定年だ!!世界一周

サラリーマン36年、
いよいよ念願だった世界一周に出発2015年4月1日
2016年1月22日219日間27か国達成

今すぐ防衛費を一割削減して日本の有人火星衛星を

2016-10-17 21:39:04 | その他日常

1970年日本で万国博が開催されたとき、日本中の人がアメリカのアポロの

月の石を見に行っていた。そのころ中国館では提灯やセメント船が展示していた。

ところが今や有人衛星や宇宙ステーション・・・・・

日本の防衛費の一割でも削減して投入していたらニッポンも宇宙へ行けたのに。

または農業への補助金や高い医薬品の保険制度の一割向けたら、三菱のMRJの次も

開発できるのに。お金の使い方が未来志向ではないですね。

中国、有人宇宙船打ち上げ=1カ月飛行、独自ステーション計画

 【北京時事】中国は17日午前、有人宇宙船「神舟11号」を長征2号Fロケットで北西部の酒泉衛星発射センターから打ち上げ、予定の軌道に乗せることに成功した。9月に打ち上げた宇宙実験室「天宮2号」と軌道上でドッキング、飛行士2人が天宮に移り各種の実験などを実施し、独自の宇宙ステーション建設に向け準備を進める。約1カ月にわたる宇宙滞在期間は、中国としてはこれまでで最長となる。

〔写真特集〕ロケット発射 リフトオフ!

 独自ステーションは2018年ごろから建設を始め、22年ごろの運用開始を目指す。

 日米などが参加する国際ステーションが24年に運用期限を迎えた後、中国はステーションを保有する唯一の国となる可能性があり、中国は宇宙空間の開発・利用で世界をリードする「宇宙強国」への青写真を描いている。

 中国の有人宇宙船打ち上げは03年以降、6回目。宇宙開発は軍主導で進められており、今回の男性飛行士2人も空軍パイロット出身で、うち指令長は少将の階級を持つ。

 軍事技術開発と密接に結びついた宇宙開発には、国際社会の警戒感が強く、中国は各国との協力に積極的な姿勢を強調している。有人宇宙プロジェクト弁公室の幹部は16日の記者会見で、特にロシアとの協力について「実り多い成果を上げてきた」と指摘、今後の宇宙ステーションの建設・運営でも、飛行士の訓練や技術面などの協力を深めたい意向を示した。

 中国は13年、旧ソ連、米国に次ぎ月面への探査機軟着陸に成功。共産党創立100年の21年には火星に探査車を送り込む計画を進めている。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太り過ぎた自分に驚き20キロ走 | トップ | 訳あってカフェ飲み?呑み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL