乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

彰化三宝

2011-07-31 | 台湾・彰化県
 台湾中部、台中のちょっと南にある彰化には扇形車庫があります。幸い一般にも開放されているので鉄道マニアのみならず彰化を代表する観光地のひとつになっているのが面白いところ。また大仏さんなんかもあり、廟参りで有名な鹿港に行くバスがたくさん出ている地点でもあるので「鉄」じゃなくても寄る機会の多そうなところです。
 さて先月その彰化に泊まったところ宿に「彰化三宝」なる地図が置かれていました。なんだか大仰な字面ですが、食い物の彰化三大名物は猫鼠麺・肉円・爌肉飯の3つ、という割と可愛らしい話です。今回はその3つの画像を貼っていきます。

 ではまず「猫鼠麺」から見ていきます。別に猫や鼠の肉が入っているというわけではなく、お店を始めた人が痩せぎすでちょろちょろ動き回る鼠のような人だったので「老鼠」と呼ばれていたのが由来とのこと。台湾語(ホーロー語)の「老(lau)」の音が中国語の「猫(mao)」の音に似ているので字面にするときそうなっちゃったんだそう。こういうシャレは台湾ならではって感じですが、言葉がわからない私にはイマイチ面白さがわからないところです。

 彰化駅前を出ると左右に走る中正路を右に歩き、陳稜路に入って進むとまもなくお店があります。

 「猫鼠三宝麺」がお店の看板メニューとのこと。三宝のなかにまた三宝とは面白いものですね。頼んでみるとシイタケつみれ、海老団子、鶏のつくね風という3つの具がのっかった麺でした。スープは豚と魚の味でわりとあっさりしています。


 3つの具と麺を楽しんだら、次は肉円。猫鼠麺のすぐ近くの四つ角に肉円の店が3つも集まっています。同じ料理の店が集まっているのは台湾によくあるパターンですが、どれにしようか迷うところ。

 とりあえずそのとき一番お客が入っていた「阿璋肉円」にしてみます。厨房のある表玄関は割と古風な店構えですが、隣には冷房つきの客室がしつらえてありました。

 もっちりしたデンプンの皮の中に豚肉やシイタケ、タケノコなんかをこねた具が入っています。日本にはあまり似た食べ物がないのでああ肉円だなあと言うしかないのですが、ここの肉円は食べ応えはあるものの比較的上品な方だと思いました。


 猫鼠麺に肉円と続くとだいぶお腹がもったりしてきますが、三宝というからには残りの一つも食べなくてはなりません。お腹に余裕ができるまでちょっと時間を空けたいのでやや離れたところにある「魚市場爌肉飯」という店に足を伸ばすことにしました。彰化駅からだと中正路を右に歩き、員林客運の乗り場を過ぎてさらに歩いた先です。
 8時半過ぎに店に着くと夜9時40分開店と看板にあり真っ暗。なんだか変な時間からだなあとちょっと面食らいます。


 まだお腹が空いてなかったのでちょうどいいやと1時間つぶしてから戻ってくるとこの通り行列ができる混雑っぷりでびっくり。店員さんもお客さんもいったいいつ集まったんでしょうね。


 爌肉飯は要するに豚の角煮飯ですからボリュームがあります。やや弾力を残した煮込み具合なのでふるふるとろとろの角煮よりはくどくないのですが、三宝の最後に脂肪がドカンと来たのでさすがに満腹です。

 そんなわけで炭水化物系の彰化三宝でした。どれもおいしいのですが続けて食べるとさすがにくどいのでサイドメニューとともに一宝ずつ食べた方がいい気がしたのも正直なところです。
(2011年6月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルタのウサギ料理

2011-07-21 | マルタ
 今日は土用丑の日なのでウサギ料理の画像を貼ります。
 真偽はさておき「土用丑の日に『う』のつくものを食べると夏バテしない」という俗説を鰻屋が販促に使って土用丑の日がウナギに結びついたという話があるそうですからウサギもありかも、というわけです。

 さて以下のウサギ画像は全て6月のマルタでのものです。なんでもウサギはマルタでよく使われる食材なのだそうで、スーパーに行くと冷蔵ケースに何匹もの丸ごとウサギやウサギ挽肉、ウサギソーセージと揃っていました。(丸鶏と違って丸ウサギにはちゃんと頭がついたままでしたが、絵的にイヤという人がいると困るので頭は省略)

 値段が高くないので買ってみたくなるところですが旅行中ではそうもいきません。とりあえず元の姿を見たことに満足したら食堂で食べることにします。

★天井が高いLa Vallette
 マルタの中心、ヴァレッタのバスターミナルから伸びるRepublic Streetで「ウサギランチ:パスタに主菜ワイン込みで10ユーロ」というのが目につき入ってみることにしました。La Valletteというお店。


 天井が高く非常にトクした気分になる空間です。食堂の隣では昼間から玉突きやってる人も。


 まず豆とウサギのレバーのスパゲティ。字面だけ見るとなんとなくくどそうですが、レバーの乾いた感じの歯ざわりと豆の組み合わせなので割とさっぱりしていました。

 続いて主菜のウサギ煮込み。ウサギはあっさり目の肉ですがやや獣くささがあるので同じあっさりめの鶏肉よりも肉食った感があって私はキライじゃありません。量が多くスパゲティに続くとおなかいっぱい。


★ネコのCocopazzo
 ネコにつられて入ってしまったヴァレッタのSouth Streetに面しているレストランです。


 ネコに好かれているだけあり(?)海鮮料理を前面に出しているレストランですが、気になって注文したのは「ウサギラビオリ」。クリームソースとウサギの組み合わせはなかなか悪くない感じでした。ネコを見ながらウサギを食べるというのもオツなものです。

  
 そういえばピーターラビットのお父さんはウサギパイにされて食べられちゃったりバッグス・バニーはウサギ狩りのシーズンになると猟銃で追い掛け回されたりしてましたが、可愛ゆうてやがて美味しきウサギかな、ってところでしょうか。
 そんなダジャレ言ってて思い出しましたが鵜も『う』でした。カワウは増えすぎて狩猟鳥獣の対象になったくらいですから食べてもいいわけです。こっちの方が川にいるし首が長いし無理やりだけどウナギっぽいかも。

 産卵・孵化まで含んだ完全なウナギ養殖サイクルの確立まではまだ遠い道のりだと聞きますが、当座は繁殖力の強いウサギや増えすぎたカワウでシャレ食いの方は代用できないもんかとバカなことを考えた土用丑の日でした。ああ早くウナギが安くなる日が来ないかな…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宜蘭のバスターミナル「宜蘭転運站」

2011-07-18 | 台湾・宜蘭県
 台湾北東部にある都市「宜蘭」は観光等で訪れたという方も少なくないと思います。
 台北からこの宜蘭に行こうというとき、かつては道路事情が悪かったので鉄道が有利でした。しかし2007年にこの間をショートカットする「雪山トンネル」経由の高速バスが開業したことで鉄道は比較すると遠回りということになってしまい、今は高速バスが有力な移動手段になっています。
 この高速バスについて2010年に変化が起こりました。それはバスターミナル「宜蘭転運站」が開業したことで、宜蘭発着の各社高速バスがこのターミナルに集まるようになっています。
 この宜蘭転運站を先月初めて利用したので以下画像とともに様子をご紹介します。

 さてその宜蘭転運站の位置ですが、宜蘭駅の裏口(宜蘭後站・東口)から「林森路」を右(南)に進むとに200mほどのところです。林森路に面してバス降車所があり、降車客をあてこんだ数台のタクシーが客待ちをしていました。(画像は宜蘭駅裏口と降車所)


 転運站の敷地にはバイク置き場が設けられかなり広く、降車所から乗車所の建物までは100m以上あります。この乗車所は校舎路に面していて、切符売り場や待合所が設けられています。


 この建物に乗り入れている高速バスは台北への高速バスを運行する葛瑪蘭客運・台北と基隆への高速バスを運行する首都客運・首都客運と共同で基隆への高速バスを運行する国光客運の3社です。
 乗車口と切符売り場は赤い色の葛瑪蘭客運側と青い色の首都客運に分かれていて、国光客運の基隆行きの切符は共同運行している首都客運側の窓口で扱っています。


 なお高速バスのみならず宜蘭を通る一般路線バスの多くもこの転運站に集まっていますが、乗り場は校舎路の路上にあり停留所の看板が立つだけです。ただ停留所に行き先と時刻表が掲示されていたので台湾のバス停標準で考えればちゃんとした方ではあります。


 という具合に転運站の降車所と乗車所を見てみましたが、この転運站がある位置は駅の裏口側にあり、宜蘭の街の中心は台鉄の線路を挟んだ反対側にある駅の表口(前站・西口)側なので表口~裏口間の移動はどうするの?という問題が残ります。通り抜けのために駅の入場券買うのもくやしい話。
 その辺りを駅で聞いてみたら、転運站利用者には改札口で駅構内の通行証が渡され、これで表口~裏口間を無料で通り抜けることが出来るとのこと。(通行証は通り抜けた側の改札口で返却します。)嘉義のターミナルでも行われていた方式と同様です。

 無料で通り抜けできるようにしているのはとりあえず親切ですが、宜蘭駅表口からそもそも遠い宜蘭転運站のそれも乗車所まで行こうとなると駅表口→地下道→裏口→降車所→乗車所、と駅構内の階段の上り下りをしつつ500mは歩くことになるわけですから結構大変です。
 地元の人は広いバイク置き場にバイクを停めてバスに乗り換えるパーク&ライドとか、あるいは家人に迎えに来てもらうという手も使えるでしょうが、旅行者からするとタクシー利用が現実的になってしまうでしょう。正直あまり便利ではないと思いました。

 宜蘭転運站の話はこのくらいにして以下宜蘭駅表口側のターミナル事情について少し付け加えておきます。まずは宜蘭駅表口の画像から。


 表口を出ると左右に伸びる宜興路を渡るとすぐに雪山トンネル経由で台北まで行く乗合タクシーの看板が出ています。これも台北行きターミナルと言っていいのかも。


 駅から宜興路を左(南)に300mほど歩くと国光客運の「旧宜蘭站」停留所があります。ここはその名の通りかつて国光客運のバスターミナルがあったところで、閉鎖されたターミナルの建物が残っていました。国光客運の前身「台湾汽車客運」「台汽」の文字が見え一昔前の香りがします。


 なお宜蘭を通る国光客運の一般路線バスのうち、この「旧宜蘭站」バス停は通っても上記の宜蘭転運站を通らない路線もあるようです。乗ろうという場合は停留所の案内をよく確認してください。

 というわけで以上宜蘭転運站・宜蘭駅・乗合タクシー乗り場・旧宜蘭站と宜蘭の4つのターミナルの様子でした。
(2011年6月訪問)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

抗日記念碑と第四原発(貢寮区)

2011-07-17 | 台湾・新北市
 前回まで3回にわたって台湾の第一・第二原発という稼動中の原発の画像を並べましたが、今回は建設中の第四原発に寄ったときの画像を貼ります。こう続くとよほどの原発好きみたいですが臆病な私はなるべく近寄りたくないのがホンネ。ところが台湾の北部で海岸沿いに乗りバスしているとどうしても原発の脇を通らざるを得ません。なら毒食らわば皿までで好奇心が勝ったというわけです。
 ちなみにこの原発は元請けがGEでその下請けは原子炉が東芝と日立、発電機は三菱、土木工事は清水建設と日本企業が目白押しだというので興味がわくところですが、どっちみち中まで見られませんしそもそも見たところでシロウトにはどうせ何もわかりません。まあとりあえずどんなところにあるのかくらいは見てみようかと思い行ってみました。
 さてこの第四原発は正式名を龍門核能発電廠といい、第一・第二原発と同じ新北市の海岸にあります。ただ広い新北市域の中で第一・第二とはだいぶ離れていて、台北北部の海岸線にある第一・第二に対し第四は台北駅の東約40kmのところにありあまり同じ市内という感じがしません。また比較的近距離の著名な観光地だと例えば九份から直線距離で11kmくらいです。最寄駅は台鉄東部幹線の貢寮駅か福隆駅で、どちらからも歩くにはやや遠いので貢寮駅で(福隆始発の)基隆客運バスに乗り換え「塩寮」バス停で降りると楽ができます。(福隆から貢寮を通らずに直接塩寮に向かう羅東・宜蘭~台北間の国光客運バスもあり。ただし本数少。)ちなみに福隆駅は弁当の立ち売りがあり、福隆から塩寮まで歩く場合途中吊橋があったりするので天気がよくて元気があるなら福隆で降りて徒歩(4km弱)というのもいいかもしれません。
 私は「乗りバス」が目的ですから当然バスです。海沿いの省道2号線を走り塩寮バス停で降りるとすぐ原発の原子炉建屋が目に入り、そのまん前が「塩寮海浜公園」です。実は予定を立てるとき沿岸の地図を見ていて最初はこの公園の方に目がいったのですが、あまりに間近に第四原発があったので結局原発見物もくっついちゃったという流れでした。

 では有料なので60元払って門をくぐり公園の中に入りましょう。

 門の先は広っぱになっていて、目の前に「抗日紀念碑」(「紀念」は日本語の「記念」と同じ意味)が立っているのが見えます。ここ塩寮の海岸は日清戦争の結果清から台湾を得た日本軍が台湾を占領するため上陸した地点の一つなのでこの碑のほか当時の状況や情景がガラスに描かれ展示されているというわけ。

 抗日紀念碑です。1895年5月29日に北白川宮能久親王率いる近衛師団がここから上陸したことを記念し日本の手によって上陸記念碑が立てられたものが中華民国時代になって抗日紀念碑に立て直されたものです。この上陸ののち台湾各地で多くの人々が日本軍に抵抗し死傷した悲惨な歴史を思い出させられます。

 抗日紀念碑前の海岸、すなわち日本軍が上陸してきたところには黄色みをおびた砂浜が広がり「黄金海岸」という呼び名がついています。まあキレイ!と言いたいところですが北は原発関連施設で行き止まり、裏はすぐに原子炉建屋がどーんと迫っていますから正直あまりのんきにたたずんでいたい感じでもありません。

 公園内に戻ると小さいながらプールや喫茶コーナーがありました。公園の周りは原発以外何もないようなところですから喫茶コーナーなど飲食施設は重要です。

 そんなわけで一回りした塩寮海浜公園ですが、これで有料とはなあ…というのも正直なところでした。ことさらに見る気がなくても原発ばかり見えちゃいますしレジャー施設としてはどうも微妙な感じです。
 公園内からの画像ばかりだったので最後に正門側から見た第四原発の画像を付け加えておきます。もともと激しい反対運動や完成前から事故ったりで運転開始が延び延びになっていたところへ福島第一原発の事故が起こったのでさらに延期になったそうですが今後いったいどうなるのでしょうか。

 そういえば台湾では福島第一原発の事故のあとすぐに大規模な反原発デモが起こり、また馬英九総統はこの第四原発の運転延期と既存の原発の運転期間延長申請を認めず順次廃炉すること、さらに新規原発は建設しない方針を明らかにしたそうです。来年総統選挙を控えていることもあるのでしょうが素早いものですね。そういえばイタリアでは国民投票で原発に反対しようというポスターも見たっけ。自分が悲惨な大事故起こした当事者の国民であることをつい忘れそうになるのは一体どういうわけなんだろうと改めて思ってしまいました。
 というわけで第一・第二・第四と続いた台湾北部の原発見物の話はこれでおしまいにします。(その後台湾最南端に近い第三原発にも行ってみました。その話はこちら。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野柳と第二原発【後編】(万里区)

2011-07-16 | 台湾・新北市
 前編に続き台湾北部にある台湾第二原発(第二核能発電廠・新北市万里区)とその近所にある観光スポット「野柳風景区」の画像を貼っていきます。
 まずは前編で紹介した「北部展示館」という原発PR館の先にある第二原発の正門の様子から。休み時間らしい工場の職員さんたちがそぞろ歩きしていたりなんとなくのんびりしたムードです。

 正門はどん詰まりになっているのでいったん海沿いを走るバス通りの省道2号線沿いに戻り、ここから水蒸気をあげている原子炉建屋を見ることにしました。基隆客運や国光客運など結構頻繁にバスが行きかう省道の近くでこうやってでかい原子炉が稼動してるんだなあと思うと背筋がゾクっときます。1981年営業開始なので前に見た第一原発よりは新しく、またやや高台にあるのですが地震大国の台湾で付近には断層もあると聞けばあまり安心もできません。はるばる日本から自分で近づいておいて勝手な言い草ですが。ちなみにこの第二原発から台北駅まではの直線距離は22.6kmと第一原発~台北駅間より近く、台北駅を東京駅とすると海芝浦駅とほぼ同じ距離になります。(第二原発~基隆駅の直線距離で11km)

 原発の正面、省道を渡った向かいにある排水口からはかなりの水量の排水が原発から出ています。ここの排水はいったん地下を通って省道をくぐってから出てくるので突然かなりの水量が出ているように見えちょっと不思議な雰囲気です。

 排水口の周りがよい釣り場になるのはここも同じで駐車場には軽食の屋台まで出ています。「レジャーや釣りでいらしたみなさん、北部展示館にお立ち寄り下さい。入館無料でステキなお土産も差し上げます。」というようなことが書いてありますが、そういえば私はステキなお土産もらってなかったかも…さすがに後からお土産くれって言いに戻るのは恥ずかしいのであきらめましたけど。

 驚いたのはなぜかこんなところで着飾った女性の写真を撮っていたこと。プロのモデルさんって感じでもなかったので香港だとかでも見かける結婚するとき作る記念アルバムの撮影かと一瞬思いましたがそれにしては旦那が見当たらないな。いずれにしても妙な光景でした。

★野柳
 というところで第二原発の見物は終わりにし、観光スポットの野柳風景区に向かいます。原発前の臨海橋バス停で基隆客運(または淡水客運)の基隆行きか国光客運の台北行きに乗って海岸線を走ると10分弱で野柳バス停に着きます。野柳バス停から野柳観光の中心地までは600mくらいなので歩いても大したことないのですが、無料のコミュニティバスがすぐ出るというので乗って行くことにしました。

 漁港を通って野柳観光の中心地に到着。海岸の侵食された複雑な岩が名物の「野柳地質公園」の料金所、水族館「野柳海洋世界」・飲食店やお土産屋が並ぶアーケード「野柳特産街」が集まっています。

 では野柳観光、というのがあるべき流れなのですが、原発で時間を使いすぎここで時間切れ。結局野柳地質公園には入らず野柳バス停まで歩いて戻りバスで先に進みました。遠くから見た地質公園の画像だけ貼ります。

 なおこの野柳地質公園一帯は第二原発から半径5km以内にすっぽり入っていますのでこの通り緊急避難の案内板がありました。第一原発と同様に原発事故の退避指示サイレンは1秒鳴って1秒休みの90回繰り返し(解除は180秒連続で切らずに鳴らしっぱなし)とのこと。サイレンが鳴ることがないよう祈るばかりです。

 というわけですっかり原発見物になってしまった3回続けての北海岸(北部海岸)の画像を終わりにします。(2011年6月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加