地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し

(株)世界紀行・スタッフのブログです。ブログ・タイトル『地球浪漫紀行』は21年前からの弊社ダイレクトメール名です。

カンボジアの結婚式 おまけ

2007年12月21日 09時17分46秒 | カンボジア

何枚か、データでなく、プリントして持ち帰った写真を載せておきます。
上は2日目朝、婿入り行列を正面から撮った写真。




皆が持ち運ぶ「婿入り食材」の飾りつけは前の晩、深夜に女性たちがおこないます。


再び家族写真。
中央の青い服の女性(背の低い方)は、現在18歳。結婚相手を募集中。
日本人でもカンボジア人でも、相性があえばかまわないそうです。
(妻は姪っ子と呼ぶが、日本で言えば姪ではありません。カンボジア人はやたらと、
いとこ、甥っ子、姪っ子が多すぎて、どこまでがどうなのかよくわからん。)
現在、日本語は話せませんが、カンボジア人の言語能力につきましては保証します。
たくさんの例を見ています。
二十歳くらいまでに日本に来れば全く問題ありません。

小さい頃から知っていますが、母親代わりをして、父親や兄弟の面倒をみてきた働き者です。
今回の結婚式でも良く働いていました。
お薦めの方がいらっしゃいましたら、照沼までご連絡ください。
ただし過去に悪い日本人がいたので、何回かのお見合いは必要です。
日本人と結婚後、東京に来てみたら、風俗店で働かさせられそうになり、
警察に駆け込み、逃げて帰ってきた女の子もいます。
(今は、象のテラスの横でお土産を売っています。あそこで一番、日本人ぽい顔立ちの女性。
ただし、日本や日本人全般に悪い印象を持っていないのは救いです。)

また結納金が必要で、現在のシュムリアプでの外国人の相場は10000ドル。
カンボジア人同士の場合は3000ドルくらいですが。
最初はこの差は、カンボジアが婿取り制で、女の子が結婚後も両親と同居して老後の面倒をみるのに、
その女の子を外国に連れ出してしまうので、両親の老後の手当てかと思っていたのですが、
実はそうではなく、非常に重要な(しかも合理的な)目的があります。
もちろん、一部は結婚式に使われます。
(外国人との結婚式はご祝儀だけでは足が出るので。)
悪用されるといけないので、その目的はかけませんが。
(知りたい方は世界紀行宛てにメールください。)

そんなことより、一番の問題点は、(ビザや日本語、食事、習慣の違いなどでもなく)
縁戚ですが、私と親戚になってしまうという事です。


ノム・トム・ムーンのお店「カンボジア・ティータイム」の森下さんご夫妻と。
(照沼 一人)

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンボジアのおみやげ ノム・... | トップ | カンボジアの結婚式 二日目... »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (わしじゃ…)
2008-01-08 13:41:12
是非知りたいので即メールします…
Unknown (照沼)
2008-01-08 14:27:39
お待ちしております。
私個人としては納得しましたが
皆様が納得する回答かどうか??
どうでしょう?
Unknown (わしじゃ!)
2008-01-08 16:59:11
非常に納得しました!<(_ _)>
うむ、うむ。 (鯱)
2008-01-09 15:31:44
納得しました。
結納金 (照沼)
2008-01-09 16:26:36
そのような秘密の理由により
タイ人やベトナム人男性と結婚する際は
3000ドルのようです。
10000ドル・ルールはアメリカ人、ヨーロッパ人、日本人に適用されます。
ありがとうございました (飛燕紫舞)
2008-01-28 17:10:03
照沼様、トラックバックありがとうございます!

初めてカンボジアに行きましたが、
とても感動しました。

ぜひまた行ってみたいと思います。
Unknown (照沼)
2008-01-28 19:50:48
飛燕紫舞さん、コメントありがとうございます。
カンボジアの宣伝、宜しくお願いします(笑)
こんにちわ (なとチャン)
2008-02-06 13:38:17
カンボジアの記事にトラックバック チョットビックリ そして有難うございます。!
初めてのカンボジア 今もアンコールワットの余韻が残っています。
自分の知らないカンボジア!
結婚式の写真楽しく見ました。綺麗な衣装が興味アリ
(民族衣装かな) 
こんにちは (照沼)
2008-02-07 14:40:55
なとチャンさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
衣装は日本の着物や袴みやいな
いわゆる正装です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
オレたちの「深夜特急」~カンボジア編  アンコールワット?~  (「BBB」)
持つ者と持たざる者。 アジアを旅する者が直面する最大のテーマ。しかし、自ら持つ者と思っていた者はは、実は何も持っていなかったのではないか。 アジアはカオスだ。アジアは迷宮だ。旅をすれば、誰もがその迷宮に迷い込むことになる。