乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

東武快速・富士重工見納め乗り納め

2017-03-18 | 群馬県
 東武が4月のダイヤ改正で快速・区間快速をなくしてしまうと知ってがっかりしつつとりあえずお名残乗車をしておこうと浅草に出かけました。曲線のきついホームに入って来るお馴染みの6050系を見ると間もなく無くなるという気がしません。大きなテーブルひとつひとつが拭かれる清掃が終わり単に扉が開くだけでなく渡り板を置かれて乗り込むと料金不要なのにずいぶんと高級な列車のようで毎度気持ちがよくなります。

 そんな乗り方のあとでカバー付きの蛍光灯に照らされたずらりと並ぶ赤いモケットのボックスシートや車内方向幕の会津の文字を見るとデッキのない両開き扉の車両なのを忘れそうです。銘板が鉄道車両から撤退して久しくなる富士重工なのを見たら4月から社名がSUBARUに変わるのを思い出しました。

 隅田川の鉄橋を渡って曲線の多い北千住までのんびりなのはさておき複々線に入ってもせっかく停車駅が少ないのにあまり飛ばさず流して走るのはいつも残念に思うのですが間もなく無くなると思うとこれも東武らしさかもとなんだかいとおしくなるのですから勝手なものです。今回はカードで乗ったのであまり「奥」まででないところで適当に降りようくらいのつもりでいて結局この列車が停まる唯一の群馬県内の駅板倉東洋大前までとしました。よき列車を見送って館林駅行きの広域公共バスに乗り換えます。

 館林の街中に着くとあまり人通りはなくタヌキが目立っていました。市のキャラクターがタヌキの「ポンちゃん」なのは分福茶釜の話のモデルのひとつ茂林寺が市内にあるからですからとりあえず順当な感じです。館林周辺に釣り掛けが走っている頃はときどき乗り歩き名物のうどんを買って帰るという流れを楽しんだものですが釣り掛け引退後は足が遠のいてしまいなんだかいろいろ新鮮に感じました。ともあれ館林駅に入って行き止まりの4番線で西小泉行きに乗ります。

 ヒゲ線の行き止まりの西小泉で降りると「ようこそ!日本のブラジルおおいずみへ!!」という大泉町の観光案内所と春闘のスローガンが並んでいました。東武小泉線の西小泉駅なのに大泉町なのは大川村と小泉町が合併したからですがヨソモノだとこんがらがってしまいます。ここに寄ったのは昼食をブラジル料理にしようという理由です。

 食べ放題のブラジル料理をたらふく食べてなんとなく道に立っている地図を見たらまだ三洋電機東京製作所の字がありました。東京都と接していない群馬県で東京製作所という大胆さはさておき三洋がなくなっていることにまだピンと来ません。

 西小泉から東小泉まで戻って竜舞経由で太田に出たら通路の端に「ぷゆまちゃん」なるモノが置かれていました。台鉄普悠瑪号カラーのりょうもう号らしいというところまではわかるのですがでは一体何なんだろうとよく見ると市内の藪塚で毎年行われる「やぶ塚かかし祭り」に出展されたものでつまりはカカシなのだそうです。だから腕がついているのですね。

 太田駅にほど近い太田市スバル町にある富士重工の群馬製作所を見に行きました。浅草で乗った6050系で富士重工の銘板を見て4月から社名がSUBARUになるのを思い出し寄る気になったわけです。太田市スバル町や門前の和菓子屋で売られているスバル最中は社名が変わってむしろ都合がいいくらいでしょうが富士重工業前という信号名はいずれ変更されるでしょうか。スバルは長く定着しているブランド名なので社名になっても違和感はないもののなんだか富士重工が鉄道やバスを作っていた時代がいよいよ遠くなる気がします。

 という具合に見納め乗り納めが重なったらちょっと寂しくなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本中央バス

2014-09-18 | 群馬県
 都内、ことにターミナル駅周辺では全国各地からやってくる高速バスをよく目にします。バス事業者の名前は地名がついたものが多く、ナンバープレートの地名も重なって「ふるさとの訛りなつかし停車場」の出前だか屋台版という感じですが、そういうのとはちょっと違った雰囲気のバスが日本中央バスです。本拠地は群馬ですがこの名前ではどこのバスだかわかりません。

 外国からバスの国際線がやって来るような国ならともかく、島国の日本で走ってるバスは国内線しかないのにわざわざ日の丸つけて日本のバスだとアピールしているのを見ると何だかヘンな気分になります。群馬というヨソからのバスが「日本から来たバス」だとすると「ここは日本ではなく東京国なのかもしれない」と思えてきたりも。ひょっとすると「日韓トンネル(あるいは日露トンネル?)ができたときに国際バスを走らせてやる」とか「いずれ日本全土のバスを手中に収めてやる」みたいな壮大な野望でもあったりするのでしょうか。あるいは「いずれ首都は群馬に移転するはず」と考え将来に備えているとか。
 という具合に見て面白がることはあっても乗ったことはなかった都内発着の日本中央バスに乗ってみることにしました。手軽に乗れそうな路線はないか公式サイトを見ると昼行便の「前橋・高崎~池袋・新宿・秋葉原線」というのが目についたので秋葉原へ。停留所があるのは秋葉原駅東口の広場です。

 運賃1550円を支払ってバスに乗り込み座席指定はないので適当な場所に腰掛けます。(最前列は優先席なので避けなければなりません。)発車すると東京ドーム付近を1周して東京ドームホテルに寄りさらに新宿へ。新宿の停留所になっているヒルトンホテルまでで秋葉原から1時間もかかりややまどろっこしいのですが普段地下鉄やJRで移動する場所をバスから見ると別の面白さが感じられました。経路はかなり違うもののふと都バス秋76系統(秋葉原~新宿車庫・2000年廃止)を思い出したりも。

 新宿を出ると練馬区役所前(練馬駅付近)に寄るので今度は宿62(新宿~練馬区役所前~大泉学園駅・1997年短縮で新江62となり昨年全線廃止)を思い出しました。練馬区役所前を出ると関越自動車道に上がって埼玉県入りし、川越・的場停留所が最後の乗車停留所で後は降車停留所になります。この辺りは高速バスが多数走るのを見ることができ、気がつくと遠く新潟に足をのばす越後交通のお尻を追いかけていました。「『国境』のトンネル」を抜けた先まで行くということは東京国→「日本(中央)」→越後国というわけで「あのバスは日本を越えてさらに遠くに行くんだなあ」としみじみ感心してしまったりも。

 いつの間にか日本、ではなく群馬県に入るとほどなく藤岡ジャンクションです。

 ちょっとだけ上信越道を走り藤岡インターで高速道路を下りて藤岡インター停留所に停車。このあとは一般道が結構長く続きます。

 高崎駅近くの高崎バスセンターに到着。並ぶバスの行先が食堂のお品書きのよう。

 高崎バスセンターから高崎駅はすぐなのですが律儀に別に設けられた高崎駅東口停留所にも停まります。

 高崎から前橋に向かう途中で寄るエヌパーキング日高停留所も高崎バスセンターと同様にお品書き状態。

 新前橋駅の先にあるエヌパーキング新前橋を通過。ここは「お品書き」が見えないささやかなチケット売場です。

 その次の前橋駅南口で降りました。このバスの終点はさらに20分走った前橋バスセンターです。

 最後に車体にも並ぶ「お品書き」を見てお世話になったバスとお別れ。

 ここまでの走行時間の内訳をみると、高速道路を走行する時間が55分なのに対し秋葉原から高速道路まで1時間40分・高速道路を下りてから前橋駅南口まで50分の合計3時間25分で高速道路を走る時間より一般道を走る時間の方が圧倒的に長いことになります。1550円で秋葉原駅東口から前橋バスセンターまで3時間45分乗り通せるので時間と運賃だけ考えるとだいぶおトクな気がする一方途中休憩がなく乗りっぱなしなのはややキツいかも。
 というわけで日本中央バスの高速バス初乗りを終え上毛電気鉄道に乗ろうと中央前橋駅に行ったところ駅とバスの「中央」顔合わせが見られたのでこれをオチとします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加