思い出の釣り・これからの釣り

欧州の釣り、竹竿、その他、その時々の徒然の思いを綴るつもりです

Sneck鈎に毛針を巻く

2017-04-23 11:06:03 | 毛針/Flies
英国の古い鈎を入手したので、次の釣行に備え毛針を巻く事にしました。
とは言っても老眼が進行し近くが全く見えない事と仕事帰りの夜間の作業というオジさんには大変ハードルの高い仕事。昔のように意欲一杯で次々に巻くという訳にはまいりません。

それでも一週間コツコツやって、全部で21鈎巻きためました。

Orange Quillは12鈎。実際のハッチに関わり無くオーストリアのMur川のグレイリングにはこのオレンジ、否、水に濡れるとダークブラウンか?の鈎が良く効くのです。サイズはSneckの1番(14番)。但し、ゲイプはAlbert PartridgeのWide Gape鈎の16番くらい。グレイリングのおちょぼ口にも十分吸い込まれる大きさです。

Tup's Indispensableは2鈎。

Kite's ImperialはLarge Dark Oliveをイメージ。2鈎巻いて見ました。

それから、ドライがだめな場合、欧州でも日本でも実績のあるSnipe and Purpleも5鈎結びました。Snipeのハックルが厚めですが、釣りをしてハックルが抜けてくると更に良く効いてくると思います。尚、ドライフライはアップアイ、ウェットフライはダウンアイに結びました。

夜なべ仕事の毛針巻き。Sneck鈎をバイスに固定し、PearsallのGossamerシルク糸で下巻きします。このシルク糸は伸縮しないのでワックスを効かせて一巻きすると思う通りに材料が固定されます。

Starlingのクイルを用意します。耐久性と扱い易さを狙い二重にします。一匹かける毎にウィングが壊れたら、オールドイングリッシュゲームコックのハックルがもったいないので。

二重にしたクイル色の薄い側同士を合わせると自然にクイルウィングは広がります。

シャンクに結びますが、二重のクイルにすると強さが出て修正も容易。結構簡単に結べます。

こんな感じにウィングが乗りました。若い方には想像出来ないと思いますが、老眼で手前が見えないのでこんな簡単な作業でも神経が疲れます。

Frank Elder氏の遺されたオールドイングリッシュゲームコックのハックルを結びます。

アイから巻き始め、ウィングの後ろまでハックルを巻いたら、シルク糸でハックルの間をアイに向かって巻いていき、ウィップフィニッシュでヘッドを作って出来上がり。平日の仕事帰りの疲れた状態では2鈎を作って終わりというペースでした。
5月は忙しいので欧州に釣りに行けそうになく、断食月ラマダンで暇になる6月に向けカタツムリのペースになると思いますが毛針を巻きためたいと思います。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Hardy Loch Leven (Special) ... | トップ | ノルマンディーRisle川釣行(2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

毛針/Flies」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL