地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し

(株)世界紀行・スタッフのブログです。ブログ・タイトル『地球浪漫紀行』は21年前からの弊社ダイレクトメール名です。

リトアニア・ラトビア・エストニア~バルト三国の旅①

2017年06月16日 11時02分12秒 | バルト三国

こんにちは。横倉です。

すっっっっっっかりご無沙汰になってしまったブログですが(いつも見ていただいている方すみません…)、添乗報告です。

先日、バルト三国の旅をご案内させていただきました。

 

ここ数年日本人の渡航先で増えているバルト三国。

バルト三国の一つ・ラトビアは、10年前と比べると、なんと年間渡航者数が約10倍となっております。

他の2ヵ国(リトアニア・エストニア)も毎年2割近くの割合で訪問者数が増えております。

今回はフィンランド航空を利用し、ヘルシンキ経由でリトアニアの首都・ビリニュスへ向かいました。

成田-ヘルシンキの区間にも、いくつかツアー団体さんがいらっしゃったので、同行している添乗員さんと話したところ、ほとんどのツアーがバルト三国のツアーでした。個人旅行・団体旅行ともに本当に増えています(この時期が観光に適したシーズンということもありますが)。

 

バルト三国は、バルト海に面するリトアニア・ラトビア・エストニアの三国のことをいいます。

今回は、リトアニアからラトビア~エストニアと、北上していく形でご案内させていただきました。

 

まずはリトアニアのカウナスにある杉原記念館。'命のビザ'を発給した「東洋のシンドラー」杉原千畝さんが勤務された旧日本領事館を一部改装し、資料館として使われています。

 

ビリニュスには、記念碑もありました。

 

ラトビアでは、世界遺産に登録されている首都リガの歴史地区へ。

 

リガの大聖堂。ローマ、ゴシック、バロック、アールヌーボー、と、様々な建築様式が融合しています。

内部には6768本のパイプを持つパイプオルガンがあります。パイプの数は世界で4番目に多いです。

ほぼ毎日、正午からパイプオルガンコンサートが行われます。

 

聖ペテロ教会に前にあるブレーメンの音楽隊の像。

姉妹都市であるドイツのブレーメン市から贈られたものです。

ロバの鼻をさわると願いが叶うとされています。

 

小道を歩いていると不思議な看板が。

'フリーハグ'…???

抱きしめてもらえるようです。

 

夜はライトアップされた歴史地区へ。写真はハンザ同盟都市であったときの独身男性の集会所・黒頭ギルド会です。

今時期は日没が遅く、夜の10時でも暗くなりません。

夜11時前でやっとこの暗さ!皆様夜遅くまでお疲れ様でした!!

 

エストニアの報告はまた後日。

 

(世界紀行/横倉)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーロラのイメージについて | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL