乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

台中で乗りスクーター

2010-05-10 | 台湾・台中市
 今回は台中。夜台中に着いて翌日の昼にバスで桃園空港へ、というスケジュールで台中駅前に着き、宿をとるところから話を始めます。さてどこに泊まろうかな。

 統聯ターミナルの向かいに背包客旅店だか南北大飯店だか、バックパッカーなんて書いてあるかと思えば休息料金が書いてあるよくわからない気になる宿があったので気になりとりあえず部屋を見せてもらいます。

 うーん、なんと言うかただの狭い商人宿という感じですが、そもそも私はバックパッカーというものの定義が一体どういうものなのかいま一つ理解できていないので文句のつけようがありません。山に行くときのバックパッキングという言葉ならそれなりに馴染みがあるのですが、旅行にリュックサック使うのもごく普通のことだし貧乏旅行する人くらいの意味でいいのでしょうか?でも普通にバック持って貧乏旅行する人も多いだろうし、どうもこの言葉は意味とか定義がよくわかりません。
 話を戻すと部屋は窓はないけど風呂もトイレもクーラーもありとりあえず不潔ではなかったので一泊450元払って泊まることにします。

 さて宿が決まったら駅の近所でスクーターを借りました。台中に限らずですが、バイクの多い台湾ではそれを当て込んだようにお店が集まり夜市があったりするのでスクーター停め停め買い物や買い食いする楽しさは格別です。
 ちなみに以前台湾では国際免許が使えず日本人旅行者が自動車・二輪車を運転するには台湾で免許とるしかなかったのですが、今は台湾専用の「翻訳文」をJAFで作ってもらって日本の免許と一緒に持っていくと合法的に運転できるので免許があるなら使わない手はありません。
 ただそのため基本的に公共交通が大好きとは言いながら市内交通にバスよりスクーターを選ぶことが多くなってしまいバスマニア失格状態ですけれども…。

 でバイク向けの商店の例ですが、例えばこの中華路付近の夜市のように広めの通りに間隔をあけて店や屋台が並んでいるようなところはいかにもバイクを当て込んでいる感じがします。歩きながら見るにはちょっとまどろっこしい間隔ですから。


 ではとりあえずガイドブックをながめて美味しそうに見えたお店に向かってみます。まず中心部から西、中美街にある向上餃子で1粒2元の水餃子を食べてみました。手作りの水餃子は安くて美味しい小さな幸せって感じです。


 夜も遅くなってきたので逢甲大学の前に広がる逢甲夜市に向かいます。台中を代表する大夜市と名をはせるだけあり一帯には店がひしめきあっていて平日の夜1時でもまだ結構開いている店がありました。


 屋根つきの建物の中にひろがり逢甲夜市の一角をなす旗艦夜市。欧米系をうたうのではなく日韓服飾というのが興味深いところです。


 台湾に行くと一度は食べたい臭豆腐を食べていないことに気づき適当な店に入ってみます。素食すなわち菜食料理をうたう店だったせいか味の傾向もあっさり目で悪くない感じです。結構繁盛していました。


 翌朝はやはりスクーターで台中駅の裏口などウロウロ見物します。そういえば昔の品川駅も裏口はずいぶんとちんまりとした田舎の駅みたいでしたが、この台中駅の裏口もそれを思い出させるようなかわいらしい駅舎。ややごてっとして正直暑苦しい感じもある「立派な」表口より私はこっちの方が好みです。


 裏口出て右に行ったところにあるお菓子屋さん林信一福堂。ちょうど包んでいたレモンケーキをひとつ試食させてもらいます。てらいのない素朴な味がいい感じでした。


 さて台中銘菓と言えば太陽餅ですが、以前お土産に買ったら家人や友人に「正直定番のパイナップルケーキの方が好き」と言われてしまったのでここでパイナップルケーキを購入。あげた連中に太陽餅の感想を聞いたら素朴すぎるとかモロモロ過ぎて食べにくいという非常にだらしない意見が返ってきたものですが、パイナップルケーキのフルーティーでわかりやすい味の方が万人向けなのかも。実のところ私も好みはパイナップルケーキ寄りです。太陽餅も好きではあるので下さるというならもちろん大歓迎ですが。(催促しているわけではありません。)
 ちなみにこれは台中駅構内で売ってた台鉄PP自強号ハートイチゴ太陽餅。なかなかカワイイものですね。


 駅の裏口に話を戻して民意街市場に行きます。この市場の一角にあった三広というお菓子屋さんでさらにパイナップルケーキを購入しておきました。何でも日本の菓子展に出品したこともあるのだとか。


 駅の表口にあるホテルに戻ったところでお茶を買い忘れたのを思い出し、近所で適当なお茶屋さんに入って買っておきます。こういう古い秤は時々見かけるとうれしくなりますがよくもつものですね。

 さて以上「乗りスクーター」の画像を貼りましたが、今回はそのせいで結局台中の街バスはなしで終わってしまいました。あわただしい行程だとどちらかになってしまい残念です。最近台中の市内バスは充実してきているそうなので次は乗らなくちゃ。

 以下は蛇足。荷物をまとめて12:00発の桃園空港行き統聯バスに飛び乗ったのは発車3分前。すぐ発車するので時計を見たら2分ほど早発だったのでちょっとびっくりです。(もちろん時計は後でチェックしたら合ってました。)こんなこともあるのでご用心。車内も外観も緑がまぶしい統聯バスの画像で終わりにします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北港

2010-05-08 | 台湾・雲林県
 今回は朝天宮という廟の門前町として有名な台湾中部雲林県にある北港の画像を貼ります。(乗りバス話はこちらです。)

 まずは北港の玄関口の一つ嘉義客運のバスターミナルの画像から。

 弧を帯びた壁に社章という外観もいいのですが、中に入ると切符売り場や乗り場の行き先案内など実用本位のてらいのなさに年月の味をたくわえ、やや狭めの空間は非常に落ち着いたほっとする雰囲気に満ちています。バスの天井には職員のおじさんが載って何やら作業中なのが見えますが、すぐ上が建物の天井なので何かの拍子につい立って頭をぶつけそう。

 さてここ北港では行き会った方が自転車を貸してあげると言うのでご好意に甘えることにしました。当初は歩きだしめんどくさいので朝天宮でお参りしたらすぐバスを乗り継いで先に向かう予定でしたが、折角自転車に乗るならと滞在時間を延ばしサイクリングがてらサトウキビ鉄道の廃線跡を見に行くことにします。

 まず台糖量販のショッピングセンター近くの廃線跡を見ると緑がまぶしい統聯バスとダミーの軌道が組み合わさり何だか妙な感じです。廃線敷沿いの道路には案内が多く立ち歴史的経緯の説明書きも貼られ観光資源として整備されていました。おかげで全く下調べもして来なかった私でも結構見てまわることができたというわけ。ありがたいことです。


 町中の廃線敷に沿って走り、流路の遷移の関係か少々ズレはあるもののほぼ雲林県と嘉義県の境になっている川、北港渓にかかる復興鉄橋まで来ました。878mありかつて台湾のサトウキビ鉄道で最も長い橋だったそうです。惜しいことに一部崩落していますが、ややか細い橋が長く続く様子はなかなかの迫力です。


 鉄橋見たしじゃ朝天宮にお参りに行くか、と思ったら行き会ったお年寄りが「向こう岸に行くともっとキレイになっているから見ておいで。」と炊きつけてきます。自転車もあるし行ってみるかな。
 近くに橋がないので下流にしばらく走り、まだ新しい人道橋「北港観光大橋」を渡ったら嘉義県。対岸を上流に走ります。途中なかなか立派な廟を過ぎやや飽きてきた頃復興鉄橋の反対側が見えてきました。


 やれやれ着いたと自転車を停め見物してみると確かに整備され非常にキレイです。ホームもあって今にも何か走ってきそうですが、今後どうなるのでしょうか。


 線路は先に続いていますが予定していなかった廃線跡見物なので時間の都合もありこれ以上深追いせず引き返すことにします。帰りは北港観光大橋から少々下流の北港大橋を渡って北港に戻り朝天宮参りに向かいました。参道には美味しそうな店がならびます。またこの辺りどうもゴマが名物らしくお菓子やらペースト、胡麻油なんかを売る店も目に付きました。


 参道では有名店という老受鴨肉飯に寄ってみました。鴨肉飯もスープもシンプルな美味さです。


 以下さらに北港での食い物画像を続けます。まずは百年老店をうたう暗光担仔麺。嘉義客運ターミナルのすぐ近くに移転のお知らせが貼ってあったので興味が沸き行ってみました。入ってみるとお店の子供が客席で宿題やっているような台湾のその辺の食堂によくある雰囲気でとりたてて老舗らしさはありません。台湾の老店にありがちなこんな感じの雰囲気って大好きです。出てきた担仔麺はつみれ団子が入っていて地味めなのが面白いところ。台南の担仔麺よりおとなしい味でした。


 最後は民主路と文化路が交差する円環にある紅焼青蛙でシメます。円環はバス通りなのでバスを見ながらカエルを食べることができるというお店。ということで逆にバスから見た円環の画像から並べます。

 カエルのスープを頼んだら内臓を出した大きな蛙が丸々2匹入っていて結構食べでがありました。意外だったのは皮を剥いていないこと。そのせいでややごわごわし、もともと小骨が多いこともあってちょっと食べにくいのも正直なところ。皮に縞々模様があり結構大きいところを見るとウシガエルのたぐいなのでしょうか?カエル通ではなので種類まではよくわかりませんが、肉はあっさりしていて小味のきいたなかなか美味しいもの。

 ところでこのお店のまん前にある円環の噴水を見るとカエルのオブジェがくっついていました。お店との関連があるのかどうかちょっと気になるところです。

 というわけでお宮より廃線跡とカエルが印象に残ってしまった北港見物でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

副瀬の義愛公

2010-05-07 | 台湾・嘉義県
 今回は嘉義県の朴子からバスに15分ほど乗ったところにある副瀬という小さな集落の画像を貼ります。例によってまずは副瀬までローカルバスに乗ることが目的でしたが、この集落には植民地時代に赴任した日本人森川巡査が義愛公として祀られている「富安宮」があるというので寄ってみました。なお乗りバスについてはサイトをご覧ください。

 さてバスで着いた副瀬の集落は軒下で牡蠣を剥く人がよく目に付き、あとは海鮮食堂がちらほらあるという感じの静かなところでした。集落を抜けると養魚池が目立ち、それからえーとなんだっけ…とにかく地味な印象です。


 副瀬のバス停からその辺のおじさんに聞きつつ北に歩くと5分とかからずに富安宮に着きます。

富安宮には多くの神様が祀られています。後列左端から2番目と前列の左端2体、計3体の神像が件の義愛公。

 ここではお土産にカラー写真の入った小冊子『義愛公伝』(著者:王振栄氏)の日本語版を頂きました。以下ちょっと長くなりますが話の行きがかり上本文の直接引用は『』をつけつつ内容をざっと紹介しておきます。

 貧しい副瀬に赴任した森川清治郎巡査は自腹切って教育や衛生環境、農業の改善に尽くす『一般に植民地の人々に好感を持たれぬ異民族の下級官吏』にもかかわらず慕われる人物だったのだそう。冊子に森川巡査と他の巡査が制服着て集まっている写真がついていましたが、みんな靴履いている中一人だけ脚絆に台湾の草鞋を履いているのでかなり目立ちます。よほどの変わり者というか、少なくとも「上から目線」ではない人だったのが何となく伺える感じ。

 そんな中新たに住民に重い漁業税が課されことになります。貧しい住民たちから上層への税減免の嘆願を求められた森川巡査は上役に現地の窮状を上申したところ住民の納税抗拒を煽動していると疑われ戒告処分を受けてしまいました。結局森川巡査は『貧困に喘ぐ善良な村民と植民地で権威を笠に着る上司の板挟みに』なって自殺します。これが1902年のこと。

 それから後の1923年、隣の集落で脳炎が流行り副瀬にも拡大するかと恐れられていた頃に森川巡査が住民の夢枕に立ち、衛生に注意するべしとのお告げがあったのだそう。お告げを守った住民は伝染から免れ、それを機に森川巡査を義愛公という守護神として祀るようになった、というのがカミサマとしての義愛公の由来だそうです。

 ちなみに自殺の直後住民は遺体を見ても『後で、官憲に「お前達が殺したのだろう」と、嫌疑をかけられるのを恐れ』遺体に近寄らず、『日本官憲の追及を避ける為家に掛け戻って家財をまとめ逃亡の準備を始め村内は大騒動になった』のだとか。
 『このような本能にも近い強迫観念は、過去に幾多の政権の苛政を嘗めてきた植民地の人民としての無理からぬ悲哀である。』とまとめてありますが、この辺りに住民のホンネとか置かれていた気の毒な状況がうかがえます。そんな中でおっかなくてイヤ~な植民地支配そのものである日本人巡査が日本に抗って自殺したのですから住民が神と祀ったのも無理のないことなのでしょう。

 話がマジメな方に行ってしまいまいましたが以下蛇足。副瀬での心残りはバスの乗り継ぎ時間の都合で特産の牡蠣を食べる時間がなかったことです。次に行く機会があったらぜひ牡蠣を食べたいものですが、さていつになるやら…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朴子

2010-05-06 | 台湾・嘉義県
 今回は先月末に乗りバスしたときに乗り継ぎで1時間半ほど時間つぶしをした嘉義県の朴子の画像を貼ります。乗りバスについてはサイトを併せてご覧ください。

 まずは嘉義客運の朴子バスターミナルの画像から。電灯のつくバス行先表示にジリジリ発車ベルという時代がかったものとなんとなくお祭り気分の飾りつけが同居しウキウキします。


 バスターミナルを出て左手に歩くとすぐに第二市場があります。さして変わった点もないような普通の市場ですが、牡蠣の産地が近いためか殻の付いた牡蠣を剥いて売るお店がよく目に付きました。


 第二市場を抜けた先には鉄道跡地を緑道化した鉄支路公園があります。公園と言ってもただの緑道ですからごく地味です。食べなかったけど肉粽の方が気になるかも。


 鉄道系モニュメントはもう一つ、旧朴子駅跡に作られた樸仔脚火車頭公園があり蒸気機関車が静態保存されています。

 位置は嘉義客運のバスターミナルから右手に進み配天宮参道の交差点を右にしばらく行ったところです。(配天宮は左に真っ直ぐ行った突き当り)なお私は嘉義客運ではなく新営から新営客運バスに乗って朴子に着いたのですが、その際下ろされたのはこの公園の目の前でした。

 さて朴子を代表する名所、配天宮は残念ながら改装中なので参道だけ見ることにします。参道には飲食店その他が並びいかにも門前町という風情。朝でまだ開いていない店が多かったのですが見たところ牡蠣料理の食堂などなかなか美味しそうでした。お昼時の訪問でなかったのが残念です。


 そんなこんなで朴子ではバス待ちの1時間半は結構あっという間に過ぎました。ここのようにバスターミナルから歩ける範囲に色々あると退屈せずに済み助かります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新営

2010-05-04 | 台湾・台南市
 台南県北部の新営には台鉄の新営駅から比較的近いところにサトウキビ鉄道を利用した観光用鉄道があるため寄ったことがあるという鉄道マニアの方も少なくないと思います。先週その新営に乗りバスのために寄ってきたのでそのときの画像を貼ります。

 話は夜9時をまわって新営駅前に着いたところから。ただし画像は真っ暗のを貼っても何なので翌朝のものを。駅前は広い割にあまり活気がない感じですが、宿はいくつも見えるので夜着いても特に不安はありませんでした。もし良さげな宿がなかったら終列車に間に合う時間なら西部幹線に乗って近所の街に移動すればいいだけではあります。


 これといってあてもなかったので何となく看板がキレイめに見えた添福商務旅館に入ってみます。場所は駅を出て左側の中山路。ちなみに元は添福大旅社という名前だったようで部屋の備品などに添福大旅社とか添福旅社と書かれているものも多かったり。台湾の宿は名前が割といい加減みたいで特に珍しいことでもないのですが。


 とりあえずいくつか部屋を見せてもらうことにします。廊下の指差しマーク、指す指が人差し指と中指の二本なのが面白いかも。台湾式あるいは中華圏式なのかな。
 というところで一瞬ニホン式、と思ってしまったので赤面しています。オヤジギャグが出るような歳になったのかな…。


 建物自体は結構古いのですが料金ランクが上の部屋はキレイに改装してあってなかなか悪くない感じです。これは650元の部屋。


 一番安い部屋は?と聞いたら400元だそう。窓はなく(一応あるけど開けると廊下)改装前で壁はひび割れているものの広さは結構あります。掃除は結構キチンとされていて特に問題は感じなかったのでここにしました。どうせもう夜で朝から乗りバス、あとは寝るだけですし。


 タイル貼りの小さなバスタブ。ガタイのいい人が入ったらお尻が抜けなくなりそうです。


 宿が決まったので荷物を下ろして食事しに出ます。駅前が寂しいのでフロントで店の多いところを聞いたところ、ホテルの前の道(中山路)を駅と反対側にずーっと行って円環(ロータリー)を越えさらに進むと店が集まっているとのこと。じゃ歩くか。
宿を出てまず見えるのが廃線敷。「鉄支路花園」という名の小公園に整備されており、夜はライトアップされなかなかムードがあります。


ホテルから4~500mくらい歩くとひとけのない円環。行く方向とは違う方の遠目に明るい建物が見えると思ったら台南県警察局でした。


 円環からさらに2、300m歩くとようやく飲食店がパラパラと集まっている一角に出ました。と言ってもそれほどにぎやかではありませんでしたが。ところで台湾の本屋でガイドブック立ち読みすると新営のところに「華味香鴨肉羹」なる店が書いてあって気になったのですが夜は9時閉店だそうで遅く着いた私は間に合いません。しかしそのせいで鴨が食べたくなっていたので目に付いた適当な鴨肉の食堂に入ってみます。私は鴨に限らずトロみのついたスープ「肉羹」系よりトロみのないスープの方が好みなのでとろみなしの鴨肉麺にしました。台湾には鴨肉の食堂が多くて安いのでうれしくなります。


 食後はその辺にあった果物屋さんでマンゴー氷。


 鴨腹で宿に戻って寝たら翌朝は駅前にある新営客運ターミナルから乗りバス。朝起きてのんびりした地方都市の路線バスターミナルに向かい切符買って乗りバス開始というのは実に気持ちのいいものです。

 というわけでわざわざ泊まる必要もあまりなさそうなところですが、泊まって困ることもなかった新営でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加