乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

ニュルンベルクで飲み食い

2017-06-30 | ドイツ
 路面電車博物館や鉄道博物館を見物するためニュルンベルクに行きました。ニュルンベルク中央駅に着くのが遅かったため食事に出るのがめんどくさい気もしてくる一方夜だしビールでも飲みたいなあという気分にもなったりで厄介なものです。ともあれ地下鉄と路面電車を乗り継ぎ旧市街の北西の入口に位置するTiergaertnertor停留所へと向かいました。

 着いた停留所は暗く静かですが城壁のトンネルを抜けて旧市街に入ると急に賑わっているのでこうなるとめんどくさいよりも飲みたい気分の方が盛り上がります。

 客入りがよく賑やかなHuett'nという店に入りニュルンベルクの名物になっている小ぶりのソーセージを頼みました。小ぶりでも黒パンとザワークラウトと食べビールを飲むとちょうどいいくらいにお腹が膨れます。

 食べる方は満足したものの店を出たらもう少しビールが飲みたくなったので向かいのAltstadthofという飲み屋に入ってハシゴしました。Rotbierという赤いビールを飲んでいたら隣の人となんとなく話になりソーセージを食べたのだったら次はショイフェレ(Schaeufele)という料理を食べてはどうかというので翌日はそうしようと決めます。

 というわけで翌日のお昼もまた旧市街に向かいました。前日の繰り返しでもトンネルをくぐるのはなんだかワクワクするものです。

 これまた繰り返しでHuett'nに入りショイフェレを頼むと骨付きの結構でかい豚肉が出てきました。外側はカリカリになるまで焼かれていて内側は柔らかくあっさりした味のソースがかかっています。ジョッキのラオホビアを飲みながらジャガイモ団子の付け合わせと食べていくとなかなかの量ですがくどくない味つけなので食べ疲れませんでした。こうなると昼からもっと飲みたくなってしまうのが困りものであとの旅程を考えてガマンになるのが残念です。
ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドレスデンの渡船 | トップ | 花蓮でワンタンと小籠包 »

コメントを投稿