乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

津軽鉄道VS弘南バス(後編)

2012-09-15 | 青森県
 五所川原→斜陽館前(金木)の弘南バスに乗った前編のつづきです。金木からの復路は津軽鉄道で五所川原に戻りました。

★金木駅
 津軽鉄道の金木駅は斜陽館などの観光施設がかたまる町の中心から少々東に離れた場所にあります。と言っても歩いて500m弱ですからたいしたことはありませんが。駅舎は割と新しくさっぱりしています。

 駅舎にぞろぞろと大勢人が入っていくのでなんだろうと見ると観光バスから乗り換える観光ツアーの団体さんでした。斜陽館他と津軽鉄道が一緒になったツアーなのでしょう。この手の観光ツアーが乗りに来るのは名物「ストーブ列車」のシーズンだけかと思っていたらそうでもないんですね。(右の画像はストーブ列車の名がついたお酒の箱。)

 その団体客をさばくため、定期列車に2両も貸切用車両をつなげた3両編成の津軽五所川原行きがやってきました。(前1両が一般客用・後2両が団体客用)一般客側には私同様「鉄ちゃん」らしき姿が見えましたから「遊び乗り率」が相当高い列車ということになります。

 新しい気動車が入っているのは大変結構なことですが、窓は開けられないし私の好みからすると正直あまり乗りたい要素がなかったりも…でも津軽鉄道は恐ろしいことにタブレットにスタフに腕木に硬券と全部健在ですからそこと新しい車両とのギャップは面白く「見物鉄」として楽しめました。(津軽五所川原駅では使用済み硬券を10枚100円で販売していて手頃なお土産になります。)

 どわーっと出入りする団体客の中を泳ぐように津軽五所川原行きに乗り込みボックスシートに揺られていると、アテンダントの方が御用聞きよろしく各席を回り個別に観光相談が行われ、津軽弁を交えた観光アナウンスが流れ物販が回ってきたりと見事な観光列車ぶりを見ることができ感心するばかり。頑張ってるなあ。

★(津軽)五所川原駅
 というわけで往路は弘南バスで出発した五所川原に戻ってきました。スタッフの方々も気動車もお疲れさまです。

 五所川原のホームは古レールの展示があったり使わなくなった貨車や気動車が置かれ、それらが適度に古びて落ち着いた空気でした。

 虫かごは「鈴虫列車」用の鈴虫。ストーブ列車は冬のものなのでそれ以外のシーズンの目玉作りも必要というわけです。ストーブ焚かなくても古さだけで十分凄い客車じゃダメなのかな?DD35だってかなり古いし、などと一瞬思ってしまいますが、それこそ蒸機でもあればともかくやはり鉄道ネタだけではあまり興味を持たれないかな…。

 そのほかホームや跨線橋に散らばる「字」も味があるものが多くしみじみ見てしまいました。




 (津軽)五所川原駅の構内(改札内)はJRと津軽鉄道が共用しているものの駅舎(と改札口)は2つあり、乗客は勝手に自分の乗ってきた鉄道の方の改札口から出て行く、というちょっと面白いシステムです。津軽鉄道側の改札から出て駅舎内に入るとなんとも渋く、時刻表は弘南バスのターミナル同様縦書きなのもうれしくなりました。表から駅舎そして本社を眺めると堂々たる貫禄。道を挟んで向かい合うバスターミナルと共になんともいえない良い雰囲気です。

 というわけで五所川原~金木間の乗り比べ、「VS」とあまり考えもなく対決仕立てみたいな題名にしましたがどっちも味わい深く甲乙つけがたいというありきたりのオチになってしまいます。敢えて(遊び乗りの)使い分けを考えると話のタネには津軽鉄道、観光テイストが苦手な向きには弘南バス、というところでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津軽鉄道VS弘南バス(前編)

2012-09-14 | 青森県
 津軽半島の観光地と言えばまずあがるのは太宰治ゆかりの斜陽館などがある金木ではないかと思います。
 その金木の玄関口になるのがJR五能線の五所川原駅。ここから金木まではストーブ列車で有名な津軽鉄道がそれ自体観光資源のようになっているほか、弘南バスの小泊線でも行くことができます。先日江差線に乗ったあと青森を通ったのでちょっと五所川原に寄り道しその両方に乗りくらべてみることにしました。

★五所川原のターミナル
 時間の都合で往路を弘南バスにしました。五所川原駅を出るとすぐ前に弘南バスのターミナル(五所川原駅前案内所)があります。

 ここに来るのは十年ぶりくらいですが、その「ひと昔」前は建物は同じでももっと古めかしい雰囲気でした。今はかなり改装されスッキリしていたのでちょっとびっくり。

 とは言え切符売り場・自動販売機に売店・そば屋・おやき屋(大判焼のようなもの)と揃い「生きている」感じがするバスターミナルなのでうれしくなります。この雰囲気はなんとなく韓国のバスターミナルに通じる感じかも。

 時刻表が漢数字のタテ書きというのもいいなあ。この体裁の時刻表もなかなか見られなくなってきましたね。この日乗るバスの運賃を見て1000円で1150円分使える回数券をひと綴り買っておきました。(なお土日祝なら「ワンバケーションパス」という1000円の一日乗車券が使えます。)


★乗りバス
 さてではそろそろ乗るバスの時間。五所川原ではローザやリエッセといった小さい車両を多く見たのでそれが当たったらちょっとつらいなあと不安になったりも。

 幸いやって来た小泊行きはこの通り中型の「バスらしいバス」だったのでひと安心。しかもここのターミナルではうれしいことに「ジリジリ」というベルで発車します。そういえば今発車ベルが鳴るバスターミナルってどのくらい残っているのでしょうね。台湾にもあったりしますけれども。

 割に新しめな顔の割にステップが高く床は木の板でこれもうれしい点。

 このバスは基本的に国道339号線を北上するバスで道路は比較的あっさりしていますが、嘉瀬辺りはちょっと面白い雰囲気。まずは「秀吉を名乗る人物」関係施設の看板が見え、さらに吉幾三にちなんだ観光施設「いくぞうHOUSE」(現在は閉店し「津軽すこっぷ三味線快館」という施設になったものの元の看板はそのまま)と続き、国道から逸れ嘉瀬の集落に向かう細い道に入り、と見どころ(?)が続きます。


★金木
 嘉瀬を抜けると間もなく金木の町中に入り、文字通り斜陽館のすぐ前にある「斜陽館前」というバス停で降りました。

 この付近には斜陽館のほか「観光物産館マディーニ」「津軽三味線会館(下の右端の画像)」と観光施設が固まっています。斜陽館見て津軽三味線聴いてお土産買って、と観光がいっぺんに済む合理的なところですから観光バスが何台も行き来し、申し訳ないけど斜陽気味というか過疎ってる町の雰囲気と大勢の観光客が妙な対比でした。

 というところで今回は往路までにし、津軽鉄道に乗る復路は後編に回します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加