乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

茨城南部乗り継ぎ(3)関東鉄道バス

2010-08-08 | 茨城県
 前回のつづきです。関東鉄道竜ヶ崎線に乗って着いた佐貫駅からこんどは関東鉄道のバスを乗り継ぎます。

 まず乗るのはニュータウン長山行きで日中は20分おきに出ています。このあと関鉄バスを乗り継いでいくと1000円以上いきそうなのでここで1000円の回数券を買っておきました。150円券6枚と10円券20枚計1100円分の一綴りになっていて細かな金額でも使いやすい構成です。


 十数分でニュータウン長山に着きます。降りるとニュータウンというだけありとりたてて見物するものもない感じの新しめの住宅地の中にぽこっとだだっ広い折返場がありました。


 ニュータウン長山では牛久駅東口行きの関鉄バスに乗り換え。こちらは1日6往復程度とにわかに本数が少なくなります。佐貫からのバスとそう雰囲気は変わらずさして特徴がある路線という感じでもないのですが、女化(おなばけ)とか富士山(ふじやま)といった面白い停留所名があり目を引きました。15分ほど乗って牛久駅東口(写真左)に着いたら乗り継ぎ時間がないので大急ぎで常磐線を越えて西口に向かい筑波大学病院行き(写真右)に乗ります。


 最後部に陣取りふと方向幕が入った箱を見るとタマゴが腰掛けている絵で座席が何人掛けか注意するシールが貼ってありました。京成電車に貼ってあるのと同じデザインのようですがバスにもこういう注意シールを貼るというのは面白く感じます。やや世知辛い気もしますが…。


 さてバスは牛久の市街地を抜けつくば市を走ります。つくばは高速バスや電車で直接行ったことしかなかったので牛久から比較的長く路線バスに乗っていくのは面白そうだと思って乗ったのですが、この辺り大雑把な郊外の車窓が延々と続くばかりなので飽きてしまいました。最初は終点の筑波大学病院まで乗ろうと思っていたのですが退屈だし暗くなってきたしで途中のつくばセンターで降りることにします。
 降りると東京駅行き高速バス乗り場は目の前、しかもちょうどバスが来たところでした。(写真左)明るい時間ならここつくばセンターで次々にやってくる関鉄バスを見物するのはなかなか楽しいのですけれど、町のほうは正直そう歩き回りたい感じのするところでもないのでこの日はすぐに高速バスに乗って東京に戻ることにします。無事最前列左のマニア席を確保できました。

 東京~つくば間の高速バスは電車に主役を奪われさすがに本数も大幅に減ってしまいましたが、お得な切符をいくつも揃え頑張っています。マニア席で見ていて面白かったのは乗客の半分以上が「東京トク割回数券」を使っていたこと。この回数券は上り(東京行き)のバスにしか使えないものの3枚綴りで1900円という恐ろしい値段です。片道の普通運賃が1150円なので2枚使って残り1枚は捨ててもお得になってしまいますから。
 この切符上りのみの設定ということは上り下りで乗客数がアンバランスなのかな。東京入りの渋滞を避けて上りは電車、帰りは買い物でもして荷物もあるし疲れたからゆったりバスでつくばに帰ろう、みたいな乗客が一定数いてその分をこの回数券で埋めようという感じなのかと想像してみたのですが。

 ちなみに私は以前2人でこの切符を使ったことがあり、今回はそのとき既に元を取った残り1枚で乗りました。つまり今回の乗り継ぎはこの残った回数券を消化するためだったわけ。これをオチということにして3回続けた茨城乗り継ぎ話を終わりにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茨城南部乗り継ぎ(2)龍ヶ崎

2010-08-07 | 茨城県
 茨城南部乗り継ぎ(1)のつづきです。
 利根川を渡す飛び地渡船で着いた常磐線鉄橋下の渡し場から取手駅までは歩いて10分くらい、大したことない距離ですが真昼間の炎天下だとやや堪えます。
 画像は駅まで歩く途中で見かけた臨時停留所。取手市が運営している小堀循環バスのものです。現在小堀地区と取手本土は渡船だけでなくこのバスも運行されているので渡船を利用せず行き来することができるようになっています。


 取手駅からは大利根交通バスの北方車庫行きに乗ります。(写真左)運賃が申告式先払いなのが面白いところで以前の京王バスを思い出しました。阪東自動車のあとに大利根交通となんだか講談だか浪曲じみた字面が続きますが、この辺りは経路の違う複数の事業者のテリトリーが入り組んでいるのでなかなか変化に富んだ乗りバスができます。

 田んぼと都市化した地域が混ざる車窓を見つつ20分ほどで北方車庫に到着。(写真中)ギリギリ利根町から龍ヶ崎市に入ったボーダーの敷地で、ここから龍ヶ崎市という看板はどういうわけか市・町境からややズレたところにありました。(写真右)狭い道の脇にバスが並び敷地内にちょこんと停留所が置かれたなかなかかわいらしい雰囲気の車庫です。

 この車庫がある北方地区から関鉄の竜ヶ崎駅まで龍ヶ崎市のコミュニティバスがあるので今度はそれに乗り継ぎます。ただしそのコミバスの停留所は北方車庫の隣の停留所「北方」からなので停留所一つ分歩かなければなりません。
 なお大利根交通バスは取手発北方車庫止まりのバスと同じ経路でさらに先に行く北方経由立崎行きというバスを走らせているので(本数は少なめ)これに乗ると私のように一停留所分歩かなくて済みます。
(写真左)大利根交通とコミバス両方の停留所が立つのどかな北方停留所
(写真右)北方付近を走る立崎行きバス。なかなか狭い道でいい雰囲気。


 北方から龍ヶ崎市のコミュニティバスに乗って関東鉄道竜ヶ崎駅へ。このバスはなかなか細い道を通っていく点は面白いのですが、車両が小さいのであまり狭隘区間という感じがしないのはちょっと残念。途中経由する総合福祉センターからおばあさんがまとまって乗ってくると心地よい方言のおしゃべりが聞こえるようになりたいして東京から遠くないのに遠くに来た気がしてきます。にぎやかな雰囲気で竜ヶ崎駅に着きました。


 関鉄竜ヶ崎線は気動車ながら電車みたいな新しい車両が入っていますが、ローカル私鉄枝線の終点らしいのんびりした雰囲気はなかなかいいものです。せっかくなのでここから佐貫までちょっとだけ乗り鉄。


 間1駅挟んで全線で3駅しかありませんから乗っている時間はものの数分で佐貫に到着。ただちょっとの時間とは言え渡船バス鉄道というように乗り物が混ざると乗り継ぎは俄然面白くなるものです。

 佐貫からはまたバスを乗り継ぎます。(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茨城南部乗り継ぎ(1)飛び地の渡船

2010-08-06 | 茨城県
 東京から常磐線に乗って利根川を渡ったところにある取手は、千葉と茨城の境/複々線と複線/直流と交流、というように色々な点でボーダーなのでなかなか存在感があります。

 さてこの取手を通るたびに気になっていたのが小堀地区に向かう渡船(小堀渡船・小堀の渡し)の存在です。茨城県取手市の小堀地区はもともとは取手市(あるいは茨城県)「本土」とくっついていて千葉県とは利根川(旧流路は現在の古利根沼)を挟んで離れていたのですが、利根川の流路変更に伴いできた新たな利根川流路によって「本土」と切り離され千葉県側になってしまいました。
 この小堀地区には利根川を渡る橋がないため茨城県取手市の「本土」に行くには一旦千葉県を通ってからでないと行くことができません。つまり飛び地になったというわけです。そんな経緯から小堀地区と本土を結ぶ渡船が運行されています。

 飛び地といい渡船といい興味を引くものの私の住まいは東京なので近いのでいつか行けばいいとつい伸び伸びにしていました。このたびようやく重い腰をあげてその渡船、またせっかく行くんだからと付近のバス・鉄道を乗り継いだのでそのときの画像を以下貼り付けます。
 スタートは千葉県側の常磐線天王台駅北口。ここからまず川村学園経由大和団地行きの阪東自動車バスに乗ります。ところでこの辺り以前ニュー東豊という変わった名前の会社の路線バスも出ていたような気が、と思ったら今は撤退しているのだそうでびっくり。やっぱり何でも乗ろうと思ったらすぐ行動しなければいけませんね。何度も懲りてるはずですがなかなか…。


 途中の川村学園止まりは結構多く出ているのですが大和団地行きは毎時1本あればいい程度。乗ってみると川村学園を過ぎると田んぼが広がるのどかな景色になり納得でした。10分ちょいで着いた大和団地停留所の折返所です。ここが千葉県側の古利根沼に一番近いバス停のはず。


 まず古利根沼に向かいます。手を抜いて地図を用意しないまま出かけてしまったので大和団地で降りる前に運転士さんに教えてもらい大体の見当で古利根沼を目指し歩き出します。ほどなくすぐに目に入ったのが自然観察の森。森というか雑木林がそのまま残されているなかなかセンスのいい公園でここから沼を見下ろすことができます。

 ただし目指す小堀地区は沼の対岸にあり、沼を渡る橋はないので元は川の細長い沼を西からぐるりと回りこまなければなりません。


 すんなり沼沿いにのびる道というのはなかったので田んぼや畑の中を歩いていきます。暑い夏の日差しにうんざりしつつもどうやら沼の西端、つまり利根川だった頃の上流に来ました。画像は千葉と茨城の県境付近。左の画像だと沼の水上を、右の画像は土手の辺りを県境が通っているはずです。ということはいよいよ飛び地地域の小堀地区に突入。(書き忘れていましたが読みは「おおほり」です。大堀みたいでまぎらわしい感じなのが面白いところ。「おおぼり」と言っていた通りがかりのおばちゃんもいましたけれども。)


 さて飛び地の小堀地区に入って最初に目に付いたのが成田航空専門学校。入口のところにプロペラとタイヤが展示されてるのはさすがです。


 時間もない上暑いので集落の中はちょっと見ただけですがとりあえずごく地味な集落で静かでした。水神社、常円寺、小堀集会所が集まっている辺りが集落の中心のようです。


 (現)利根川の土手近くにニュー東豊の車庫があったので見物しつつ土手を越えて渡し場へ。お目当ての渡船が出発を待っています。渡し賃は100円ですが小堀地区在住の方はタダで乗れるというのが飛び地の渡船らしく面白いところです。

 間もなく私と自転車を持ち込んでいるお客さんの計2名で動き出します。定員12人の小さな渡船ながら自転車と原付を持ち込めるそうでこういうところは渡船のいい点ですね。

 なお渡船の渡し場は3箇所あり、経路は
「千葉県側」は小堀地区の『小堀』渡し場

「茨城県側」はその対岸あたりにある『サッカー場』渡し場

上流の常磐線鉄橋下にある『ふれあい桟橋』渡し場

『小堀』に戻る
という具合に三角形に運行されています。(時刻表等は取手市のサイトに書いてあります。)

 この画像は途中経由地の『サッカー場』で時間調整中のもの。小さな船室がかわいらしい感じです。

 炎天下ではあるもののなかなか爽快な川風を浴びながら茨城県取手市の「本土」に着きました。と言っても要は東京(私の家)から千葉通って取手に着いただけなのですがなんだか大旅行した気分になります。

(取手からの乗り継ぎは次の回にまわします。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加