思い出の釣り・これからの釣り

欧州の釣り、竹竿、その他、その時々の徒然の思いを綴るつもりです

Mur川釣行(2017年7月8日)

2017-07-16 14:40:12 | 釣行記/Fishing Trips

7月8日から9日にかけ一泊二日の強行釣行に出かけました。
行き先は何時ものオーストリアはMurau。Mur川と爆釣の湖Etrachseeです。
7月8日朝2:20発チュニス発のルフトハンザ便でまずはフランクフルトまで飛び、そこで朝06:50発のウィーン行きに乗り換え、朝08:10にウィーン空港に到着。そこでレンタカーに乗り換え、270km程を約2時間半運転し、Murauへ到着。さすがに、睡眠不足と運転の疲れがこたえ、宿でまずは昼食を食べ一服します。

今回のレンタカーはOpelのAstra。日本ではバブル崩壊後Opelは正規輸入では購入出来ないと思いますが、結構しっかりしたドイツ車です。GMが売却しPeugeotの傘下に入る事になりましたが、今後どのようになるのでしょうか。。。

昼食後、釣り券を購入し、Mur川のBodendorf釣区の最上流のWandritsch橋のたもとでブダペストから来られたTさんと落ち合いました。
Tさんは既に午前中に到着し、大型のブラウントラウトを5匹上げたとの事。今回は大型のブラウントラウトが頭にあったので、久しぶりにウェットフライを準備し一番上の枝鈎、Bob FlyにJock Scott(鱒用)、SecondにSilver March Brown、Lead FlyにはGreenwell's Gloryを結びました。Lead Flyは14番、他は10番です。10番という大きさは手持ちの鈎が10番までしかなかったからというトホホな事情で、それ以外の理由は有りません。
その3本鈎のチームを上流の橋の方に向け投げ、水中の大きな岩のある場所を通過させ下流に流します。何投かしたところで、自分より下流に毛針が流れ始めるあたりでコツンとアタリ。合わせると虹鱒がかかりました。サイズは30cm以下の若者サイズ。Silver March Brownにかかったものでした。若者にさようならをした後で何回かウェットフライを流したのですが、非情な事にそれ以上のアタリはなし。そうこうする内に毛針が根がかりしてしまい、仕方なく引っ張ると、何とシルクラインが切れてしまいました。
この切れたシルクラインは以前再生したPhoenixのもの。テーパーが終わり先端の細いところの中間くらいのところでしょうか、プッツリいかれてしまいました。
しかたなく、シルクラインを引っぱり出し、切れた方の端にコブを作り、バッキングラインの先端のループに8の字結びで結び1912年チェックのPerfectにシルクラインを巻き直し、今度はドライフライ用のリーダーを結び、先端には00番(16番)のSneck鈎に巻いたボディがオレンジシルク糸、ハックルがハニーダン、それにスターリングのクイルウィングというドライフライを結びました。そしてちょっと下流のグレイリングがドライに良く出る場所に移動です。上の写真の場所がそれです。

竿は以前ご紹介のHardy Fairy 9'。バットがしっかりしていてドライフライでもウェットフライにもとても使い易い調子の竿で、Marvelの様なマニアックなアクも無く、万人向けの竿という感じの印象です。それに再生Phoenixシルクラインを乗せて投げると楽に川の真ん中を越えて毛針を運ぶ事が出来ました。但し、後ろには樹があるので、最後はシュートになりますが。
それにしても、自分の釣り姿を見る事は全くないのでシルクラインの動き等参考になります。取りあえず問題なく投げているようでホッとしました。Tさんに感謝です。

毛針が水面を流れて行くと、川底からグレイリングが泳ぎ上がり毛針をくわえる姿を見る事が出来ます。グレイリング釣りの醍醐味はこれ。グレイリングが泳ぎ上がるまで毛針にドラッグをかけずに流し切る事が肝要です。

ドライフライに出たグレイリング。Mur川では、オレンジボディにハニーダンのハックルのフライがグレイリングにはアタリ鈎で、今回はノルマンディーで威力を発揮したGrey Dusterも試しましたが、グレイリングに見切られて帰られてしまいました。
また、オレンジコンドルのボディにレッドコックハックルにスターリングクイルウィングのオリジナルOrange Quillもこの川のグレイリングには気に入ってもらえず、ハニーダンハックルでないとダメでした。どういう理由かは判然としませんが、またせっせとこの毛針を結ばなければならないですね。
このように、ウェットフライで大型ブラウントラウトを狙うという当初の目論みはハズレましたが、尺越えグレイリングが何匹も水底から上がって来て、Fairyを曲げ、Perfetの1912年チェックの逆転音を響かせてくれました。チュニスから弾丸釣行を試みた甲斐があるというものです。
『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノルマンディーRisle川釣行・... | トップ | Etrachsee釣行(2017年7月9日) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すうちん)
2017-07-17 18:11:46
先日はお疲れさまでした。
ハンガリーとは違う楽しい週末を過ごせました。笑
やはりオーストリアは良いですね。
今回も十分な釣果で大満足です。
FFはヘタレなのでミノーに行ってしまいましたが次回はFFでグレーリングを狙いたいと思います。
またお越しの際はご連絡下さい。

お疲れさまでした (budsek)
2017-07-18 14:51:25
すうちん様
先日は大変お疲れさまでした。
一泊二日で地中海を渡りオーストリアの田舎で釣りをするのは相当体にこたえる年になってしまいましたが、やっぱり行って良かったです。次回はブラウントラウトの大型を狙いたいと思います。その際はご連絡さし上げますので、宜しくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL