生きるために

2016-10-16 11:51:22 | 自死遺族
疲れた!

行政の支援もなくバックアップしてくれる


大きな組織もなく、権力者との繋がりもなく、
  
たった一人でこのような活動を。無謀であったか

そらみたことかと。

あるべき、そうでなければならない、

社会のそういう価値観が自死遺族の開催にも

縛りをかけてくる。


 私達の愛する家族は

 そんな社会の価値観に追い詰められ
  
  自死したはずだ。

その遺族が同じことをしている。

  無くならない自死


  減らない自死遺族

  
 多弁の空しさ、矛盾、論争

そんなことに 疲れた!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さてさて、どうしましょう | トップ | 事実の重さ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。