乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

グムンデン(オーストリア)

2011-01-25 | オーストリア
 だらだら貼ってきた昨年秋の中欧画像も今回でネタ切れになります。最後はオーストリアのグムンデン(Gmunden)のものを。
 グムンデンはリンツとザルツブルグの中間からちょっと南に入ったあたりにあるトラウン湖畔の町です。陶器の生産地として名を馳せているとのことですが、私は例によって乗りに来ただけ。グムンデンにはオーストリア鉄道(OeBB)はもとよりローカル電車や路面電車が走っているので乗り鉄目的だけで来ても楽しめるというわけです。

 私はそのローカル電車でグムンデン入りしました。ローカル電車は街の中心からやや離れたGmunden-Seebahnhof(グムンデン・湖駅)という文字通り湖畔にある駅(下の画像)に着きます。駅の周りは閑散として湖畔を10分程度歩くと街中という位置。
 ちなみにOeBBのグムンデン中央駅(Gmunden Hbf)と街中の間は2kmほどあり路面電車が結んでいます。街中との距離からなら「湖駅」の方が近いわけですが、ご覧の通りタクシー拾ったりという雰囲気ではない駅なので特に乗り目的というわけでなくて荷物があるという場合は路面電車との乗り換えの手間はあっても中央駅に着いたほうがいいのかも。


 駅から湖畔をしばらく歩き、橋を渡ってトンネル状の通路をくぐると中心街です。


 中心街に入ってとりあえず目に付いたGoldener Brunnenというホテルに投宿します。とりあえずこざっぱりとしたホテルで悪くない感じ。


 以下夕方と朝に散歩した画像を適当に。まず左の立派な建物が街の中心になる湖畔の市庁舎。ここから斜面に街が続いています。右は市庁舎から目抜き通り沿いに200mほど離れた、中央駅に行く路面電車の終点。この2つがよそから来たら最初にランドマークになるかと思います。


 湖畔から教会に上がっていく「教会通り」の様子。いかにも旧市街という雰囲気なのはこの通りかな。


 上がると教会で、教会の上にバスターミナル、というには大げさだけどいくつかの系統が出るちょっと大き目のバス停(Gmunden Bbf/Habertstrasse)があります。着いた翌朝はここから乗りバスしました。



 最後に適当なおまけ街中画像。

 というわけで夕方着いて朝出るだけ、また天気が曇りということもあり暗い画像ばかりで申し訳ないのですが、湖と山が開けキレイなところだけに晴れている日にゆっくり過ごしたら気持ちよさそうです。(こんなオチばかりですみません。昼間のいい時間は「乗り」にあてるのでどうしても「おまけブログ」のここはこうなります。)(2010年9月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィーンのオリエント急行

2011-01-23 | オーストリア
 今回はウィーンの画像を貼ります。と言ってもウィーンにいたのはわずか30分、つまりはただ乗り換えたというだけの話なのですが以下お付き合いください。

 話はウィーンのちょっと前から始めます。チェコのブジェツラフというところで動態保存気動車を楽しんだあとお昼にウィーン行きの列車をつかまえました。この列車はプラハから来た「フランツ・シューベルト号」。ブジェツラフは国境のすぐ近くでウィーンまでは1時間ちょっとです。ちょうどお昼時、カフェテリアが連結されているので荷物を抱えたままカフェテリアカーに乗り込みました。
 さすがチェコ持ちの列車だけありメニューにはチェコ料理のクネドリーキとグヤーシュだとかビールはバドワイザーの本家Budweiser Budvarなんて字が見えるのでこれにしてみます。

 何のチェックもない国境の車窓を見ながらだらだらと幸せに飲み食いしていると1時間なんてあっという間。お腹が落ち着き一眠りしたいなあというくらいのところでウィーンのマイドリング駅(Wien Meidling)駅に到着してしました。


 ホームに降り立つとビールで心身共にゆるみ気味ですが、次に乗る予定の列車はこことは別のターミナル駅「ウィーン西駅(Wien Westbahnhof)」発で乗り換え時間は30分しかありません。腑抜けた足に鞭打ち地下に降りてU6系統に乗り、4つ目のウィーン西駅で降りました。

 地上に出るとトラムが見えますがもちろん乗っている余裕はなし。もっとも走行音が静かな車両では実のところそれほど乗る意欲は湧かないのですが、駅を降りるとトラムがいるということ自体そもそもいいものです。


 なんてついぼんやり見ていたらなんともステキなやつが走ってくるではありませんか。酔って出てくるマボロシではなく保存車です。あわてて追いかけたら信号待ちに引っ掛かってくれどうにか全体をおがめました。乗り換えで忙しいのにこういうものが来るからいよいよ時間が厳しくなります。


 窓口で切符を買ってこれから乗るザルツブルク行きのホームに走るとなんだか様子がおかしいので面食らいました。ジュウタン敷きで行先案内にカレー(Calais・ドーバー海峡のフランス側)なんて書いてあるし。


 電気機関車にくっつく紺色の客車を見たら納得です。オリエント急行風味を楽しむ観光列車「ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス」というやつでした。


 新しい台車で時速160キロに対応しているようです。他の列車のジャマになってはマズイからかな。


 急にヘンなものが見えたのでついヤジウマしてしまいましたが、考えたらこっちは発車間際。あわててザルツブルク行きに乗り込み次のお目当ての電車に向かいました。

 以上ウィーンでの乗り換え画像でした。(2010年9月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ターボル・Tabor(チェコ)

2011-01-22 | チェコ
 今回はチェコの街ターボルの画像を貼ります。ターボルはプラハの南にありプラハ中央駅から列車で1時間半ちょいですからプラハから日帰りでも行ける距離です。私はオーストリアのリンツからプラハに向かう途中ここに寄りました。

 ではまずターボル駅ホームの画像から。3つの支線が分かれるジャンクションで、ホームに降りると2つの路線のレールバスが見えます。一つのホームに2列車が停まり前後に発車していく様子はなかなかかわいらしいのですが、どちらも製造初年は70年代の新しい(?)車両なので私はあまり食指が延びなかったりも。


 お目当ては駅の中ではなく駅前にあります。パノラマ画像をご覧いただければわかるように駅前に屋根もない簡素なホームが1面設けられ凸型電機が客車を従えています。ここから出ているローカル枝線がそのお目当てというわけ。

 簡素なホームに立派な行先と発車時間の表示がある意外性も面白いものです。イベントで走る保存車を除けば客車列車での運用なので電車好きの私としては日程が余ったおまけくらいのつもりでしたが、この駅前のホームから乗る意外性に始まる日本の地方私鉄とも通じるような雰囲気が全線で見られ予想以上に楽しめました。


 ちなみに泊まったホテルはこの駅前ホームのすぐ脇にあるHotel Slavia。値段は特に高くもなくキレイに掃除されているシンプルな宿で特に問題は感じませんでした。


 バスターミナルも駅前にあります。


 唐突ながら駅前で見た市内の路線バス。3扉車の路線バスなら日本でもおなじみですが4扉というのは初めて見たので驚きました。4扉が必要なほど混むことがあるのでしょうか?


 さて夕方着いて乗り鉄したらもう真っ暗ですが、せっかくなので一応旧市街を見物して来ることにしました。旧市街は駅から15~20分くらい歩かねばならず中途半端に距離があります。


 旧市街に着きました。9時くらいですが歩いている人が非常に少ないのでびっくり。


 漢字を知らない人がこさえた看板なのでしょうか。「なんとか中心」?


 そのうち旧市街の中心にある広場に出ました。


 なんだかくぐりたくなる通路があるので意味もなく出たり入ったりしてみます。


 夕食まだなので広場を見渡しHotel Nautilusというなかなか立派そうなホテルにくっついたGoldieというレストランに入ります。お客は私一人だけとやや淋しいものの窓から広場を見つつ落ち着いた雰囲気で食事できました。

 というわけでターボルではよくあるパターンで夜散歩しただけですが落ち着いた町並は昼間見物しても楽しめそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プラハの市電

2011-01-19 | チェコ
 昨年後半は9月中欧・11月台湾・12月香港と旅行が続き、サイトのコンテンツ製作に併せてブログの記事を作ったため時系列がぐちゃぐちゃになってしまいました。
 今さらですがこのブログの本館にあたるサイト製作の基本方針として、私と近い好みの乗り鉄の方(古い車両好き)がなるべく廃車・廃線などで乗り損なわないように、というものがあります。そのため古い車両が走っていて日本語の情報が少ないところの紹介が優先でそれ以外は後回しになるというわけ。画像の整理もそれに合わせるためこのブログがサイトに引きずられてしまう点ご容赦ください。

 以上言い訳で以下本題です。3ヶ月経ち今さらですが整理していない中欧の画像があるのでこれで数回引っ張ります。
 今回は市電を中心としたプラハの画像を。プラハの市電は保存車を除くと静かな車両のみなので釣り掛け好きな私は「乗り」にはそれほど気合が入りませんでした。その分電車見物ということになったわけですが、改めて見ると丸っこい車体のタトラT3が本場だからか街によく似合っているように感じなかなか楽しく過ごせたという次第です。このタトラT3には低床化改造された車両もあるのでまだ当分は頑張ることでしょう。

 ではまずアールヌーヴォーのプラハ中央駅構内のタテパノラマ画像から。傷みが目立ち修復が待たれるところです。


 こっちは中央駅の近所にあるマサリク駅の中とその周り。両駅の画像はサイトにも貼ったので併せてご覧下さい。
 

 プラハではマサリク駅にくっついたホテルCity Innに泊まりました。1晩だけの滞在で夜寝に戻っただけでしたが、斜めの天窓がちょっと楽しかったかも。ここから顔を出して撮ったパノラマ写真を貼ります。歪んでいるのはご勘弁。


 市内の目抜き通りヴァーツラフ広場周辺の様子。廃車体を利用したカフェが目立ちます。サムソン塗装のタトラが結構走っていましたが観光客も韓国人が多いように感じました。


 上の画像はヴルタヴァ川東岸のもの、以下は川を渡った西岸のものです。まずはやはり観光客で賑わうマラーストラナ広場電停。
 ここは古い街並を見るべきところのようですが私が降りたのは近くにガントレット区間があるから、のはずだったのですが、電停の脇に「トゥルデルニーク」というお菓子を売るスタンドがあってつかまってしまいました。このお菓子はパン生地を棒にクルクル巻いて焼き砂糖やシナモンを掛けたもので、表はカリっとしていながらモチっとした食感もあり、小麦の味がよく出ていて地味な見た目以上のおいしさです。


 ガントレットを見たらマラーストラナ広場から電車通りを南下します。落ち着いた電車道はやっぱりいいなあ。この辺りにケーブルカーが走っています。


 地下鉄が走りショッピングセンターのあるアンデル電停。トラムはダイヤモンドクロスがあり多くの系統が集まる交差点ですが堂々と犬の散歩していたりどこかのんびりしていました。

 毎度まとまりがないままですがキリがないのでこのくらいで終わりにします。(2010年9月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(香港)鉄路博物館と乗りバス

2011-01-13 | 香港
 今回の題名に鉄路博物館すなわち鉄道博物館が入っていますが、内容のメインは香港鉄路博物館ではなく行くまでの「乗りバス」ですのであらかじめお断りしておきます。

 乗りバスのスタート地点は香港島の上環。まず蓮香居という有名店で飲茶をしてから(わやわやしてとても楽しいお店でした。)歩いて港澳碼頭巴士総站に向かいます。ここはマカオに行くときお世話になったフェリーターミナルに隣接するバスターミナル。実はマカオに行くとき「あそこからバスに乗りたいなあ」と思ったので改めて来たというわけです。


 ここから乗るバスは九龍巴士の182系統。香港島の中心市街を西から東に抜け海底トンネルをくぐり九龍半島を北上し新界地域にある愉翠苑(MTR馬鞍山線第一城駅近く)まで走る20kmを超える長丁場の路線です。
 もちろん乗るのは2階最前列の香港版マニア席(?)。この席はシートベルト着用の旨掲示があり万一の時に危険が多いようです。そのせいか見ているとどうも他の席から埋まりがちだったりしますが、これは他の席に比べ足元が狭いという理由もあるのではないかと思います。そういえば名鉄の今はなきパノラマカーもそんなところがありました。観光客ならバスマニアならずともここに腰掛けたくなるでしょうからうまく香港人と棲み分けできそう。
 
 発車するとまず上環・中環・金鐘と中心街を東に走り客を拾っていきます。画像の通り保護棒が目の前にあるのがやや目障りな感じですがこれは車窓に夢中になるとあまり気になりません。


 湾仔から一旦高架に上がり海底トンネル(紅磡海底隧道・有料)にもぐります。トンネル内は混んでいてゆっくりめの走りでちょっとかったるいかも。海底トンネルと言ったって別にお魚が見えるわけじゃないし。でもなぜか路線バスが海底トンネル通るっていうと東京湾でも結構ドキドキするものです。


 九龍半島の紅磡に出ました。海底トンネルに引き続き1号幹線という立体交差が整備された道路を北上するので走りはスムーズです。


 徐々に緑が増えてくると獅子山隧道(有料)に入ります。Lion Rock Tunnelと意訳なのが香港らしいかも。ここを抜けるとほどなく1号幹線を降りてMTRの東鉄線・馬鞍山線の大囲駅前に到着。ここで下車します。港澳碼頭からは50分程度、同じ区間をMTR(地下鉄)だけで移動しようと思ったら2回乗り換える必要があるのでバスもありだと思います。ちなみに乗ったバスは鉄腕アトムの広告入りでした。


 大囲からは東鉄線に乗って4つ目の大埔墟駅へ。東鉄線には釣り掛け車両が走っているがうれしいところ。騒音対策がしっかりしているからか聞こえる音は小さめですけれども、しばし釣り掛け音を楽しみます。

 大埔墟駅に着いたらとりあえず香港鉄路博物館(9~17時開館・火曜休館)に行ってみます。場所は大埔墟駅と一つ先の太和駅の間くらいにあり案内に従って歩くと10分くらい。この博物館は「旧」大埔墟駅跡を利用したものなので現在の大埔墟駅は言わば「新」大埔墟駅という関係になります。
 言い忘れちゃいけないのはありがたいことに無料であること。近所の人っぽい手ぶらの人も公園代わり見たいな感じで憩っていました。趣のある駅舎やスターフェリーに似た転換クロスベンチシートなんかが私にはツボだったかな。

 ここで面白いのは結婚アルバムや卒業アルバムを撮影しに来たグループが目立つこと。中華圏や韓国では結婚するとき映画のワンシーンみたいな二人の写真を並べた豪華記念アルバムを作る習慣があり、背景はレトロめの洋風が好まれます。(例えばマカオにも)なので古い鉄道施設が背景に使えるこの博物館が好まれるのでしょう。卒業アルバムはちょっと変わったところで撮りたいくらいの理由なのかな。いずれにしてもばっちり衣装とメイクをキメた幸せなお二人さんの側で帽子にガウンの学生さんが撮影しているというのは面白いものでした。なおあまりに撮影隊が多く来るのか一応結婚撮影禁止の旨掲示は出てはいますが、建前はともかくヤボこと言いっこなしで黙認されているようです。


 博物館見物のあとは周りをちょっと散歩することにします。大埔墟の「墟」は定期市の意味。博物館周辺には定期市から始まった(卸売ではなく商店街的な意味での)市場が広がり賑わっています。


 産地が書いてある青菜がおいしそう。香港の軽食店に入って油菜(ゆで青菜)ちょうだい、って言うと「菜心、芥蘭、○○、××(私は広東語できないのでよく聞き取れません)、どれにする?」なんて返って来たりしますが、青菜好きな土地柄なのかな。菜っ葉好きとしてはうれしいことです。


 奥にネコちゃんみっけ。香港の市場ネコは割とおっとりしているような気がします。売っているものからして追っ払われるシーンも多そうな気がするのですが意外と香港人って鷹揚なのかな?


 見物が終わったら最後はまたバスでシメます。お目当ては博物館近くの南盛街バス停を通る73系統。バスの冷房化が進んだ今珍しくなった非冷房車のみで運行されている系統です。もともと暑くない12月ではそう非冷房らしさ(つまりは蒸し暑くて不快な乗り味)は味わえないわけですが、香港の冷房バスは涼しい日でも冷房を強く入れていて寒かったりするので非冷房車の方が快適なくらい、暑い時期とは別の意味で非冷房らしさを味わう結果になりました。

 というわけでカタチとしては香港鉄路博物館に行ったけど実際は乗りバスを楽しんだという話でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加