関澤邦正のリバーサイドTALK

ラジオ日本(AM1422KHz)『関澤邦正のリバーサイドTALK』
毎週金曜日11:00~11:30放送中 !

Fが出ない。

2016-10-17 16:57:56 | 日記
今日はお昼の時間に、不肖・関澤の奏でられる唯一の楽器、フルートのレッスンを受けに出掛けました。

外は雨がシトシト降っていて、タダでさえ会社の資金繰りや周りの事で憂鬱な気分なのに、まるで弱いものをいたぶるようなお天気だわ。

めげそうな気持ちを奮い起こして、なんとか教室にたどり着き、課題として与えられているヘンデル(この作曲家についてはかなり前のブログに解説済みです)の楽譜を開き、先生とともに吹きだしたのですが、途中からどんなに頑張っても音が出ないのです。
しかも出ない音がF・・・つまり「ファ」だね。

おかしい?
どこかおかしい?・・・と言う事になって、笛をチェックすると(先生がだよ)、あらら・・・!
一箇所カバーされていないところがあるみたい。


ちょうどこの辺 ↑ らしい。

音階がひとつでも欠ければ、当然曲として成り立たないし、ただでさえ初心者から抜け切れない音痴な不肖の腕前では、曲を奏でることは絶対に不可能よ。

これではいけない!
思い込んだら即行動に移さないと納得しない典型的なしし座のB型は、いったん事務所に戻り、チョイとお仕事の段取りをつけて、今年2月にオーバーホールをお願いした銀座・山野楽器に向かいました。

銀座の街は、中国からもアメリカからも、そしてヨーロッパや東南アジアからの観光客でごった返していて、大変な賑わいでした。
気の小さい不肖は「ソーリー」を連発しながら、人ごみをぬうように銀座四丁目にたどり着き、やれやれ・・・と山野楽器の前をみたら、なんと!!
「本日定休日」の大きな看板。

あれ・・・? あら・・・・?
なんだよこれ?

銀座のど真ん中で、Fの出ない笛のかわりに、大きなため息をついたのでした。
笛の修理はお預けとなり、不肖の奏でる笛の音もしばらくはお聴かせ出来ないのが本当に残念です。
(誰も聴きたくないんじゃないの?・・・なんてさびしい事をおっしゃっているのは何方かしら?)

そういえば、今日の占いカウントダウンでは、しし座がサイテ~だったもんなァ・・・。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恒例の試験 | トップ | 修理の手配 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。