乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

ローカルバス新路線と松柏長青茶

2015-12-29 | 台湾・南投県
 台湾・彰化県の田中駅で台鉄を降り今年開業した彰化客運バスの赤水・松柏坑経由南投行きに乗り換え八卦山脈上にある南松柏嶺停留所(南投県名間郷)で降りました。(乗りバスの話はこちらです。)この辺りは茶畑とパイナップル畑が広がり見どころが点在しているので見物して行こうというわけです。

 畑にはときどきトーチカの跡が混ざっています。一部は見晴らし台に改装され「七星陣地公園」という名前がついていたりしますが考えてみればトーチカとなると壊すのは大変でしょうから苦肉の策なのかもしれません。とは言えまずは物騒なものがのんきな遊び場になるくらい良い時代になったということなのでしょう。

 このあたりは松柏長青茶というブランド名を持つ茶どころで『茶二指故事館』なる茶がテーマの観光施設があるというので行ってみました。入口では指の看板が迎えてくれます。なぜ指かというとこの施設のオーナーが8歳のとき製茶の手伝いをしていて事故で指2本を失ってしまったことを記念しているからだそうです。不幸な事故を逆手に取り前面に出すとは大したものだと感心させられました。

 茶葉の種類や製茶の方法など「らしい」展示の中に偉人と茶の関係をテーマにしたコーナーがあり、蒋経国総統と毛沢東主席が並んでいて現代らしさを感じました。松柏長青茶という名をつけたのは蒋経国なのだそうです。

 このような展示や茶、茶を使ったお菓子等の販売をしている棟の裏に茶畑を利用した庭園があります。茶畑の観光施設というからちょっと韓国の全羅南道宝城郡を思い出しましたが、冷涼で茶畑が珍しい韓国と違って茶畑がありふれている台湾にこういう施設があるというのはなんとなく面白く感じました。また庭園にある食堂棟ではかつて茶畑での作業の合間に食べた弁当をイメージした弁当を名物メニューとしています。

 という具合に茶関係を見物して改めて南松柏嶺バス停まで戻ると受天宮という廟に向かう参道が伸びているのでそっちも見物しました。土産や食べ物の店が多く並んでいますが一番目立つのはやはり茶葉の店です。受天宮前まで来ると西の海側への見晴らしがききました。

 ちなみに参道の店で行列ができてよく売れていたのはこの辺りが産地だという山薬すなわち長イモを使ったかき揚げでした。私もつられて並び食べてみましたが単純なものながらなかなかウマくなるほどというところです。

 という具合に茶どころ見物を楽しんだらまた彰化客運のバスに乗り濁水に出ました。濁水は台鉄のローカル支線集集線の沿線、というとなんだか鄙びていそうですがバスで見ると南投・台中方面への路線が頻発している便利な場所です。また枝線に乗る場合幹線から乗り換えるよりも途中や末端の駅にバスや渡船で出て乗るとなぜかより楽しい気がするものでその意味でイイ駅ということになります。暗くなってきたホームでタブレット・スタフの受け渡しを見物しつつ二水行きに乗りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里(3)埔里酒廠~夜市

2014-05-02 | 台湾・南投県
 埔里(2)の続きです。今回は飲み食いの方面の話を。
★埔里酒廠周辺
 埔里には紹興酒の生産で名を馳せる埔里酒廠という工場があります。展示・即売・飲食と観光客向けの施設が充実し大きな駐車場もあって堂々たるもの。埔里酒廠のすぐ前には前述の全航客運をはじめ多くの路線が発着する埔里酒廠バス停があります。

 埔里の名物の代表というと埔里酒廠産紹興酒とビーフン。なので埔里酒廠の周囲では観光客をあてこんでか紹興香腸(紹興酒入りソーセージ)など紹興酒を使った料理や埔里米粉の看板が見えます。

 その中に「紹興鵝肉」という看板がありました。ちょうど夕食どきに差し掛かったので紹興酒味のガチョウとは面白そうと入ってみると残念ながら紹興鵝肉は品切れ。そこで看板メニューという金瓜炒米粉(カボチャ焼きビーフン)にしました。ビーフンは保存がきくのでご当地でなくてもよさそうですがそれでも埔里で食べるとなんとなく納得というか満足するものです。

 続けてバスの車窓から見えて気になっていた「味中口」という中華まんのお店へ。場所は埔里酒廠前の中山路を南東に進み、南昌街の郵便局とロータリーの間です。数ある中から「特製紹興鮮肉包」すなわち紹興酒肉まんにしたらそれほど紹興酒の主張が強いわけではなかったもののなかなかの美味さ。

 さらに蘇媽媽湯圓という繁盛店に足を運んでみます。場所は味中口から一度埔里酒廠側に戻り中山路を南東に向かった先。肉入り団子スープあるいは甘い餡入り団子としょっぱいもの甘いもの両方が揃い、どちらも味のみならず食感も楽しいものです。

★埔里夜市
 夕食のハシゴを済ませたら埔里では夜市が開く(金・土曜)というので腹ごなしを兼ねて行ってみることにしました。場所は埔里の街の北側を東西に横切るバイパス的な信義路(省道14号線)沿いで、埔里酒廠からは西側の大城路を北上し信義路との交差点を東に進むと着きます。飲食・服飾雑貨・娯楽と夜市にありそうな店は一通り揃うかなり広い夜市でざっと回るだけでも結構時間がかかりました。ここらしい特色というと難しいのですが地方の週末らしいのんびりした雰囲気や生活臭が楽しめ好印象です。

 というわけで遅くまで楽しめた埔里の話でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里(2)バスターミナルと台湾地理中心碑

2014-05-01 | 台湾・南投県
 台湾の海無し県、南投県の埔里は著名な観光地「日月潭」に近い街です。ここからは内陸部の各地へとバス路線が広がっているので「乗りバス」目的で何度か立ち寄りました。埔里バスターミナル周辺の画像は以前一度ここに貼りましたが、先日それより広い範囲を見物したので今回は2回目の埔里の話とします。
★バスターミナル
 まず中正路と東華路の交差点にあり南投客運国光客運が同居する埔里バスターミナル(呼び名は埔里転運站・埔里東站あるいは単に「埔里站」とも。)から話を始めます。ここまでは台鉄(在来線)台中駅・高速鉄道台中駅(台鉄新烏日駅)から南投客運、台北から国光客運がそれぞれ路線をもっているので大都市から埔里入りする場合の玄関という感じです。(なお台中~埔里は全航客運台中客運もそれぞれ別経路の路線を走らせています。)

 ターミナル内は長距離路線とローカル路線の結節点らしくほどよい賑わいとゆったりした空気が混ざった雰囲気。その一角に意外なものが目につきました。

 台湾が描かれたノーモア・フクシマの反原発アピールです。これが台北のデモで使われていたのは当然として高雄の商店街やこのバスターミナルと日常の中で掲げられるのは危機意識の強さの表れでしょうか。

 なお埔里には南投客運のバスターミナルがもう一つあります。「(埔里)総站」という南投客運の本社・車庫の敷地に同居しているもので、位置は埔里を代表する観光地「埔里酒廠」の近くです。中山路から奥まったところにありややわかりにくいのですが外からの旅行者がこのターミナルを使う機会はあまりないと思われます。(この総站発着の路線は上記の転運站を経由します。)

★台湾地理中心碑
 バスターミナルの確認を終えたら「台湾地理中心碑」なる観光地へ。埔里の街中からは北東に外れたところにあります。着くと碑やオブジェが置かれた公園になっていて入口には飲み食いの屋台が並び観光バスが停まり、とそれなりに賑わっていました。

 なお肝心の中心は丘の上にあるというので登るのがめんどくさくなりパス。まさしく仁和寺にある法師状態ですが実はバスに乗るこそ本意だったりします。この公園のすぐ前に台中に行き来する全航客運バスの折返所があるのでそれが目当てというわけ。(画像左のバスが全航客運・右が南投客運・右奥が台湾地理中心)

 台湾地理中心は街の中心部から歩いていくにはやや遠いのでバス好きでなくともバスに乗ると楽ができます。南投客運の霧社方面に向かうバスもここを通りますが便数が多いのは全航客運です。全航客運の台中~埔里間を結ぶ路線は一般道のみと途中高速道路を利用する2系統(それぞれ日中15~30分毎程度)があり、どちらも埔里の市街地では崎下~埔里酒廠~南投客運バスターミナル(転運站)付近~地理中心碑という同じ経路を通ります。これを利用すると埔里を散策するときの小移動に便利です。
 というところで一旦話を区切り、飲み食いの話の埔里(3)につづきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集集線と代行バス

2011-02-25 | 台湾・南投県
 先日から台湾の話が続いていますが、台湾中部、南投県の水里というところから集集線と代行バスに乗ったときのコンテンツをこちらに公開しました。

 集集線の車両は割と新しめの気動車でしかもロングシート、また休日になると観光客が大勢やってきておそろしく混む、なんてウワサを聞いて後回しになっていたのですが、「乗りバス」の待ち時間にちょうど代行バスと列車にちょっとだけ乗れるだけの時間が空いたので衝動乗りしたというわけです。ロングシート気動車とタブレット交換の組み合わせに久留里線辺りをちょっと思い出しました。

 さてその乗り鉄&バスはサイトをご覧頂くとして、ここでは水里で食べたキョン料理の画像を「乗り」のおまけとして貼ります。
 台湾の山間地で乗りバスしていると結構野性動物の肉を出す店を見かけますが、そういう店の看板によく書いてある定番の一つがキョン(山羌・シカの仲間)の肉です。水里にもキョンという字を見たので好奇心に負けキョン炒めを頼んでみました。

 山菜と炒められて出てきたキョン肉を食べてみると、歯ざわりは鹿よりやわらかで匂いにクセが少なく、また脂がなくさっぱりしたものでした。素直に美味しいので日本の食堂で出しても嫌われることは少ない気がします。

 さてそこで話が飛びますが、以前房総半島でキョンが逃げて大繁殖し問題になっていると聞いたことがあります。その話を改めて思い出し、せっかく美味しいんだし増えて困っているなら名物料理にでもできないもんかなあとちょっと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埔里(1)

2010-11-13 | 台湾・南投県
 今月の頭に台湾に行ってきたのであまり古くならないうちに画像を貼ることにします。イスタンブールで更新が止まっている中欧画像と順番がごっちゃになりますがご勘弁を。

 さて今回の台湾画像は中部の南投県にある埔里のものから始めます。埔里は鉄道が通じていない内陸の街なのでどこからかバスで入ることになりますが、今回は高速鉄道の台中駅から南投客運バスに乗りました。高鉄台中駅のバス乗り場は駅直結の便利な場所にあり特に迷うところはありません。


 埔里までのバスはほぼずっと高速道路(国道6号)。このバスは高鉄台中駅始発ではないので最前列の「バスマニア席」がとれずトンネルも多くで寝てしまいます。1時間弱寝たら埔里の街。着いた場所は各社のバスターミナルがかたまる中正路沿いで、南投客運と国光客運はなかなかいい感じの建物に同居しています。


 バスターミナルの入口で降ろされるとなにやら網を持ったおじさんがバスターミナルに入っていくのが見えます。

 網の中身は生きたハトでした。こんなもんそこらで売り歩いて買う人なんかいるのかなあと思って見ていると意外と売れてます。今晩のおかずにするのかな。
 それにしてもそのまま買って帰ったらシメて毛むしってさばくまでなかなか面倒くさそうですが、それをいとわないとするとやはり新鮮な方がうまいのでしょうか?


 ここ埔里のバスターミナルも台湾の地方バスターミナルに共通するなんとなくホッとする雰囲気があってうれしいもの。売店にはお土産用か埔里名物のビーフンが積まれています。こういうのって何となく買いたくなるものですが、何せかさばるので旅行の最終日でないと手が出せません。他にも干しシイタケだとかの乾物系のお土産が吊るさっていました。


 私は単純なのでビーフン見たら食べたくなりターミナルのすぐ近くにある市場に行ってみます。午後でひと気は少なくがらんとしていますが軽食屋はすぐにみつかりおやつにひと椀。まあ普通の軽食屋さんのビーフンですからそうすごいものでもないのですがとりあえず満足。考えてみればビーフンなんて一刻を争う新鮮さに左右される食べ物じゃありませんから何も無理にご当地で食べる必要はないのかも…。

 食後は店先でギュウギュウ絞っているオレンジジュースを買います。積まれているみずみずしいオレンジを使うだけあってとても美味しいものでした。


 おやつの時間を終えたら南投・国光客運バスターミナルの対面にある簡素な豊栄客運バス乗り場からバスに乗って埔里を離れました。ここのように街の中にバスターミナルがごちゃっと溶け込んでいる様子ってなぜか楽しいものです。この埔里のように各社別々でもほぼひとっ所に集まっていれば不便はありませんし。逆に離れていると困りますが。


 という具合にちょこっと乗り換えで寄っただけの埔里ですがなかなか楽しいひとときを過ごせました。ここは山間地に延びるバスの起点になる地点ですから「また来て山バス乗りしたい」と思わせられてしまいます。ちなみにここは街中に酒造所「埔里酒廠」があるので左党のバスマニアはつかまったら乗りバスにならないかもしれません。
※その後埔里を再訪し続編「埔里(2)バスターミナルと台湾地理中心碑」「埔里(3)埔里酒廠~夜市」を設けました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加