乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

嘉義の新しいバスターミナル

2011-02-28 | 台湾・嘉義県
 1月20日、台鉄(台湾鉄路管理局)嘉義駅の裏口に中・長距離バスの総合ターミナル(嘉義市先期交通転運中心)が開業しました。今月の頭にその様子を見てきたので画像や気がついた点を紹介します。

 まずバスターミナルの話に入る前に触れておきたいのが表口~裏口間の行き来に使う通路が(訪問時現在)工事中で使えないこと。街の中心部側に向いた表口からバスターミナルに行くには台鉄の改札を抜け駅構内の地下道を通らなくてはなりません。
 となると「そのためいちいち入場券買うの!?」という心配が生まれますが、さすがに対策がなされていました。表口(サービスカウンターにあたる服務中心)・裏口(改札口)の双方で無料配布されている表口~裏口移動用の通行証で改札を通ることができます。
※この駅構内通行無料サービスは自由通路の跨線橋整備完了に伴い終了しました。バスターミナルから跨線橋までは連絡通路がつながっています。

 なお嘉義周辺に一般路線バスを走らせている事業者「嘉義県公車」と「嘉義客運」のバスはこの裏口の新しいターミナルには入らず、従来通り表口側で発着しています。(後述のBRTを除く。)ということは近距離のローカル路線バスと中長距離の都市間バスとの乗り換えは表口と裏口の間を移動を伴うということになります。

 さてでは地下道から上がって台鉄の裏口へ。改札を出るとそこはもうバスターミナルです。右手には台鉄の切符売り場、左手にはバス各社の切符売り場、正面にはバスが見えてるという具合に駅舎とバスターミナルが一体化していて驚きました。
 (右端の画像はバスターミナル開業前の画像です。)


 台鉄の切符売り場と並んで駅弁コーナーがありました。バスで食べる駅弁もオツかも。またターミナル内にコインロッカーがあります。ちなみに台鉄の表口にはコインロッカーと行李房(手荷物一時預かり所)の両方があるので目的により使い分けることができます。


 切符売り場の先にバス乗り場が並んでいます。やや手狭な印象も。


 外観を見てみましょう。ターミナルは2棟ありますが、訪問時は駅舎と一体化した1棟だけしか使われていませんでした。今後両方が使用されるようになると広々とするはずですが、駅から遠い棟から台鉄への乗り換えはやや不便になります。(右端の画像は建設中の様子です。)

 最後に「BRT(Bus Rapid Transit)」について少々触れます。他の一般路線バスと違いこのBRTの系統は嘉義駅の表口を経由せず裏口のバスターミナル発着で、嘉義の街から離れた高速鉄道の嘉義駅を経由するため旅行者にとって利用価値の高い系統です。運行時間が6:00~23:40(20分毎)と長く、嘉義の街中ではセンターレーンとホーム状の立派な停留所が整備されているので利用しやすいと思います。この系統についてはサイトでも少々触れましたので(こちら)併せてご覧ください。

 というわけで嘉義バスターミナル開業直後の様子でした。裏口とは言え駅直結の便利な場所に各社の中・長距離バスをまとめたのですから大したものだと思います。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

集集線と代行バス

2011-02-25 | 台湾・南投県
 先日から台湾の話が続いていますが、台湾中部、南投県の水里というところから集集線と代行バスに乗ったときのコンテンツをこちらに公開しました。

 集集線の車両は割と新しめの気動車でしかもロングシート、また休日になると観光客が大勢やってきておそろしく混む、なんてウワサを聞いて後回しになっていたのですが、「乗りバス」の待ち時間にちょうど代行バスと列車にちょっとだけ乗れるだけの時間が空いたので衝動乗りしたというわけです。ロングシート気動車とタブレット交換の組み合わせに久留里線辺りをちょっと思い出しました。

 さてその乗り鉄&バスはサイトをご覧頂くとして、ここでは水里で食べたキョン料理の画像を「乗り」のおまけとして貼ります。
 台湾の山間地で乗りバスしていると結構野性動物の肉を出す店を見かけますが、そういう店の看板によく書いてある定番の一つがキョン(山羌・シカの仲間)の肉です。水里にもキョンという字を見たので好奇心に負けキョン炒めを頼んでみました。

 山菜と炒められて出てきたキョン肉を食べてみると、歯ざわりは鹿よりやわらかで匂いにクセが少なく、また脂がなくさっぱりしたものでした。素直に美味しいので日本の食堂で出しても嫌われることは少ない気がします。

 さてそこで話が飛びますが、以前房総半島でキョンが逃げて大繁殖し問題になっていると聞いたことがあります。その話を改めて思い出し、せっかく美味しいんだし増えて困っているなら名物料理にでもできないもんかなあとちょっと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽田空港と松山空港

2011-02-14 | 台湾・台北市
 春節前後の台湾に行く際初めて羽田空港~(台北の)松山空港便を使いました。目的地が台湾の中・南部というとき人が多くてくたびれる台北を通らず済むので桃園空港は割とキライじゃなかったのですが、東京の西郊に住んでいると成田まで行かなくて済む羽田便はやっぱりありがたいものです。ということで今回は近くなって嬉しい羽田空港から松山空港にかけての話をします。

 せっかく近い羽田なんだから早い便に乗れば台湾にいっぱいいられるぞ、と気合を入れて朝7時の便を予約したのは貧乏性の証拠。ということは6時前に着かなきゃいけないのか…と出発前日になってから気づいて後悔しても手遅れですが、とにかく早起きして、暖かい台湾を思い浮かべつつ寒空の下自宅近所の駅まで急いで初電をつかまえます。なんとか5時台に京急「羽田空港国際線ターミナル駅」に到着。

 ホームにカート持ち込めるそうでホームドアがあります。開業(昨年10月)のあと年明けてからこれにへーと感心するなんて周回遅れもいいところですが、京急で私の好きな車両旧1000形が昨年全廃、800形はこのホームドアのせいで空港線に入らない(4扉の車両なのでここの3扉用ホームドアでは乗り降りできません。)という具合で空港線に興味が薄れていました。それでも蒲田高架化完成後どこまでスピードアップしてくれるか期待できる点は京急のありがたさですが。

 さて無事早めに着きターミナル内はガラガラだったので時間に余裕ができました。初めてだからちょっとうろついてみようかな。
 ここは24時間開いているという羽田食堂。品揃えは見る限りデパートの食堂(もあまり見なくなりましたが…)のような感じでした。実際に食べていないので味はわかりませんが、とりあえずいつでも何かあたたかい食事にありつけるというのは頼もしいものです。


 羽田食堂のそばに「江戸小路」なるミニ江戸テーマパーク風の一角があります。お土産ものなどを売るお店のようですがまだ開いていませんでしたので外観だけ。

 その中に芝居小屋風にしつらえたお店がありました。それにしてもこの寒い時期に髪結新三ねえ…国際空港で俊寛じゃ帰ってこられなくなりそうだし何だか縁起悪い感じ。まあ台湾だったら俊寛状態でも悪くなかったりして。

 そうこうするうち時間になったので搭乗口に向かうわけですが、出国審査から乗るまでの流れも成田よりスムーズで感心しました。単に電車に乗る時間が短いだけでなくこの面でも楽となると次に成田を使うときはこれまで以上に億劫に感じそうです…。

 飛行機に乗って松山空港に着きました。怪しいマスコットが迎えてくれます。(台北花博のもの)

 さて松山空港はMRT内湖線の駅と直結していますが、空港のビルから地下に降りて乗るまでが結構大変ですし、松山空港から台北駅までいく場合は高架から地下まで移動しなければならない忠孝復興での乗り換えがあってちょっと面倒です。
 そうなると便利なのは地平から地平に動けるバスです。空港前のバス乗り場から台北駅まで262系統に乗れば台北駅前、それも駅側の忠孝路上に着くので楽々。街の中にあるだけにこの系統のみならず多くの系統が乗り入れているのが松山空港の嬉しい点です。

 という具合に羽田から台北駅まで移動してみて、まあ当たり前の感想ですがずいぶん台湾が近くなったものだとうれしくなりました。あとは飛行機の運賃がどんどんこなれますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斗六

2011-02-12 | 台湾・雲林県
 雲林県の斗六はここ始発のEMU300自強号に乗るとか、台湾最後の実用サトウキビ鉄道が残る虎尾糖廠を見に行くときの玄関口になるなど鉄ちゃんと縁の深い駅ですので宿や食堂などを並べてみます。(以下2009年に公開した記事を2011年2月の再訪後増量したものです。)

★斗六駅
 まずは新しい橋上駅舎でやや無機質な斗六駅、なのですがどういうわけか犬がまぎれこんでいるのが台湾らしいところ。わざわざ階段上って何しに来たのかな?

 地元産品のお土産コーナーや鉄道グッズの台鉄本舗もあり結構充実した駅です。また観光案内所も入っているので質問したり地図がもらえるので助かります。なお駅前が栄えているのは日統客運バスの乗り場がある南側で、台西客運バスの乗り場がある北側は閑散としていました。なので斗六では基本的に駅の南側で用を足すことになると思います。ちなみに北側に出るとすぐネットカフェがありましたので一応。

★宿
 斗六の宿について泊まっていない所も含めいくつか印象を書いておきます。(全て駅の南側の宿で、価格はシングルあるいはダブル・ツインを一人で使った場合です。)

1真岡大飯店
 駅を出てすぐ右手にあります。見せてもらった部屋はややタバコくさい感じが気になりパスしました。1100~1200元。

2華安大飯店
 駅の正面。中国人の団体さんが出てくるのを見るくらいですからキチンとしているホテルのようですが価格が2000元越えるというのでパス。

3首都商務飯店
 駅を出て民生路を左に歩いたところの雑居ビル内にあるホテル。一泊朝食つき1000元でした。フロントによれば日本人ビジネス客の利用が多いとのこと。部屋はよく掃除されキレイで不満はありません。
 ここはトイレに日本語で紙を流さないように注意書きがありましたが、よほど悩まされているのでしょう…。お泊りの際はくれぐれもお気をつけて。

 なおこのホテルの朝食つきというのはマクドナルドの朝食券なのが微妙なところ。正直台湾に来てまで、というところなのでもったいないけど券は使わず駅前の市場に行って食べました。朝から人がたくさん入っていた食堂は朝5:30-9:30、夕方5:00-8:00と昼を大胆に捨てている営業時間。周りを見たら香肉焿というシイタケのとろみ汁を食べている人が多かったのでそれのぶっ掛けメシにしてみました。朝からお店に露店に屋台と朝ごはんの選択に迷うのも台湾の楽しさですが、そのせいで朝から食べすぎてしまいがちなのも台湾の困るところですね。


 次は民生路から首都商務飯店のところを曲がった先にある円環(ロータリー)にある宿を3つほど。

4桂賓大旅社
 台湾によくある安い旅社。掃除はそれなりにしている感じですが古いので一泊500元の値段相応という感じでしょうか。浴槽ではないシャワーの水受けがタイルで懐かしい感じ。


5太信大飯店
 朝食付1800元というので他を見てから考えると言ったら1500元になりました。部屋は広くキレイ。朝食は中西式(中華系のお粥や饅頭、おかずとパンなど洋風が一緒のもの)バイキング。値段から考えて特に不満はありません。


6緻麗伯爵酒店
 朝食付1800元とのことでした。5の宿の方が安かったのでそっちに流れましたが、こちらも構えやフロントの雰囲気からしてキレイそうです。

★太平老街
 円環からは古い商店街「太平老街」が延びています。この手の古い建物が残る商店街は台湾中にあり観光の目玉として整備が進んでいますが、ここもやはりキレイに整備されていました。ただ駅前に比べると人通りは少なめです。
 結構人だかりが出来ている店があったので寄ってみると老街碗粿というそのまんまな店名の碗粿屋さんでした。碗粿はお米のプリンのようなものでそれ自体味はなく肉味噌を掛けて食べたり甘くしてデザートのように食べたりします。ここではみんなが食べている肉味噌の方を私も食べてみました。基本的に素朴さが持ち味の食べ物なのでそうスゴイというものではありませんがなんとなくホッとするところがあります。また碗粿以外の軽食メニューも揃っていました。


 太平老街から中華路を右に進むと右手に長興氷店があります。ここの店は「円仔氷」がウリとのこと。円仔氷は温かく小さな団子に蜜をかけ上からかき氷を散らしたもので、屏東県の潮州名物冷熱氷or焼冷氷と似たようなところがあります。氷を掘っていくとかわいらしいカラフルな団子がのぞき氷と温かい団子の取り合わせはなかなかのもの。と思ったところで店内を見まわすと10月の終わりで(台湾基準では)だいぶ涼しくなったからか氷を掛けていない温かいものを食べている人しかいませんでした。


★美食広場
 太平老街を歩いていくと郵便局に面した交差点に出て、突き当たり正面に雲林渓美食広場が見えます。その名の通り雲林渓という川にフタをした上にある飲食店街で屋根の下に飲食店が並んでいます。


 入口にあった「四味果汁」で四味果汁=ミックスジュースを買って飲みながら歩くと割とあっと言う間に飲食店街が終わってしまい拍子抜けします。店舗数はそれほど多くありません。


 ちなみに駅でもらったパンフレットには老呉牛肉麺が人気店とありました。台湾産牛肉使用をうたう店で脂っこくなくあっさり目の牛肉麺はなかなか悪くない感じです。


 こちらはガチョウ料理の鵝肉明。入るとおっちゃんたちが一杯やっててメニューは大雑把にしか書いてない、という店だったので軽いものないか聞くとガチョウ麺なんかどう?と返ってきたのでそれに決まります。ガチョウのダシがよく出た美味しい一杯でした。


★西市
 駅を出て正面に延びる大同路の西側に広がる市場が「西市」。ここの飲食店を2つほど。

 有名店だそうでテイクアウトのお客も多い呉記肉円。肉円は肉とかタケノコなんかの具をデンプン質の皮で包んで蒸したものに甘いタレをかけたもの。かなり食べ応えがあり腹にたまります。ちなみにこのお店はセルフサービスのスープつき。


 羊料理専門店の阿義羊肉。羊麺に羊炒めに羊餃子などいろいろ揃っています。

 というようなわけで何度かお世話になっている斗六の街の様子でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「年末」の迪化街

2011-02-06 | 台湾・台北市
 昨日の画像は「お正月」(春節)の台北画像でしたが、今回はちょっと逆戻りして(旧暦の)年末の画像を貼ります。

 場所は台北駅の北にある迪化街。乾物だの漢方薬のお店がたくさんありなぜか台北のアメ横なんて言われることもありますが、ちょっと疑問です。迪化街は古い建物が多く割と落ち着いた街なので「1000円でいいよ!」という売り声が賑やかなガード下の上野のアメ横とはだいぶ感じが違う気がするのですけれど。(それでも電車の軽量化でだいぶ静かにはなりましたが。)
 とは言え旧暦の年末になると正月仕度のお客でにぎわう点は確かに共通しています。私は年末に台北入りしてお店が閉まってしまうお正月に帰国するスケジュールだったので年が開ける前にここでお土産を買っておこうというわけでした。

 さてこの迪化街は私の場合台北駅から行くことが多いのですがやや「足」が厄介だったりします。歩くと1kmちょっと、行きは荷物がなくて雨が降ってなければ歩いてもまあ許容範囲という感じですが、たくさんお土産買ってさあ帰ろうというときは歩くのがイヤな距離になります。
 じゃバスに乗ろうかというと、今度は台北駅付近はバス停がいくつもあり、どこに着くかで歩く距離がだいぶ変わってしまうのでどの系統に乗るか悩ましいという具合。
 正直決め手に欠けるのですが、とりあえず延平北路に出て民生西路口か南京西路口で274か669をつかまえて台北車站(鄭州)で降りると台北駅に階段なしで入れるのでこれならまあ許容範囲の歩きで済むかなという感じです。2つの系統併せても頻度は今ひとつですけれど。となると正直特にバスが好きでないならタクシー乗っちゃうのが正解のような気もします。バス好きとしてこういうことは言いたくないのですが…。

 前置きが長くなりましたが話を戻してお昼に迪化街の南側入口に歩いて着いたところから画像を貼ります。迪化街の南の入口にあたる南京西路との交差点にはアーチが建ち、ドンと買い物してってねという雰囲気が漂っています。


 街に入ると屋台が立ち並びお祭気分。落ち着いた普段がウソのような賑やかさでびっくり。


 一回10元のくじ引きだって。迪化街の年末ジャンボ?


 からすみ屋さんも普段より気合が入ってる感じです。


 迪化街で見るキムチ屋さんもオツなもの。ダクアンと書いてある箱は韓国から来たのかな?


 買い物して腹が減った人を待ちぶせする屋台がたくさん出ています。いいにおいに買い物忘れそう。


 郵便屋さんも待ちぶせしていました。つい買いすぎた人とかも多そうだしなあ。


 時代のついた建物たち。どこも現役で商売しているというのがいいですね。この辺まで来たら買い物が済み時間の余裕がなくなってしまったので画像はここまでですが、店も人ごみもまだまだずっと先まで続いています。お昼を過ぎてどんどん人出が激しくなってきましたから(旧暦の)年末人ごみを避けてここで買い物しようと思ったら早めの時間の方がいいのかも知れません。

 そんなわけで「年末」の迪化街の画像でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加