コモディイイダ駅伝部ブログ

五郎谷選手、富士登山競走山頂の部(世界選手権日本代表選考レース)に招待選手として出場致します!

東日本実業団連盟合宿5kmT.T 兼 十和田八幡平駅伝実業団選抜選考

2017-06-20 15:43:34 | レース結果
午前に続き、今度はロードでのタイムトライアルが行われました。この合宿の最終ポイント練習でもあります。
午前の反省を活かして課題をもって取組みました。

午後はロードということで午前の結果を受け、ABの2グループに別けてのスタート。
当社は金子・佐藤の2選手がAチームで走らせ頂きました。

順位はABのトータル 出走43名

16位 
金子晃裕選手 14分57秒7

25位
松枝啓太選手 15分06秒1

29位
黒田雄紀選手 15分09秒9

36位
佐藤晃章選手 15分17秒7

38位
土田純選手  15分28秒2

41位
渡邉克則選手 15分46秒7

42位
国吉諒選手  16分10秒5

43位
宮本甲斐選手 16分25秒4

宮本選手以外はタイムを伸ばしたものの、下位3位を独占してしまう結果となりました。
前回参加よりは走れたもののまだまだ力不足。

警視庁さんも8名が走り、3位・7位・13位・17位・21位・25位・27位・37位という成績でした。
こうしたキツイ中でもある程度のペースでキープできる力が、駅伝で毎回、ニューイヤー出場争いをするチームの強さだと痛感しています。

本日、全日程を終了し朝霞へ皆、帰ってきます。
1週間もの間、お休みをいただき、合宿に参加させて頂いたからには、この練習を今後に活かせるように取り組んで参ります。

最後に、合宿期間中のスピーチ賞3名の内、1名に当社の渡邊克則選手が入りました。
走り以外ではありますが、爪痕は残せました。

ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こだま日記vol.787 | トップ | 富士登山競走対策強化練習最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL