乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

ウィーンからオロモウツへ

2016-06-30 | チェコ
 今月ウィーンに行きました。路面電車・地下鉄・バスと目移りする規模の大きな交通博物館も楽しければキレイなカフェもステキと浮かれると昼間からお行儀悪く甘いモノもワインも欲しくなります。

 さてウィーンはほどほどに切り上げ出来てまだあまり間がないウィーン中央駅でチェコ持ちのレールジェットに乗りました。レールジェットの食堂車ではピークを外してハッピーアワーが設定され大幅な割引がありウマいチェコビールのバドワイザー、ではなくブドヴァイゼル・ブドヴァルがたった1.2ユーロだったのでいよいよ幸せになります。ビールを飲んでいるうちにいつの間にか国境を越えてチェコに入りました。

 ウィーン中央駅から1時間くらいでブジェツラフです。ここでは以前気動車の動態保存車に乗ったときお世話になったローカル線用の切り欠きホームを見に行くとちょうど前回乗ったところとは違う路線に行く列車が発車というところだったのであわてて切符を買いValtice mestoまで片道約10分の区間を往復しました。Valticeは緑が多く気分の良さそうなところでしたが寄る時間がなく駅前のカフェでひと休みしただけなのが残念です。

 ブジェツラフに戻ったら新しそうな電車に1時間半ほど乗ってオロモウツに出ました。とりたてて好みの点があるわけではない車両ですがまずは快適です。と言ってもワインにビールと飲んだあとということもあってあまり乗り心地を味わうこともなくずっと寝ていたのですが。
 着いたオロモウツ駅は正面出てすぐの一番よい場所が路面電車なので私の基準でよい駅ということになります。例え路面電車があっても駅を出てすぐがタクシー乗り場だったり地下道やら歩道橋やらを通った遥か先がようやく電停だったりするとやや興ざめしますから。

 今回のオロモウツでは見物や「乗り」の時間はなく市電で街に繰り出しても夕食を食べるくらいしかできません。それでも街中を走る丸いタトラカーを見るとチェコに来たなあとなんだかうれしくなります。

 Moritzというビール醸造所直営のレストランに入ったところまずビールはさすがのウマさでした。またオロモウツはチーズが名物だというのでビールを飲むにはいいかとチーズ3種・肉3種のフライ盛り合わせというのを頼んでみます。しつこくなく大変ウマいフライではあったのですが6種もあるなら小さいのがちょっとずつだろうと油断したらチーズ6枚に肉5枚でかいフライがどっさりで往生しました。

 満腹だと歩くのがおっくうになるものですが電停が近くまた路面電車なら階段の昇り降りもなく混雑もなく、と東京のどっかで飲んで混んだ電車で帰るめんどくささを考えると天国のようです。ほろ酔いで乗る夜の路面電車というのはなんともいいものだと改めて思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ターボル・Tabor(チェコ)

2011-01-22 | チェコ
 今回はチェコの街ターボルの画像を貼ります。ターボルはプラハの南にありプラハ中央駅から列車で1時間半ちょいですからプラハから日帰りでも行ける距離です。私はオーストリアのリンツからプラハに向かう途中ここに寄りました。

 ではまずターボル駅ホームの画像から。3つの支線が分かれるジャンクションで、ホームに降りると2つの路線のレールバスが見えます。一つのホームに2列車が停まり前後に発車していく様子はなかなかかわいらしいのですが、どちらも製造初年は70年代の新しい(?)車両なので私はあまり食指が延びなかったりも。


 お目当ては駅の中ではなく駅前にあります。パノラマ画像をご覧いただければわかるように駅前に屋根もない簡素なホームが1面設けられ凸型電機が客車を従えています。ここから出ているローカル枝線がそのお目当てというわけ。

 簡素なホームに立派な行先と発車時間の表示がある意外性も面白いものです。イベントで走る保存車を除けば客車列車での運用なので電車好きの私としては日程が余ったおまけくらいのつもりでしたが、この駅前のホームから乗る意外性に始まる日本の地方私鉄とも通じるような雰囲気が全線で見られ予想以上に楽しめました。


 ちなみに泊まったホテルはこの駅前ホームのすぐ脇にあるHotel Slavia。値段は特に高くもなくキレイに掃除されているシンプルな宿で特に問題は感じませんでした。


 バスターミナルも駅前にあります。


 唐突ながら駅前で見た市内の路線バス。3扉車の路線バスなら日本でもおなじみですが4扉というのは初めて見たので驚きました。4扉が必要なほど混むことがあるのでしょうか?


 さて夕方着いて乗り鉄したらもう真っ暗ですが、せっかくなので一応旧市街を見物して来ることにしました。旧市街は駅から15~20分くらい歩かねばならず中途半端に距離があります。


 旧市街に着きました。9時くらいですが歩いている人が非常に少ないのでびっくり。


 漢字を知らない人がこさえた看板なのでしょうか。「なんとか中心」?


 そのうち旧市街の中心にある広場に出ました。


 なんだかくぐりたくなる通路があるので意味もなく出たり入ったりしてみます。


 夕食まだなので広場を見渡しHotel Nautilusというなかなか立派そうなホテルにくっついたGoldieというレストランに入ります。お客は私一人だけとやや淋しいものの窓から広場を見つつ落ち着いた雰囲気で食事できました。

 というわけでターボルではよくあるパターンで夜散歩しただけですが落ち着いた町並は昼間見物しても楽しめそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プラハの市電

2011-01-19 | チェコ
 昨年後半は9月中欧・11月台湾・12月香港と旅行が続き、サイトのコンテンツ製作に併せてブログの記事を作ったため時系列がぐちゃぐちゃになってしまいました。
 今さらですがこのブログの本館にあたるサイト製作の基本方針として、私と近い好みの乗り鉄の方(古い車両好き)がなるべく廃車・廃線などで乗り損なわないように、というものがあります。そのため古い車両が走っていて日本語の情報が少ないところの紹介が優先でそれ以外は後回しになるというわけ。画像の整理もそれに合わせるためこのブログがサイトに引きずられてしまう点ご容赦ください。

 以上言い訳で以下本題です。3ヶ月経ち今さらですが整理していない中欧の画像があるのでこれで数回引っ張ります。
 今回は市電を中心としたプラハの画像を。プラハの市電は保存車を除くと静かな車両のみなので釣り掛け好きな私は「乗り」にはそれほど気合が入りませんでした。その分電車見物ということになったわけですが、改めて見ると丸っこい車体のタトラT3が本場だからか街によく似合っているように感じなかなか楽しく過ごせたという次第です。このタトラT3には低床化改造された車両もあるのでまだ当分は頑張ることでしょう。

 ではまずアールヌーヴォーのプラハ中央駅構内のタテパノラマ画像から。傷みが目立ち修復が待たれるところです。


 こっちは中央駅の近所にあるマサリク駅の中とその周り。両駅の画像はサイトにも貼ったので併せてご覧下さい。
 

 プラハではマサリク駅にくっついたホテルCity Innに泊まりました。1晩だけの滞在で夜寝に戻っただけでしたが、斜めの天窓がちょっと楽しかったかも。ここから顔を出して撮ったパノラマ写真を貼ります。歪んでいるのはご勘弁。


 市内の目抜き通りヴァーツラフ広場周辺の様子。廃車体を利用したカフェが目立ちます。サムソン塗装のタトラが結構走っていましたが観光客も韓国人が多いように感じました。


 上の画像はヴルタヴァ川東岸のもの、以下は川を渡った西岸のものです。まずはやはり観光客で賑わうマラーストラナ広場電停。
 ここは古い街並を見るべきところのようですが私が降りたのは近くにガントレット区間があるから、のはずだったのですが、電停の脇に「トゥルデルニーク」というお菓子を売るスタンドがあってつかまってしまいました。このお菓子はパン生地を棒にクルクル巻いて焼き砂糖やシナモンを掛けたもので、表はカリっとしていながらモチっとした食感もあり、小麦の味がよく出ていて地味な見た目以上のおいしさです。


 ガントレットを見たらマラーストラナ広場から電車通りを南下します。落ち着いた電車道はやっぱりいいなあ。この辺りにケーブルカーが走っています。


 地下鉄が走りショッピングセンターのあるアンデル電停。トラムはダイヤモンドクロスがあり多くの系統が集まる交差点ですが堂々と犬の散歩していたりどこかのんびりしていました。

 毎度まとまりがないままですがキリがないのでこのくらいで終わりにします。(2010年9月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加