乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

韓国産エイのホンオフェ

2014-10-08 | 全羅南道・光州(韓国)
 発酵させたエイの刺身「ホンオフェ」はアンモニア臭が強いクセのある料理ですが、そういうものに限って時々無性に食べたくなったりするものです。先月韓国に行ったらまさにそれでなんだか妙に食べたくなってしまいエイ料理で有名な全羅南道羅州市栄山浦に寄りました。古びた町並が残り台湾だったら「老街」と言われそうな感じがするところです。

 栄山浦は栄山江という川に面しかつて水運の時代に栄えたところで、水運が廃れた今は観光船が運行されています。

 公衆便所も船の形。

 この観光船乗り場付近にエイ料理店が集まっています。

 以前来たときに寄った「ホンオ一番地」という店(上の画像の右側)が一番目立っていましたが、せっかくだから今度は違う店にしよう…といって特にあてもないので目についた適当な店に入ってみました。「クミルチャムホンオ」という店。

 せっかく、と言えば今回はチリ産でなくて韓国産にしようと思い立ちます。前回栄山浦に来た時食べたのはチリ産のエイで、その後栄山浦以外でホンオフェを食べるときもいつもチリ産でしたから。韓国産エイは高いのでなかなか踏み切れません。メニューを見ると三合(エイの刺身・茹で豚・キムチのセットを海苔で巻いて一緒に食べる方法)の「小」がチリ産30000ウォンに対し韓国産50000ウォンとやっぱりかなりの違い。この値段だし小でも多いはず、と考え韓国産の方で少なめにできないか聞くと「じゃ小を半分の量にして半額の25000ウォンでどう?」と提案されたのでそうしました。韓国でこの手の「小」は1人前ではなく少人数用と言えばいいのかあくまで複数向けという感じですから1人のときこういう対応をしてもらえると大変助かります。
 まずはおかずとキムチに「エ(エイの肝臓)」の(サイコロ形)刺身から。このエに塩つけて食べるととろけるウマさ。三合用のキムチはよく熟成させることが大事なのだそうでこれは3年ものとのことでした。

 次に出てきたのがエイのジョン(卵焼き)。温められて出たアンモニア臭が卵の衣に閉じ込められていて、噛むとそれが口の中にムワーっと広がり刺身とは違ったウマさです。そして真打の三合はやはり「小」の半分でも1人で食べるには十分な量でした。食べてみるとチリ産より柔らかくなんとなく味が濃いような気も。と言ってもチリ産が安い分劣るというわけではなくそれぞれの美味しさがあると思います。ただ値段を考えると早く飲み込むのがもったいなくて柔らかめでも噛む回数が増えてしまいましたが。(エイ・豚・キムチ・海苔を一緒に口に入れると口いっぱいになるのでよく噛まざるを得ないという理由もあります。)そしてエイにはやっぱりマッコルリ飲まなきゃと「ホンタク」に突入。(ホンタクはホンオとマッコルリの組み合わせのこと。タクは濁酒=タクチュ。

 というわけでまずは大満足でしたが、気軽に食べようとするにはちょっとキツいお値段なので今後はまたチリ産ばかりにお世話になりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

路線バスで順天観光

2014-01-29 | 全羅南道・光州(韓国)
 昨年秋の話と少々古くなりますが、韓国南部、全羅南道の順天市に行く機会がありました。滞在中何箇所か路線バスで観光名所に行ったので以下訪問地とバスの話をまとめておきます。
★77番バスとドラマ撮影場
 順天の市内バスで最も存在感があるのが77番です。中心街やバスターミナル(順天は高速バスと市外バスが同じターミナル)、順天駅、「ドラマ撮影場」を通り6~10分毎と頻発しているため使いやすく、とりあえず覚えておいて損はない系統だと思います。

 この77番に乗ってドラマ撮影場に行きました。文字通りドラマ撮影のために昔(と言っても朝鮮戦争より後のいくつかの時代)の街並を再現したセットです。所要時間(以下所要時間は全て訪問時の実測)は順天駅から「旺之現代・ドラマ撮影場」(「ドラマ撮影場・現代アパート」という表記も)停留所まで77番バスで12分、バスを降りてドラマ撮影場まで歩いて10分程度でしたから順天の街中から気軽に行けます。

 ホンモノの建物ではなくあくまでセットのハリボテが野外に置かれているというもので、それなりに傷んでいる部分もあったものの予想以上に「らしい」雰囲気があって感心しました。

 丘の上に広がる街並も作られたかなり大がかりなセットですが、場内で飲食できる施設は入口近くにあるお菓子や飲み物の売店が一軒のみと食事ができないのでこの点は注意が必要です。

★順天湾
 順天の南面にある順天湾は大きな干潟です。この干潟は夕暮れ時の美しさで名高く何箇所か見物に向く場所があるようですが、そのうち臥温というところにある展望台に行ってみました。
 臥温にはバスターミナルや順天駅から97・98番の市内バスで行くことができます。展望台最寄の停留所「臥温」(下の画像)までの所要時間は順天駅から約25分かかりました。

 この停留所のすぐそば、上の画像の右側(=西側=海側)に展望台を備えた公園が広がっています。

 なお臥温バス停付近は食堂が1軒あるくらいのさびしいところでしたから、明るい時間から順天湾を観光する余裕があるのであれば施設が整っている「順天湾自然生態公園」(市中心部や駅からの市内バスは67番)に行った方がよさそうです。(当方順天湾自然生態公園は未訪)
★仙巌寺と順天伝統野生茶体験館
 順天近郊には松広寺と仙巌寺という2つの高名な山寺があり、そのうち仙巌寺の方に行ってみました。所要時間は市内バス1番で順天駅から1時間弱、途中狭隘路もあったり乗りでがある系統です。(16番の一部も仙巌寺を経由するものの便数は僅少)

 仙巌寺停留所から韓国の山寺にありがちな山菜が目立つ食堂街を通って渓流沿いの道を登っていくと石橋「昇仙橋」(国宝)があります。ここを渡って境内を見物しました。

 お寺を前座扱いしては罰が当たりそうですが、実は目当てはお寺ではなく併設されている「順天伝統野生茶体験館」の方です。

 空気も水もきれいな中にある韓屋で地元産の茶を飲むことができます。素晴らしく美味しいお茶を含みながらゆったりとくつろいでいると浮世を忘れそう。

★楽安邑城民俗村から大韓茶園へ
 順天市の中心から藁葺き屋根の民家が美しい楽安邑城民俗村までは市内バス63・68番で40分程度です。ここは順天で外せない観光地と思います。

 さてこの民俗村から一番近い町は市・郡境を越えた先にある宝城郡筏橋です。筏橋バスターミナルまでは宝城郡の農漁村バスで15分、そこで市外バスに乗り換え35分揺られて宝城バスターミナルに移動します。(順天・筏橋・宝城の各バスターミナル間は市外バスが頻発)

 宝城バスターミナルで農漁村バスに乗り10分ほどで着いたのが大韓茶園。要はただの茶畑なのですが、遊歩道がきれいに整備され緑茶入りの軽食やスイーツの売店もあり海の見える展望台もあって気持ちの良い時間がすごせました。

 茶畑につきものの農業用モノレールもなかなか立派。ただ耕作をやめた場所があるので廃線然としたところも。

 という具合に最後は順天を出て宝城まで話が延びましたが路線バスで行った観光名所を並べてみました。この辺りは茶を作っているだけあり朝鮮半島では比較的寒さが控えめの地方なので冬韓国に行きたくなったとき思い浮かべるのも悪くないと思います。
★関連リンク
■順天の観光案内サイト「観光順天」交通情報あり
■宝城郡の観光案内サイト「宝城郡文化観光」交通情報あり
「近距離館」順天での乗り話はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光州バスターミナルと錦湖高速

2011-09-26 | 全羅南道・光州(韓国)
 今回は韓国西南部・全羅南道の中心光州広域市のバス話です。
 光州の玄関口にあたる高速・市外バスターミナルは「ユースクエア」といい、新世界百貨店やEマートが隣接しかなりの規模があります。黄色の市外バス窓口、オレンジの高速バス窓口に分かれた切符売り場も壮観。

 こちらはユースクエア前の道路脇にある市内バスの停留所。広域市の大ターミナル最寄バス停だけありかなりの系統がやって来てにぎやかです。


 さてこのユースクエアで最も目立つのが全羅道を中心に高速バス・市外バスを各地に走らせている紅白の錦湖高速バスです。アシアナ航空を持つ韓国の財閥の一つ「錦湖アシアナグループ」の母体になったのがこの錦湖高速バスを持つ錦湖産業で、ユースクエア自体も錦湖ターミナルというグループ企業が運営しています。


 さてそのユースクエア内を歩いていたら、何やらクラシックなクルマが置いてあり人目をひいています。なんだこれ?

 クルマの後ろに展示パネルが設けられ、『タクシー2台で出発した美しい未来』とあります。これは1946年にタクシー業からスタートした錦湖高速バスの歴史展示コーナーで、クルマはその最初のタクシーというわけです。
 展示パネルには
1946~67 光州の名物フォードタクシー
1968~87 高速バス事業進出
1988~95 優等高速バス登場
1996~  世界に向かって進出開始 中国進出
と時系列で昔の写真が貼ってあり、バス好きにはたまりません。


 世界に進出する錦湖高速バスの図。写真は中国の深圳~杭州線開通式で感激している故朴定求会長。高速バスが海外進出するというのはいいなあ。日本もどこかやらないかな。
 錦湖アシアナグループは近年経営が傾いてしまい再建中ですが、その基となったバス事業はなかなか力強いものがあるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルビの法聖浦(全羅南道)

2011-09-25 | 全羅南道・光州(韓国)
 今回はクルビ(イシモチの干物)で有名な韓国南西部、全羅南道霊光郡法聖浦の話です。
 日本でイシモチと言ってもあまりパッとしない感じですが韓国では高級魚とされます。中でも法聖浦で作られる干物は「霊光クルビ」「法聖浦クルビ」としてブランド力があり高価です。ならちょっと町を見物しようと「乗りバス」の途中に寄ってみました。(バスの話はこちら)

 まずは法聖浦の町の東端にある法聖浦市外バスターミナルの様子から。建物には「ここが霊光クルビの原産地法聖浦ターミナルです」と大書きされ、中に入ると切符の窓口がなく自動券売機化されています。
 このターミナルで最も多く発着する市外バスは弘農バスターミナル始発の霊光バスターミナル経由光州バスターミナル(ユースクエア)行きで、6:20~21:45の間毎時2~3本くらいの頻度で運行されています。ソウルや釜山に直通する便はないので、ソウルからなら霊光バスターミナルで乗り換え、釜山からなら光州バスターミナルで乗り換えということになります。
 また霊光バスターミナルからここ法聖浦ターミナルを経由して周辺各地に向かう郡内バス(農漁村バス=ローカルな路線バス)も多数あります。(下に時刻表の画像を貼っておきます。)
 そのほか全州市外バスターミナル行きの市外バスが1日4便と少ないながらあるので例えば「全州のビビンパとクルビをハシゴしたい」というようなときには一応直通バスで行き来できることになります。


 バスの話はこのくらいにして話を進めます。ターミナルを出た表通りにはなんだかいい風情のおうち。通りは「クルビ路」という何ともはっきりした名前。

 クルビ路というだけあってバスターミナル近くからクルビを売る店とクルビを出す食堂が延々と並んでいます。とりあえず食事しようと思ったら「007食堂」という不思議な名前の看板が目についたので入ってみます。
 豪華な内容だという「クルビ定食」はテーブル単位60000wからのメニューなので一人では頼めませんが、一人前ならクルビ白飯10000wがあるというのでそれにしてみました。(韓国語の「定食」と「白飯(ペッパン)」はどちらも日本語の定食の意味ですが、「定食」は「韓定食」に代表されるようないい食事、白飯は普段食べるような定食というニュアンスの違いがあります。)
 出てきたのは標準的な「白飯」にクルビの焼いたのとイシモチのメウンタンがついたものという感じ。食べ終えた頃「小さいクルビで悪いねえ。これも食べなよ。」とまかないのカルグクス(うどん)が出てきたので満腹の上に満腹になります。


 食べすぎで苦しいお腹を抱えて食後クルビ路を進むとずっとクルビ屋が続きます。それだけ需要があるんだろうなあ。

 韓国でもよくロータリークラブやライオンズクラブが建てたヘンなオブジェを見かけますが、法聖浦のロータリークラブのオブジェはクルビでした。クルビ路の前の干潟は埋め立てられているので眺めはいまひとつ。


 ならばと斜面に町がへばりつくクルビ路の裏手に上がってみたところのんびりした風景が広がり悪くない感じです。縁側で涼んでるおばあさんが2人。「暑いですねえ」「暑いねえ。」「海はあまり見えませんね。」「埋め立てちゃったからね。気をつけてお行き。」


 韓国らしい屋根がカボチャに乗っ取られたおうち。イヌが日陰で涼しそうに寝てます。


 古い家が少なからず見えますが、朽ちたり建て替えられているところも多く過渡期という感じでした。

 建て替え現場にはマッコルリの瓶。休憩のときにでも飲んだのかな。こう暑いと(7月でした。)飲まなきゃ仕事する気なんかわいて来ないだろうなあとは思うものの、飲んだらよけい暑くなるんじゃないかと思ったりも。

 そんなわけで斜面の町並みをぶらぶらした後バスで法聖浦を後にしました。
 ところでこの法聖浦は霊光原発(画像等はこちらにあります。)からたった5~6kmの距離です。フクシマの浜通りで起こったことはこういうのどかな田舎町からある日突然人が消え、目の前のクルビの海が汚されるようなことだったのかとふと思い出してしまい、暑いのにゾッとしました。
(2011年7月訪問)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の原発(4)霊光原発

2011-08-27 | 全羅南道・光州(韓国)
 今回は韓国全羅南道霊光郡にある霊光原子力発電所(公式サイト)を見物したときの話です。韓国にある全4ヶ所の原発のうちこれまで見てきた3ヶ所(古里月城蔚珍)は東海岸でこの霊光原発のみ西海岸にあります。位置は全羅南道沿岸最北の郡「霊光郡」でちょっと北に行くとすぐ全羅北道です。稼動を始めたのは1986年で現在6基の原子炉が並んでいます。
 まずは行き方から。霊光郡各地の玄関になる「霊光バスターミナル」まではソウル江南ターミナルから3時間40分、光州の高速・市外バスターミナル(ユースクエア)からだと1時間で着きます。霊光バスターミナルで法聖浦・弘農経由山城里行き農漁村バスに乗ると約30分で着く終点が原発の正門前です。(なお私はローカルバス乗り継ぎをするため別の方法で行きました。)原発正門の脇には原発職員や用事がある人を当て込んでいるのか食堂があり「朝ごはん」なんて看板が出ていて、硬い雰囲気の原発と面白い対比が見られました。

 正門に向かって左の坂を上ると原発に付属する展示館(広報館)があります。展示館の正面にはずらりと並ぶ原子炉、そして伸びる送電線。絶景といえば絶景かな。

 では中に入ってみます。1階にある展示館の入口をくぐるとまずは地元の名産品PRコーナー。中でも一番目立っているのが霊光郡を代表する名物クルビ(イシモチの干物)です。
 日本でイシモチと言ってもあまりパッとしない感じですが、韓国では高級魚です。その中でも霊光郡内の法聖浦という町で作られるものが「霊光クルビ」としてブランド力があり高価です。原発に干物というと原発銀座でグジ(アマダイ)やカレイの干物が有名な若狭湾にちょっと似てるかも。
 コーナーの端には霊光郡のみならず北隣にある全羅北道高敞郡の観光案内図が一緒に出ています。高敞郡には世界遺産に指定されている支石墓群があるのでそれと霊光クルビをハシゴする観光客は結構多いのではないかと思いますが、原発もハシゴする人はいったいどのくらいいるのでしょうか。

 続いて肝心の電力系展示が始まります。最初はエネルギーの歴史と水力発電から。キッチュな像の後に歴史の図と水力発電所の模型などが続き、あっさり目に終わります。

 水力の次は火力。韓国の原発は韓国電力の子会社が「韓国水力原子力」とエレベーター風の入口の先に炭鉱の坑内様子が再現されていたのはちょっと凝ってる感じ。その後石炭や石油の埋まっている地層の様子や火力発電所の模型が続いてここも水力同様あっさり目。(原発に付属する展示館ですしね。)

 で真打登場。原子力発電の展示と「未来」の展示が2階で一緒になっています。そういえば原子力発電が始まってもう何十年と経ちとっくに過去あるいは現在のものなのですが、なぜか原発というとたいてい「未来」が強調されがちです。いつまでも未来と言い続けなきゃならないということはつまり今になってもまだ確立したものでないってことなんだろうけど。

 「私たちの国の原発技術力」が誇り高く語られ、国産原子炉「APR-1400」や「OPR-1000」の写真が展示されています。そういえば韓国の原発は輸出産業になっているのでした。そういう方面のPRもしているわけですね。

 こちらは原子炉の型の比較。黒鉛減速沸騰軽水炉(RBMK・チェルノブイリのはこれ)、沸騰水型軽水炉(BWR・福島第一他日本に多い型)、加圧水型軽水炉(PWR・韓国にも日本にも多くスリーマイル事故のもこれ)、加圧重水炉(PHWR・日本にはなく韓国では蔚珍にだけ存在)と並んでいます。
 この展示は(2)(3)の急ごしらえっぽい比較展示とは違い、福島第一原発の事故より前からあったようでおそらく「チェルノブイリなんかと韓国の原発は違うんだ」という主張が込められていたんだと思いますが、今年になってさらに「フクシマなんかと韓国の原発は違うんだ」という主張にも使えるようになったわけで作った人には先見の明があった、のかなあ…。

 原子力発電の優位性を主張するコーナー。太陽光・重油・天然ガス・石炭と比べ「原子力が一番経済的です」だそう。それにしても原発の原価計算ってどこまで入れてるものなのでしょうか。日本だったら種々の立地用交付金や寄付金の類や広告費、割引計算しない高レベル廃棄物処理費用(決まってないのに計算できるかという突っ込みはさて置くとして)、や解体費用、そしてフクシマのあらゆる被害額、さらに原発事故に対する「上限なしの」保険があると仮定した時の保険料を入れて計算した原価がどのくらいなるものか見てみたいところです。大事故がまだなく軍事政権時代に立地を決められた韓国はだいぶマシになりそうな気がしますが、それにしてもそう安く済むもんなのかな。

 中・低レベル廃棄物処理場建設計画の展示がありました。慶州の月城原発の近所に建設中で2009年12月には出来てると書いてありますが実際は遅れていて訪問時はまだ工事中です。原発の展示館なんだからこういうところはちゃんと訂正しておいて欲しいところ。そういえば高レベル廃棄物はどうするの?と当然思うわけですが、そこはあまり突っ込んではいけない大人のお約束なのかも。

 でもって五重の壁に守られているから表に放射線や放射性物質は絶対出しません。しっかり測ってちゃんと管理してます。自然には放射線がいっぱいある上レントゲンとかもあって被曝してるんだから原発なんか気にすんな。というこれは毎度のお約束系展示。

 あと原子炉まわりの3分の1スケール模型。こういうのもお約束ですね。

 原発の温排水はキレイでちょっとぐらい暖まったって問題ないって主張。この周辺の海は水深が浅く温排水の影響が広がりやすいため漁業や海苔養殖に対し補償金が出たりもめているそうなので避けて通れないのでしょう。

 原発のオマケのようについてくる太陽光と風力の展示も少しばかりあります。で省エネしようねと続くお約束。公共交通に乗ろうと書いてある辺りには特に異存はありませんハイ。

 最後に温暖化対策のコーナーで「クリーン開発メカニズム」の説明を見てみましょう。先進国が途上国に資金と技術を援助してCO2を削減できたら一定の割合が先進国の削減量とみなされるという仕組みです。で挿絵は白い顔が先進国民、黒い顔が途上国民とのこと。うーん。

 という具合に一通り見物を終えて原発正門からバスに乗ると、車窓に大変激しい原発反対の主張が見えました。

 「熱伝達緩衝板離脱事故」「核燃料棒が破損」「放射能漏出」「霊光原発は148回の衝撃的な故障だらけ」「恐怖感で鳥肌が立つ」「核発電所は閉鎖しろ」「大統領様!信頼なき韓国水力原子力経営陣、ウソに没頭する地域協力民願チームを即刻辞めさせて」(訳は自信なし)に混ざって「あっ!フクシマが!」という文字も見えます。そういえば霊光原発周辺は反対運動や補償要求運動が他の原発より激しいと聞きました。軍事政権時代の計画だったりソウルから遠い過疎地という点では蔚珍原発と似ているような気がしますが、かつて「光州事件」があり今も全然保守党に票が入らないという全羅南道の地域性も関係しているのでしょうか。そういえば韓国では民主化以後の新たな原発立地がまだありません。軍事政権時代の原発立地に原子炉をどんどん増やすという方法をとっています。フクシマの事故後韓国で行われた世論調査でも原発は必要という意見が強いそうですが、半面地元に作られるのはイヤという意見も強いそうですから今後そういう傾向が続くのでしょう。またクルビのイシモチや海苔の養殖など近所の浅い海を利用している住民からすると事故のみならず日常的な温排水の影響を考慮せねばなりませんから危機意識がより高いのかもしれません。ともあれ韓国全4ヶ所の原発を見物した最後にこういうものを見てしまうとさすがに物見遊山気分が吹っ飛びました。
 これで韓国での原発(+PR館)見物の話は終わりですが、全体的に印象に残ったのは「チェルノブイリ・東側」に続き「日本・フクシマ」とは違う、と頑張る姿勢です。日本でも「チェルノブイリとは違う」とよく言われてたのを思い出すところですが、やらかしてみないうちは「こっちはあんなドジじゃない」となって当然なのかもしれません。まあ他山の石はおろかやっちゃった当の日本ですら「おかたづけ」から程遠いうちからやる気満々だったりするほどですし。
 またこの韓国での原発見物は私にとって日本や台湾に続くものだったわけですが、日・台・韓それぞれで絶対安全を説き未来の希望を見せ「他宗派」との差を強調するピカピカのPR館を見て、なんだか新興宗教の施設を巡礼して来たような気分になりました。温排水飲んでそうな魚(慶州の刺身に霊光クルビ)も食べましたからさらに聖餐のパンとワインでも食らったようなもんです。そういえば日・台・韓以外の原発にもこういうPR施設ってあるのでしょうか?たくさん見てもうお腹いっぱいというのも正直な気持ちですが、一方でそんな興味もちょっと湧いた「巡礼」でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加