GOKU LOOZE BLOG

様々な日々の出来事を。

アラフォー極<goku>の極めて自己主義的なダイアリー。

Fantastic story

2017-07-13 11:08:47 | pickup

限られた時の中で 夢中で知らぬ間に年を重ね
精一杯向こう見ずに let's walk with dreams


Dragon Ash/Walk with Dreams
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/music/pbf439843b3469bab535676cca6e82d70





さて今回は、ぼちぼちとナンパっぽい活動を書いていこうか

とは言っても失敗談

日々、失敗しかないのだけれど

まぁ今の俺の、ありのままを表現するしかないので


まず今回いつもと違った試みがあった

それは「ツイキャス」という配信サイトで生放送しながらのナンパを敢行するということ


なぜやるのかと言っても大した意味はないけど、とりあえずツイキャスを日々観ている俺には面白いかなと感じたからとしか言えない


ツイッターで俺のアカウントをフォローしている人には通知やタイムラインで知らせることはできるが、フォロワー自体数人しかいないので完全に自分用としての配信となる


録画機能があるので後から自分のナンパを振り返る事も出来る

本来ならば視聴者とコメントしながらの配信となるのだが閲覧数が1人しか来なかったので、普通に動画でも良かったのではあるが

次回からは動画で録画してYouTubeにでもアップしようかと考えている



で、まずはその日は駅から行ってみたのだがクソほど過疎っていたのですぐさま退散


次にイオンモール

こちらも、いつも通りファミリーから高齢者が大半を占めターゲット探しに歩き回る

この間も配信し続けて、一人で実況しながらぶつぶつと独り言で徘徊するという変質者っぷりを披露

どう見てもおかしいと思うだろう

喫煙所にて休憩をとろうと入ると、そこにやっとターゲット発見


スーツ姿の20代前半の子

ロングで細身の普通に可愛い新入社員


気だるそうにタバコを吸っている

ここは配信者としては映像に残そうと思い、バレないように顔から下を舐めるように撮影する

もちろん卑猥な撮影ではないのだが

この時点で盗撮の可能性があるのですぐさまカメラを隠した

で、トーク


最初は素っ気ない態度と返事

こっちは笑顔と笑い話をゴリ押ししていくうちに相手もこちら側を向いて話してくれる

笑顔も見え始め、相手から話しかけてくれるように


久々の感覚だった

今思えばこの流れはLINEゲットか連れ出しトークの流れに持っていけた


しかし、完全に感覚が鈍ってあと1歩先に入り込めず

俺から先に退出した


相手は新しい職場で慣れないペースで疲れていたはず

そこを汲み取って、和まして少しでも非現実をみせるべきだったかもしれない

俺が話に舞い上がって視野が狭くなった結果だろう


余裕がないとこうなる


その後もエロそうな物件をつけ回したり、ご飯中の物件に話しかけたりしたがダメだった


そして配信終了

この日は実況しながらという事で、あまり達成感がなく疲労感だけが色濃く残った

配信しながらのナンパは身が入らない気がして、やはりもくもくとやるのが俺は向いている


でまた別日


実はもう一つ取り組んでいたナンパがあって

それは、パチンコ店での店員さんナンパ



これもなぜそこかって言われると、アレなんだけども

ずっと前に一、二度だけ店員ナンパは成功した事がある

それ以外はことごとく失敗して撃沈している



それくらい店員ナンパは無理があり、成功しない


かなりのイケメン、金持ち等色んな要素がないと食いついてこない

しかし、今回久々にパチ屋の店員をナンパしようと決意する


理由を強いて言うなら、制服姿に萌えた


である

これは個人的なフェチの世界だが、制服とエロの密接な関係が俺の理性を破壊するに至った


つまり妄想である


変態チックな動機が俺を動かしているのだ

むしろこれしかない


で、お店は距離を置いたお店をチョイス


そこへ何回か通う

もちろん遊戯するのだが、それが目的ではない


店員をチェックして、イケそうな店員を探すのが目的

何人か可愛い店員をピックアップして軽く話しかける


それを数回程度続ける

移動も時間もお金も使う


そして顔見知りになった頃に絞りに入る


容姿は特に可愛い訳でもなく普通な感じ

でも笑顔にやられた

年齢は23

この店員に決めた




そこから立ち話や差し入れ等、少しだけ距離を縮めて

相手の反応を見る

でもここで難しいのがお店と客との立場


仕事なので色々と判断しづらい

やるべき事をやって、慎重に事を進めて、やっとの思いでアタックに入る

それでも俺の中では完全にギャンブルに近いアタック


簡単に言うと学生のときの「告白」に近い


路上のナンパの数倍はプレッシャーがあり、気を使う


それでもここまで来たらやるしかない


出勤の日を前回に聞いて、その日に標準を合わせる

いつものように挨拶して、立ち話

笑顔もいつも通り

でも今日はメガネをかけている

なんか心境の変化なのか


そして休憩時間を聞いて、少しだけ時間をもらう

差し入れの紅茶を買ってその時を待つ


そしてアタック

色々話して

本題の



「もう少し仲良くなりたいのでLINEを教えてくれないか?」


をぶっこむ


相手の反応はというと、やはり店員としての態度だった


この時に察した

…やっぱりダメだったか


仕方なく用意したメモにLINEIDを書いて渡す

ブーメラン戦法


これはまず返ってきた試しがないが、最後の悪あがきだった


すなわち、撃沈ということで



この瞬間、バカな事したなぁっていつも思う

でも時間が経つと悔しさも出てくる

とりあえずツイッターにでも上げておこうと

その時の心境を何回か投稿した


そんなこんなで店員ナンパは終了



悔しい思いも薄れてきた頃に、店員ナンパのツイッターが有名な配信者に晒されるはめに

この思いは失笑と哀れみと共に天に召されました

何やかんやで、まあまあ楽しくやってるんで今後ともよろしく

ツイッターフォローは↓
http://twitter.com/kyokugen2016


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Thin trust | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL