乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

メンマの大埔

2010-04-30 | 台湾・嘉義県
 今週台湾で乗りバスしてきたので合間に降りたところの画像を何回かに分けて貼り付けます。(乗りバスの画像はサイトをご覧下さい。)
 今回はまず嘉義県にある曾文水庫というダムの湖岸、大埔という集落の画像を紹介します。大埔は嘉義駅からのバスは1日2往復所要2時間弱、またマンゴーで名高い台南県の玉井からのバスは1日3往復1時間少々とやや不便な山の中にあります。
 さてここの特産物はメンマの原料麻竹です。日本にも輸出しているとのことですからひょっとして私もお読みの方もどこかで口にしているかもしれません。また建材に竹が使われているというお家が多く残っているという竹の町なので街灯のデザインもこんな感じでした。


 地味な食べ物ではあるものの私はメンマが大好きなのでここまできたら少しは買って行かないと気がおさまりません。嘉義からバスに乗ってきたらは農会、日本で言うところの農協の前に着いたのでまずは農会に入ってみます。壁には「自強号の由来」が貼ってありました。こんなスローガンのたぐい意外にしぶとく残っているものです。

 さて中の売店では日本の昔の農協みたいに米だとか油なんかを売っているが目に付きます。しかし職員さんに聞くとメンマは売ってないとのこと。結局売ってるとこへ連れてくから、という流れになりバイクの後ろに載せてもらいます。お仕事の邪魔してすみません…。

 というわけでメンマ工場というか作業場兼倉庫に連れて来てもらいました。バイクで来たもののそれほど遠くなく農会から歩いて10分とかからないところです。メンマの匂いがプンプン。倉庫にくっついている建物は竹が使ってあり曲線がいい味出してます。自然な曲線と白い壁の組み合わせにちょっと韓国の古い民家を思いだしました。


 倉庫に入ると日本に輸出するというメンマが積んであります。こんなところですからちょっとばかりの小売は予想していないわけで「何斤いる?」と言われたときにたった1斤(600g)と返事するのはちょっと気がひけました。荷物背負っての旅行でなければもっと買って行きたいところですけれど…。
 もっともたった600gとは言えメンマは水で戻すとかなり膨れるのでラーメン屋やってるわけではなく家庭で使う私からすればそれなりの量です。


 メンマを買って出た前の道端はお年寄りを中心に近所の人の溜まり場になっていました。変なのが来れば目立つので挨拶するとお茶とお菓子をご馳走になって行く流れになります。飛び交う台湾語の中でああ台湾語ができればなあと思う瞬間。


 肝心のメンマ購入が済み喉と小腹もおさまったのでその辺を歩いてみることにします。歩いていると特に探さなくとも竹を使った家が目に付きました。


 竹の建物とバス停の組み合わせもなかなかぐっと来ます。


 集落の中心にある北極殿に来ると露店が出ていました。


 さてメンマのことばかりで危うく忘れそうでしたが、大埔の大きな目玉は曾文水庫つまりダムそのものです。集落から10分ほど、立派なゲートをくぐりバナナ畑の中を歩いて行ったところに情人公園という結構大きな公園があります。
ダムの景色がキレイに望めるはずなのですが、残念ながら渇水で底が見えている状態でかなり殺風景でした。日頃の行いが悪いからかな…。


 で農会前のバス停に戻ってきました。バス停前のよろず屋にあった切手類販売所の看板。台湾ではごく普通にあちこちにあるものですがなかなか渋くてシャレてます。ダムで取れる魚を出す食堂が何軒かあり看板を出していました。

 というところで時間切れになり玉井行きのバスに乗って大埔を出ました。行く前は食事時でもないのに2時間も乗り継ぎ時間があって退屈しないか心配でしたが、行ってみるとうろうろしているうちに時間が過ぎてしまいました。バス、メンマ、ダム(脈絡のない並びですね)のどれかが好きな方なら行ってみるのも悪くないと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加