コモディイイダ駅伝部ブログ

昭和48年創部!コモディイイダ陸上競技部(旧名 飯田百貨店陸上競技)これからも地に足をつけて取り組んで参ります。

シリーズ第57回東日本実業団対抗駅伝 №7

2016-10-17 12:44:37 | ご連絡

シリーズも7日間続きました!お陰様で日々の訪問数が3000を超えております。継続は力なり!ありがたい限りです。

毎年元旦に開催されます全日本実業団対抗駅伝(通称ニューイヤー駅伝)は全国の地域大会を勝ち抜いた37チームが出場致します。地域は、東日本・北陸・関西・中部・中四国・九州に別れています。

その中でも一番範囲が広くチーム数が多いのが東日本です。今年は27チームがエントリーしています。そしてニューイヤー駅伝への出場権が獲得できるのは14枠となります。

この枠が毎年どのように決まるかというと、その年のニューイヤー駅伝での各地域を代表したチームの順位によって、各地域のバランスを考えて決まります。

上位に入る割合で1チーム増え、31位以降に2チーム入ると1枠減るというようなシステムです。

ですから、東日本実業団駅伝が終わったあとは、我々も来年のためにライバルチームである東日本のチームをニューイヤー駅伝では応援致します。

(ちなみに東日本とは北海道から山梨県までの地域となります)

昨年は15枠を争い、14位~16位までの差が77.5kmでわずか9秒という結果でした。その他、チームの拠点がうつることでも争いが激化します。中四国からカネボウさんが東日本へ登録を変更してきた年や八千代工業さんが中部から東日本へ登録変更した年は、ボーダー争いは更に熾烈なものになりました。

今年、東日本以上に厳しい戦いが予想されるのは関西地区です。出場枠が3チームに対し、ニューイヤー駅伝常連と言われるチームが6つあります。

北陸もYKKさんの優位は変わりませんが、もう1チームを重川材木店さんとセキノ興産さんの激しい戦いが予想されます。

何はともあれ、コモディイイダとしては、とにかく、何がなんでも!

ニューイヤー駅伝にでたい!出たいんです!!

まとまりのない文章ですが、ご声援よろしくお願い致します。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本陸連公認 第41回高島平... | トップ | シリーズ第57回東日本実業団対抗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL