国際言語文化研究室だより―英語・中国語・韓国語でグローバリンガル!―

東京成徳大学国際言語文化学科の教員が、学科の様子や学問上の豆知識などをお伝え致します。

K.Cさんの韓国インターンシップ付半期留学体験記

2016-10-14 21:28:53 | 留学活動

ヨンセ(延世)大学にインターンシップ付留学をしたK.Cさんが無事に留学を終え、帰国しました。インターンシップを通して得た貴重な体験などを報告してくれました。(水谷清佳)

 半年間の留学が終了しました。延世大学では難しい文法もあり大変な面もありましたが、無事に合格することができ一安心でした。

 私は、語学留学に加えて南大門にあるお土産屋さんでインターンシップを行いました。お店には、韓国の方だけではなく他の国の方々も訪れました。全てのお客様に値段や商品の説明をしなくてはならないので、韓国語だけでなく英語の勉強にもなりました。また、積極的に話しかけて値引きもしないとお客様に買っていただけないので話しかける度胸が身に付いたと思います。

 韓国語を聞き取って文法を考えてから述べるのではなく、すぐに言葉を発し、まず聞いてもらうことでお客様の足を止めてじっくり見ていただけるということがわかりました。文法など考えて私があたふたしているうちにお客様は行ってしまうからです。この経験を通してもっと韓国語が話せるようになりたいという強い気持ちになりました。

 はじめは私の発音や説明、文法があっているのか怖かったのですが、インターンシップ先の方は皆優しく韓国語を教えてくださり、家族のような温かい気持ちで迎え入れてくださったお陰で、積極的に仕事に取り組むことが出来たと思います。

 新しい出会いや学んだことを忘れずにこれからも活かしていきたいと思います。言語はもちろんのこと、自分から話しかける勇気をもてました。さまざまな国の人がいる中で、それぞれ違う文化がありますが皆で合わせていくということも学びました。そして、インターンシップ体験で学んだこと、褒められたこと、教えてもらったことを忘れずにこれからも活かしていきたいです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年度国際言語文化学科イ... | トップ | 韓国茶会開催のお知らせ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む