コモディイイダ駅伝部ブログ

昭和48年創部!コモディイイダ陸上競技部(旧名 飯田百貨店陸上競技)これからも地に足をつけて取り組んで参ります。

シリーズ第57回東日本実業団対抗駅伝 No2

2016-10-12 12:16:30 | ご連絡

今年の当社はルーキーの勢いが追い風になっています。 そこでNo2では、大きなポイントになるであろう1年目選手を勝手にご紹介させて頂きます!

まず1人目は、知名度抜群のこの選手!

日本海の荒波が育てた逆境の男闘呼

ゴロウタニ シュン

五 郎 谷  俊  選手

遊学館高校(石川県)~

東洋大学卒業

滝野川店加工食品部所属

2016年は1月2日の箱根駅伝5区区間3位から始まり、都道府県対抗駅伝では石川県チームのキャプテンを任されました。

入社後は、仕事が予想以上に難しく感じているようで苦戦していますが、陸上競技は順調に推移しています。

4月末にエントリーしていた武相マラソンは突然の発熱で棄権したものの続く鹿沼さつきマラソン10キロでは、大会新記録の29分44秒で優勝。

その翌週の東日本実業団選手権5000メートルでは大学時代の5000メートルベストを更新する14分27秒で2組目(4着)。4000すぎに一時は先頭に立つ走りをみせてくれました。 

 さらに、7月の世田谷競技会では独走の組トップ、富士登山競走は34年ぶりの大会新記録で優勝。

8月7日の十和田八幡平全国駅伝では5区では有力実業団選手多数を抑え区間賞を獲得。

そして、8月末の火祭りロードのハーフマラソンでは川内優輝選手の大会記録を更新しての優勝!グアムユナイテッドマラソンへの派遣資格を手にしました。

 

しかし、トラックの10000ベストは29分57秒。

本人曰く『グルグル同じところを走るのが苦手でして』らしい。

実業団駅伝は、トラックではありません。平坦なコースではありますが、向かい風が強く吹きます。風は全く気にならないという変わり者です。

コースがきつくて有名な全国高校駅伝1区では、高校2年時に29分38秒で走っています。

箱根駅伝、高校駅伝、インターハイは決勝進出と各世代で大舞台を経験しており、結果を出してきている選手です。

先輩からは五郎ちゃんと呼ばれ、仲間からは五郎さんと呼ばれています。

実業団駅伝での活躍、ご期待下さい!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こだま日記vol.667 | トップ | シリーズ第57回東日本実業団対抗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL