「せいやんたなか」の遠くの山もあせらず歩いて登りましょ・・・

「旅・登山やウォーキング!」に仲間と共に歩いた道中で、心を打った出来事など「今の証し」を記してみたい・・・。

関西の秘湯・湯治場 「鍬渓(くわたに)温泉」 は来春、再オープンらしい・・・

2017年07月06日 22時18分00秒 | 日記
関西の秘湯と呼ばれた兵庫県小野市の 「鍬渓(くわたに)温泉」 は2018年5月に再オープンするらしい・・・

 2017年7月4日は台風3号が襲来  なので休養日、  ハンドルを握って ・・・ 何時もの小野市 「  白雲谷温泉(ゆぴか)」 へ出掛ける!
 入湯中 ・・・  ふと思い出した mbsテレビの人気番組 “ちちんぷいぷい・昔の人は偉かった!「兵庫の湯治場めぐり」”  放映中で次の歩行地
「関西の秘湯と呼ばれた鍬渓(くわたに)温泉」 は何処にあるのかな?
 ・・・ と現地を探す


《 まず 「白雲谷温泉(ゆぴか)」 に入湯 》

短冊に何を願いごと? ・・・ 7月7日は 七夕 (たなばた) ・・・ 星に願いを! ” 

《 「ゆぴか」 から近くの 「鍬渓(くわたに)神社 に参拝!」 》

神社の石段を上り ・・・ 「京・祇園社(八坂神社)」 から分霊を勧請した本殿に参拝!


6月30日が “夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)”だった! ・・・ 萱の輪 8の字クグッて心身ともに健康を祈る!

《 「鍬渓(くわたに)温泉地を発見!」 》

「鍬渓(くわたに)温泉の石碑を発見!」 ・・・  温泉施設の再建記事はコチラ   です


温泉建屋として古い入浴施設小屋が残る ・・・


“鍬渓(くわたに)神社の神託により湧出した冷鉱泉(塩鉄泉) 「塩の井」  ・・・ 後背の更地には間もなく「立派な温泉施設」が再建されるらしい・・・

※ テレビ番組の放映で初めて知った 小野市にある 「鍬渓(くわたに)温泉」 のこと、古く戦国時代(1582年)に湧出した冷鉱泉 「塩の井」 はその後に効能効果が広まり
   湯治場としても賑わっていたらしい?!が2010年6月に突然廃業 ・・・、 来春5月には完全リニューアルオープンするようだ ・・・ 待ち遠しいな!






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この梅雨時に 「三朝温泉」 ... | トップ | 早や猛暑の夏 「ひまわりの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。