たちが巣くったんじゃたまりません。糞の臭いそれに糞に湧く汚い虫たち、瓦をはがしても駆除しなければなりませんね。

蝙蝠、それは私が10歳前後のこどもの頃暮らしていた奥会津小立岩の夕暮れの空に群れて飛んでいました。そして姿を見ることは出来ませんでしたけど「きょっきょっ」と鳴く夜鷹の声が聞こえていました。子供の私たちはミョウガの葉を取って口にくわえて夜鷹の鳴き声をまねしてそれに応えました。

夕焼けの残った空に舞う蝙蝠と夜鷹の鳴き声はとても懐かしい子供の頃の思い出なんですよ・・
蝙蝠 (sasanoha7920)
2017-08-01 20:42:30
4階建ての4階に住んでいる生協仲間のAさん夫婦の天井裏に蝙蝠が巣を作り、居間の天井から糞が落ちてきて、公団で巣を除く為、一時他の空き家に余儀なく引っ越しをされた事が有りました。四角長方形のコンクリートの建物でも蝙蝠は巣作りするんですね、Aさんは他の3階以下に優先的に引っ越しを勧められたのですが、住めば都、今も元の4階で毎日階段を上り下りしています。尤も今の蝙蝠の祖先は、人以上に前からこの辺りに居住してたのかも知れません。
蝙蝠に不意を突かれたさんたろうさん、ビックリ仰天、年を感じさせない咄嗟の行動は凄いです、私だったら悲鳴を上げて、「お母さん!助けて~~」蝙蝠さんのご冥福お祈りします。
sasanaha 7920さん (さんたろう)
2017-08-02 15:23:48
都会では今でも蝙蝠がたくさんいるんですね。都会では農村のように強力な農薬が使われていませんから蝙蝠の餌になる昆虫がいっぱいいるからなんでしょうね。

農村の空に蝙蝠の飛ぶ姿を見ることが出来なくなって10数年になります。ですから私はこの近くでは蝙蝠は絶滅してしまったと思っていたんです。トイレの中から飛んできた不気味な生き物がまさか蝙蝠だとは思っていなかったんです。

絶滅したとばかり思っていましたから10数年ぶりに見た蝙蝠がとても可愛そうに思えたのです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事