乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

小琉球

2012-12-31 | 台湾・屏東県
 (『九分と十分』の続きです。)台風シーズン後の台湾中・南部は天気がいい時期になり東京の寒さはもちろん基隆や九份と北部の寒さから逃げるにも格好の場所になります。そこで高雄にダラダラ連泊することにしました。
 さて台湾は沖縄よりも「南の島」でそのまた南部となればステロタイプな発想で白い砂浜に青い海という発想が浮かぶところですが、高雄辺りにはあまりピンとくるところがありません。いかにもな海と言うと墾丁辺りだろうけどあそこまで高雄から日帰りするのはちと厳しい…と考えていて『小琉球』という島を思い出しました。高雄からあまり遠くなくサンゴ礁の島で海がキレイだというから行ってみるか。
★東港
 というわけでまずは小琉球への船が出る東港という町をめざします。東港や墾丁に行くバス乗り場は高雄駅を跨ぐ陸橋をくぐった東側にあり、そこに向かう道すがら「どこに行くの?東港ならタクシーどう?」などと客引きのおっちゃんが頑張ってくるのでちょっとびっくりしました。観光地への入口だけにバスのつもりが気が変わる向きもあるのでしょう。
 こちらは好き嫌いの次元でもバスを選ぶわけですからおっちゃんにはあきらめてもらい、東港経由の墾丁行きバスに乗ること約70分で東港の屏東客運バスターミナル前に到着しました。このターミナルはセブンイレブンと一体化しています。

 乗る予定の船の時間より早めに着いたので東隆宮という大きな廟を見物。バスターミナルから歩いて10分くらいです。キンキラキンの派手な門に対し蛍光色がまぶしい布袋戲(人形劇)の舞台も負けていません。

★小琉球
 では小琉球に向かいます。船の乗り場は屏東客運のバスターミナルから1kmほど離れているのでちょっと不便です。道順には特に迷いそうなところはありませんでした。

 乗り場に着くと島で観光バスに乗らないかと客引きのおばちゃんが声をかけてきましたがスクーターを借りるつもりだったので断り往復の乗船券を買いました。オフシーズンの平日でも結構観光客が目立つ船に乗り込むと30分ちょっとで小琉球の白沙尾港です。

 船を降りるとすぐにレンタバイクの客引きのおばちゃんが声をかけてきたので渡りに船の手間いらず状態。今度はありがたく捕まります。125ccのスクーターが一日250元というのでくっついていったら港のすぐ前にバイクのガレージがありガソリンも満タン近く入っていたので即決します。
 なお帰りに気づいたのですが電動スクーターを貸し出す窓口があり、島内には4箇所充電場所もあるといいますからこれも使いやすそうです。こちらは平日一日300元とのことなのでレンタバイク屋の価格になるほどと思ったりも。

 スクーターを借りてしまえばあとは坂道の2人乗りでもスイスイ走ってくれるので楽になります。港からそう遠くない『花瓶岩』を見て海のキレイさにまずは安心。これならどこもキレイそう。

 反時計回りに島を一周することにして一旦山側に上がると中華民国名物のお二人がいました。あっちこっちにあるけど全部で何体作られたんでしょうね。

 道の途中いきなり美人洞という名所が登場。ここでは荒々しい岩肌と洞窟が見られます。入場券(他の名所『山豬溝』『烏鬼洞』と共通のもの)が必要なので窓口で買って入ると歩道はよく整備されているものの上り下りが結構あり結構くたびれました。

 せっかくだからやっぱり海岸へ、ということでベニスビーチ(威尼斯海灘/蛤板湾)に降りてみたところ規模はそれほど大きくないもののキレイで大変気持ちのいいところでした。小さな露店のほか『南興宮』という廟があるのは台湾らしいかも。でもなぜベニスなんだろう?(とりあえず言ったもん勝ち?)


 美人洞と似た名所『烏鬼洞』にも寄ってみました。ここは美人洞よりもさらに上り下りがきついのでスクーターでなまった足にはつらいものが…普段公共交通ばかり使っていると新鮮な感覚ではあるのですが。

 だんだん降りて歩くのがめんどくさくなり時間もなくなってきてあとはスクーターで流してしまったのですが、道々の景色と潮風がよくなかなか爽快です。(画像のバスは島を一周する路線バスで船の時間にあわせ走っているとのこと。今回は乗らずじまいでした。)

 いきなり道路に犬が走り出てきた、と思って驚いたら子ヤギでした。放し飼いなので要注意。

 ざっと一周し最後に夕日を見て小琉球観光を終えました。壁にはドンパチやるための図や表が残っていて迷彩色だから元は軍事施設?

 スクーターを返し港で東港行きの最終便を待っていると漁船では神様を輿に載せて揺らすなにやらお祭というかお払いというか、の最中でした。大漁祈願かな?歌だか祝詞だかに太鼓が入ってまったりしています。聞きながらもう少しのんびり滞在したいような気分が沸いてきたところで船が着き島を後にしました。

★潮州
 東港の屏東客運バスターミナルに戻ったら、ここから直接高雄には向わず30分ばかり潮州経由屏東行きのバスに揺られ潮州に寄り道します。

 潮州に寄ったのは往路と同じなのもつまらないということと夜市が立つ(毎週金曜日)からです。よくある地方の夜市という感じでこれといって変わった様子は感じませんでしたが、そこそこにぎわっていて楽しいひとときです。(永華街と中洲路の交差点付近が中心。東港からバスの場合最寄停留所は『介寿路』。)



 夜市見物を終え1kmほど歩き潮州駅に行ったら高架化工事中で駅構内のみならず駅前もじわじわと変わっている様子でした。正直あまり垢抜けない感じののんびりした潮州駅の雰囲気は結構気に入っていたのですが遠からずピカピカになりそうです。まあ台湾のこと便利になってものんびりしているだろうと思いつつ高雄に戻りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタバス

2012-12-24 | その他
 今期見た「サンタ関係の乗り物」をいくつか貼ります。

 台南の消防車。そういえば消防車は赤いのでサンタ関係っぽい雰囲気があるかも。暖かいところなので見ていてもイマイチクリスマス気分にならないのですがカワイイ感じですね。


 運転士さんがサンタの格好をする台北の首都客運。

 わかりにくい画像ですみません。


 こちらは渋谷の京王バスによる「クリスマスバス」車内に飾りつけがあったりサンタさんが乗ってたりするそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九分と十分

2012-12-21 | 台湾・新北市
 先日台湾に行ってきたのであまり脈絡なく画像を貼っていきます。
 同行者がいる観光目的で「乗り」はなし。なので初めて九份(九フンとも/タイトルは「分」で代用)に行くことになりました。九份は人気スポットだそうですが、階段に赤ちょうちんが下がる写真に訴えるものがあるのでしょうか?ならついでに十分にも寄るか、じゃ近いところで基隆泊、と話がまとまります。

 夕方台北の松山空港に着き汎航通運のバスで基隆。夕食のため廟口夜市に行ったところ平日で空いていて快適でもありやや寂しくもありという感じでした。

 これは子供向けくじ引きの箱。阿里山森林鉄路がどっかの中古路面電車買ってトラム化するとか?


 翌朝は九份と十分の玄関になる瑞芳に向かいます。基隆~瑞芳~九份は基隆客運のバスで一本ですが気分変えるために台鉄で行くことにして八堵乗り換え。お、南アフリカ製のEMU400だ。これって来るとうれしい釣り掛けだけどなかなか当たらないんですよね。今回は見るだけでおあずけ。

 と思ったら見慣れないヤツが来ました。

 こいつが日本製の普悠瑪号(プユマ号/TEMU2000)か。くちばしみたいな色はシャープで悪くない感じだけど日本製はもうお腹いっぱい。台湾で「日本車」に当たるとなんで台湾くんだりまで来て日本製に乗らにゃならんのだそろそろ他の国から買わないかな、などと考えてしまうけどまた増えるのかあ。(実はそれ以前にそもそも新車が入らないことが一番うれしかったりするのですが。日本製でもDR2700は大好きだから勝手なものです…。)
 とはいえいずれお世話になることもあるだろうからあまり文句言うとバチが当たりそう。でも今回はとりあえず「あっち行けシッシッ」気味な気分で見送りました。


 瑞芳で一旦降りて荷物を預け、九份は赤ちょうちんが点る夕方が「見ごろ」だというからまずは平渓線で十分に出て時間つぶしすることにします。この路線は「輪っかの交換」とか硬券がある点はありがたいけど新しめロングシート気動車のうえ平日なのにかなり混んでいたりでどうも乗り鉄ごころに響いて来ないのですが、ともあれ線路脇の天燈屋さんはどこも繁盛しているのは結構なことです。

 こういう出すだけムダな看板はむしろなんだかうれしくなります。

 十分では十分瀑布にでも行けばいいかと思っていたのですが、雨で寒く歩く気がしなくなってしまいあれこれ食ってぼんやりしただけで瑞芳に戻りました。(そういえば十分はこれまでトロッコ乗りだけで滝は見に行ったことがなかったのがまたもやになってしまったりも…。)

 瑞芳に戻り基隆客運に乗って着いた九份も観光バスが行き来し人出がすごくてびっくり。観光客を当て込んだ店がたくさん並び間はもっていいのですが、斜面の町で雨だけでなく風が吹き寒く何のためにせっかく冬に台湾に来たんだろう、という気分になってきます。
 台湾のイヌは暑いからネコのようにダラーっとしている(山のイヌは吠え付いて怖いけど)のかと思っていたけど、寒くても別にシャキっとするわけではないのかも。いよいよネコのように丸くなっているし。

 結局寒さで夕方まで待つ気がしなくなり、とっとと高鉄に乗って暖かい南に向かおうということになってしまいました。イヌを笑えない…。

 そんなわけで高鉄で高雄の左営に着くと暖かで天気も良くほっとしました。やっぱり高鉄はスゴイな。高鉄どうもありがとう、と普段「高速鉄道は乗ってもつまらない」などと思っているくせに思いっきり感謝してしまったのはわれながら図々しいところ。速いというのはやっぱりステキですね。(ということは前述の普悠瑪号に感謝する日も近そうです。)

 PP自強を模したステッカー。注意という割にどこかのんびりしている感じで和みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加