乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

マカオ(4)夜の市街地

2011-01-06 | マカオ
 マカオ(3)のつづきで、バスでコロアネ島から戻ってきた夜の市街地の画像を並べてマカオのシメにします。夜しか市街地を見る時間がなかったので…。まず夜のバスから貼ります。路線図をこのようにくるくる回して見る停留所を結構見かけました。同様のものは香港にも結構あります。


 さてではまずマカオのシンボルみたいになってるサンパウロ教会跡に行ってみます。漢字では大三巴牌坊とか聖保禄教堂、英語でセントポール教会など様々な書き方が並ぶのがうれしいところ。クリスマスを控えなかなか派手な飾りが出てました。暗くなってもそれなりに見に来る人がいて悪くない雰囲気です。
 

 こちらはマカオの中心地セナド広場(議事堂亭前地)のクリスマスイルミネーション。サンタは当然として中華の象徴(?)パンダがたくさんいるのは返還なった澳門らしさをアピールするためかな。大人向けのネオンがまたたくマカオの夜にこういうカワイイイルミネーションというのは好対照で面白いものです。


 結構楽しみにしていたのがミルクプリンで有名な義順牛奶公司。以前は広場に面していたそうでかつてあった場所に移動を知らせる看板がありました。今は広場から新馬路沿いを進み郵便局を過ぎたところにあります。素直な味がいい感じ。
 

 近所にあるカテドラル(大堂)。こちらではあまり浮かれていない雰囲気でありがたい方面の御誕生シーンが飾られています。


 ポルトガルっぽい細かな石畳。こういう柄ものはカワイイのでつい見てしまいます。


 さてマカオの夜と言えばやはり打ったり買ったりの方面という気がします。バスの経由地によく「リスボア(葡京・ポウキン)」と書いてあるマカオの有名ホテル「葡京酒店・ホテルリスボア」に入ってみました。ゴテゴテの内装ながら街の雰囲気にふさわしいからかあまり悪趣味に感じなかったりも。地下のホテル内商店街に行くと名物だという「流し」のお姉さんたちが拾われるためにぐるぐると歩いていて、遊びとは思えないマジメな視線で品定めするおっちゃんたちが集まっていました。お姉さんたちは買われるまで歩きっぱなしということになるのでしょうが「立ちんぼ」でじっと動かないよりはまだ体にいいと言えるのかな…。とにかくもご苦労さまです。


 ホテルリスボアを見物したあとは向かいのグランドリスボア(新葡京)で鉄火場に入ります。大きくタバコ臭いホールでスロットを見るとどうもパチンコ屋を思い出しますが、天井が高くてピコピコジャラジャラの騒音がなくディーラーがいる分上等な感じはします。ここではタダで配ってるお茶とプチケーキをご馳走になってお姉さん2人が何やらやっつけな感じでくねくね踊ってるステージを見て退散。何せタネ銭がありませんから。表に出たら都バスみたいな日本製のバスが来たのであわてて撮りました。


 表に出ると「押」=質屋が目立ちます。周りの環境にふさわしく「勝利押」いう名前で終夜営業だそうですがそういえば質草になるものも持ってないなあ…。打つ買うカネがないあんたはお引き取り願いますと言われてる感じ。


 というところでだいたい納得したので香港に戻るためバスでフェリーターミナルに向かいます。フェリーターミナルの窓口で香港までの船の切符買ったらお釣りは全部香港ドルでくれたので感心しました。(マカオでは香港ドルが通用しますが香港ではマカオパタカは通用しません。)香港に行く客向けには香港ドルでお釣り出すという決まりでもあるのか、単なる偶然か、窓口のお兄さんが親切だからかは不明ですが、いずれにしてもありがたいことです。

 マカオの画像はこれで終わりにして、次回からは香港の画像を貼ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マカオ(3)コロアネ島

2011-01-05 | マカオ
 マカオ(2)タイパ島のつづきです。

 今回はまずタイパ島からコロアネ島(路環島)に移動するところから。タイパ島観光の中心になる官也街バス停からコロアネ島に行くバスは本数が少ないようなので(70分毎の15系統のみ)、300mほど離れた澳門運動場バス停(コロアネ島に行く系統15・21・25・26・26Aが発着・最小間隔の25系統は15分毎)でバスを待つことにしました。

 待つ間来るバスを見ていると回送表示はもちろんのこと重量や定員までポルトガル語が併記されていてあらためてさすが一国二制度だと感心します。ポルトガル語を用意する手間がかかって大変ですからあまり面白がっては申し訳ないのですが、さて残り40年を切ったけど「一国一制度」になるときにどうなるのか楽しみです。


 澳巴の25系統黒沙海灘行きが来たので乗りこみます。車内ももちろんポルトガル語だらけ。


 タイパ島とコロアネ島は埋め立てによって地続きになっているので特に島から島へ渡っている感覚はなく、何だか新開地っぽいところ(コタイ・路氹城)を通ったなあと思っているうちにコロアネ島に着きます。降りた停留所は旧市街の広がる路環市区(ロウワンシキョイ)。
 

 降りるとすぐにロータリーがあり、21・26系統はここで折り返します。


 ロータリーの脇にはエッグタルトで有名な「ロードストーズベーカリー(澳門安徳魯餅店)」があり観光客が群がっています。隣の建物に由来が書いてあったので読んでみると、「ロード」と言っても創始者のストーさん(故人)が本当に爵位持っていたわけではなくてイギリス人の存在が珍しかったマカオの人が勝手にロードとつけて呼ぶようになったとか書いてありました。のんきな話です。
 それはともかくまずは味見。自家製というレモネードと一緒にエッグタルト買って早速店の前のベンチで食べてみます。なんというかとりあえず素朴な台付プリンという感じ。件の由来書きにもイギリス風に考えた独自レシピとあり、引き合いに出されがちなリスボンのベレンのが有名なポルトガルのパスティス・デ・ナタはあくまでヒントであって別のお菓子ですね。


 食べ終わったらその辺を歩いてみることにします。ベーカリーのすぐ裏手にはなんかカワイイ感じのEspaco Lisboaというポルトガル料理レストランが見えちょっと気になるところですがここで夕食食べる余裕がないので通過。ベーカリーの向かいからはフランシスコ・ザビエル教会に向かう客商街を南に入って行きます。入口には八百屋などあるものの夕暮れ時だからかあまり人を見かけず淋しい通りでした。


 すぐにフランシスコ・ザビエル教会に到着。ここにその遺骨があった時期もあるとか。教会自体カワイイ感じの外見ですし周辺もポルトガル風によく整備され海鮮レストランなんかがあって華やいだ雰囲気です。


 さらに南に進み図書館や小学校を見つつ海岸沿いの道がどん詰まりになると譚公廟。対岸がすぐに中国の珠海市だけあり歩哨の詰所がありますが無人でした。海岸沿いはよく整備された散歩道でのんびりした感じではあるものの、海岸べりの民家の庭を見ると鉄条網のついたフェンスが貼られややものものしいボーダーの雰囲気が顔を出します。


 といったところで暗くなってきたし一応満足したしでロータリーからバスに乗ってマカオの中心部に戻りました。 


 以上マカオの中心部を出てポークチョップバーガーにエッグタルトと食い物ばかり追ってタイパ島、コロアネ島と進む定番コースをたどったわけですが、いくら狭いマカオとは言え香港を昼に出て夜帰る半日では時間がきつい感じでした。とりあえずバスに乗れれば満足という私のようなマニアならともかく、のんびり観光しようという向きは夜遊びする気がなくとも香港から日帰りにせずマカオ市街地で1日、タイパ+コロアネで1日くらいとった方がいいような気がします。
 と長居したいと思ったくらいですから結構マカオが気に入ったというわけでした。次回のマカオ(4)に夜の市街地の画像を貼ってマカオの画像を終わりにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マカオ(2)タイパ島

2011-01-04 | マカオ
 マカオ(2)のつづきです。
 今回はマカオの街中にある水坑尾街(ショイハンメイガイ)バス停から澳巴22系統に乗ってタイパ島(氹仔・タムチャイ)に向かいます。


 マカオ本土とでもいうべきマカオ半島と隣のタイパ島の間はかつて渡船が活躍していたそうですが、今は3つも橋がかかりバスが頻発しています。最も多くの系統が走るバスのメインルートは3つのうち最初に作られた「澳氹大橋(嘉楽庇総督大橋)」で、私の乗った22系統もここを経由しました。


 タイパ島に上陸し市街地(氹仔城区)に入るとよく整備されている様子の狭隘区間を走ります。狭いと言っても一応歩道が確保された一方通行ですからギリギリ感はそれほどなくバスを降りた後行ってみると歩きやすい道でした。


 降りたのは氹仔中葡小学(タムチャイチョンポウシウホク)バス停。ここでの目的はバス停の目の前にある大利来記咖啡室という猪扒包(ポークチョップバーガー)で有名な軽食・喫茶のお店です。猪扒包は午後3時くらいから売り出すというのでそれを狙って着いたところ多くの人がぱくついていました。すごいと聞いていた行列は既に大したことなかったもののお客の切れる間がなくどんどん売れていきます。味は薄味の生姜焼き挟みパンという感じでパンの美味しさが印象的でした。


 食べちゃったら本当はすぐに乗りバスしたいところですが今回は連れがいるので観光します。と言っても3時過ぎではあまりのんびりもしていられませんからざっとですけれど。
 まず大利来記咖啡室のすぐ近くにある北帝廟に行くと中華圏で見かける蚊取り線香みたいな渦巻形線香が目立ちました。日本の蚊取り線香はひょっとしてこれから思いついたのでしょうか?


 北帝廟から路地を奥に入っていくと官也街、ポルトガルムードのある街並に観光客が集まっています。一帯は観光地として結構整備はされているものの空き家も目立ったりで過渡期という感じがしました。陳皮干してたり祠があるのはやっぱり中華。


 ポルトガル料理の店は結構多く目に付きます。ポルトガル名物「バルセロスの鶏」が書いてある公雞(意味はポルトガル語のGaloと同じ雄鶏)の看板はちょっとカワイイかも。


 官也街から300mほど歩くとカルモ教会(嘉模教堂)・龍環葡韻住宅式博物館(タイパハウスミュージアム)と主要な観光ポイントが固まっています。住宅というのは昔ポルトガルの役人の別荘だったそう。
 ここでは結婚アルバムの撮影ロケに来た婚前カップルご一行が目に付きました。結婚するとき映画のシーンみたいな写真が延々と並ぶ派手なアルバムを作る風習は中国のみならず台湾、韓国にもありますが、どこもプロのカメラマンを使って扇風機や照明なども持ち出したりとかなり本格的。
 ちなみに香港の鉄路博物館というところでもこうした撮影シーンを見ましたが、要はちょっとレトロな西洋風なものなら何でもいいようです。この辺り信者でもないのにチャペルで結婚式やる日本人と似たような感覚なのかな。


 売店とポルトガルのミネラルウォーターLusoの空き箱。ポルトガルのLusoは取水地の近くを列車で通ったことしかありませんが、閑散とした駅を思い出します。ただの水の分際であそこから遠いマカオまで来ているのかと思うとちょっと感心してみたり。でもそれを言ったらやっぱり遠くから運ばれて日本まで来るエビアンだのボルヴィックも似たようなものですね。


 というわけでやややっつけ気味にタイパ島観光を終え、またバスに乗って今度はエッグタルトを食べるためコロアネ島に向かいます。(つづきはこちら)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マカオ(1)港澳碼頭(フェリーターミナル)

2011-01-03 | マカオ
 年末に引き続き香港・マカオの画像を引っ張ります。今回から数回はマカオ(澳門)、観光目的であまり乗れていませんが一応バスを中心にして進めます。

 さて香港からマカオに向かうルートはいくつかありますが、そのうち最もポピュラーなのは香港島にある港澳碼頭(マカオフェリーターミナル)から船に乗る方法でしょう。とりあえず名物の2階建てトラムに乗ってそのターミナルに向かいます。

 港澳碼頭のある上環付近は折り返しループがありちょっとしたトラムの見所になっています。電車好きだとフェリーに乗る前にトラムにつかまってしまうかも。ぐっとこらえてフェリーターミナルに入ります。


 ターミナルの窓口で24時間体制でマカオ行き航路を運行するターボジェットの切符を買います。切符購入時には券面に座席指定がなかったのですが、乗船口のカウンターに座席表があり乗船の直前にチケットに番号シールが貼られ座席が指定されます。その際座席表の希望箇所を指差したらそこにしてもらえましたので一応。
 この航路は深夜帯以外は15分毎という頻発ぶりで気軽に乗れる路線ですが「特別行政区」を跨ぐため出国ならぬ出境審査通ってパスポートにハンコ押してもらう必要があるので一応国際便に準じた重々しい雰囲気もあります。
 余談ながらこのターミナル内にはいくつも旅行会社があって「飲む・打つ・買う」の「買う」方面とマカオまでの足代がセットになったおトクなクーポンを売っているのが目に付きました。日本だったら例えばソープランドと足のセットクーポンみたいなものでしょうからさすが商売に長けた香港という感じです。


 前置きの香港が長くなりましたが乗って1時間ほどでマカオのフェリーターミナル(マカオ側でも呼び名は港澳碼頭)に着きました。入国カードは中国語・英語・ポルトガル語の三ヶ国語。いくら一国二制度とは言え返還10年以上が経った今ポルトガル語で書く人は相当少ないのではないかと思うのですが、一体どのくらいいるのでしょうか。


 フェリーターミナルを出て右に進むとすぐに路線バス乗り場。マカオの路線バスは新福利公共汽車と澳門公共汽車(澳巴)の2社があり両方ともこの乗り場から出ます。乗り場にはちゃんと系統番号と経由地が掲示されているので初めてでも安心。ただし運賃払うときにお釣りはもらえないので小銭を用意しておかないと損します。
 なお香港の八達通(オクトパスカード)のようにマカオにもバスなどで使えるICカード「澳門通(Macau pass)」があります。たくさん乗るならこれを使うと運賃が割引になり小銭要らずですが、今回マカオには夜まで半日滞在するだけなのでデポジットとか払い戻しを考えるとメリットがありません。なので事前に小銭を大量に用意しカードは使いませんでした。(なお香港ドルが普通に通用しているマカオだけにバスでも香港ドルが使えます。)
 さてターミナルで澳巴の12系統を待ったら日野のバスがやって来て突然日本に戻ったような気分になります。これに乗って中心街へ。


 左側通行ということもあってマニア席に腰掛けるといよいよ日本で乗りバスしているみたい。金ピカビルはマカオっぽいかな。


 降りた停留所は水坑尾街(ショイハンメイガイ)。この水坑尾街の通り沿いにある食堂でまずは腹ごしらえをします。


 行った先はガイドブックに載っていた皇冠小館という食堂。海老の汁なし卵あえ麺「蝦子撈麺」に海老雲呑、カニのお粥なんかが有名なのだそう。この手のエビ系大好きなので幸せにがっつきました。

というところで以下「乗りバスの準備」を付け加えて次回はタイパ島に向かいます。

※乗りバスの準備
 香港やマカオの書店でよく見る「通用図書」社の折りたたみ地図「澳門旅遊図」にはバス路線とバス停が結構詳しく描かれています。新福利澳巴の公式サイトに系統ごとの運転時間・間隔があるので事前にチェックして澳門旅遊図と併用すれば初めてでもあまり迷うこともなくバスに乗れると思います。
 また見た限り停留所の案内もかなり整備されていて大きい停留所であれば路線図も掲示されていますし、そうでなくとも少なくとも来る系統の番号や行先の表示はあるのでそう困ることはなさそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加