サーキット専用のHP4 RACEが日本で初公開

2017年07月14日 | 日記

 今週末、富士スピードウェイで行われるBMW Motorsport Festival 2017にHP4 RACEが初お目見え、BMWの自動車とオートバイのコラボイベントなので一日楽しめる。

 昨年の11月にミラノショーで塗装がされていないマシンがBMWブースに展示されていて、以前に日本のモトラッドの責任者だったライナートさんに会場で偶然遭遇(現在はカスタマイジングの仕事をされているとか)、「サーキット専用モデルなんて思い切りの良い企画ですね、価格はどのくらい?」聞いてみた。

その時は詳細は発表されてなかったが、215馬力で乾燥重量150キロを切るらしいと教えてくれた。

先週、ドイツのモトラッドイベントでも実車のデモ走行を見てきたが、公道を走る装備を取り払い、レギュレ-ションに縛られることなく最高の性能を追求したマシンだけにあるオーラーを感じた。

 実際、サーキット走行を楽しむには専用のトランスポーターに積んで来るユーザーさんが多く、公道を走ることを考えなければ、このような思い切りの良いマシンが手に入る。価格は1千万円くらいとのこと、先日、モトラッド八千代の原田いわく「500CCの2ストロークのYZRとかのパワーウエイトレシオどろうから、かなり凄まじい加速だろう」

今週の

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリタリア航空の機内Wi-Fi | トップ | DUCATI 1299 Panigale R Fina... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事