タキの株日記

株に関するメモ書き

象印決算発表

2016-12-27 | 
私の主力である象印が決算発表を行いました。
一言で感想を言うと、開いた口が塞がらない、そんな内容でした。
各数値を前年比で並べると、売上高-0.6%、営業益+19.1%、経常益+8.3%、純利益+15.6%と売上高が微減となったものの、それ以外は好調でした。
インバウンド関連として、市場では「終わった」銘柄の扱いですが、実際のところは「そんなの関係ねー」という感じです。
アジア、北米と海外での売り上げが伸びており、インバウンドに頼らなくても十分にやっていけるようです。
ただし、次年度予想は厳しく、売上高-0.8%、営業益-17.4%、経常益-12.9%、純利益-6.8%と減収減益を予想しています。
では次に呆れた点を書いてみます。

① 3Qの下方修正って何だったの?
前にも書きましたが、1Q・2Qで通期見通しを上方修正してなぜか株価が大きく下げましましたが、3Qで過去に上方修正した内容を逆に下方修正して株価に止めを刺しました。
未だその傷は癒えず、株価は低迷を続けています。
今回の決算を見ると、売上高を除きどの数字も下方修正前の値を上回って着地しています。(売上高は微減)
下方修正しなくてもよかったんじゃないの?

② 通期予想の「下げ下げ詐欺」疑惑
次年度予想は厳しい予想ですが、過去2年を振り返るとこんな数字が。

  平成27年度の期初予想と結果(数字は前年比)
  (予想)売上高+1.5%、営業益-33.6%、経常益-38.7%、純利益-30.9%
  (結果)売上高+16.9%、営業益+73.0%、経常益+59.3%、純利益+67.9%

  平成28年度の期初予想と結果(数字は前年比)
  (予想)売上高+2.5%、営業益-15.4%、経常益-18.5%、純利益-16.1%
  (結果)売上高-0.6%、営業益+19.1%、経常益+8.3%、純利益+15.6%

毎年、通期ではプラスの数字を叩き出しながら、次期予想は大幅減益を予想してその都度株価を暴落させている、そんな繰り返しです。
そして今回も減益予想。
今日も下げるんだろうなあ。
一言付け加えると2円増配しています。(20円→22円)
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JCU | トップ | 12月の成績 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL